Woomedia

スーパームーン2016年11月14日は願い事ラッシュ?月のパワーで想い人をゲット!

スーパームーンが 2016年は11月14日に見られる。
満月がいつもよりも接近する現象をスーパームーンと呼び、いつもよりも大きな月ができるのだが、このスーパームーンに願い事をすると叶うという噂が絶えない。

ところがこの噂、全く根拠もないというわけではなく、歴史や言い伝えをたぐってみても満月にはいろいろ変わったことが起こると言うことがはっきりと分かっているのだ。

だから2016年 は11月14日の一度きりしか現れないスーパームーン、特別な願い事をする千載一遇のチャンス、とマジメに言えるかもしれない。

願い事の仕方もちょっと見てみることにしたいが、一方何でそんな満月に不思議な力があるというのか?
これも気になるのではないだろうか。

【スポンサードリンク】

今回のスーパームーンを逃すと次は18年後に

なお、今回2016年11月14日のスーパームーンは、午後8時21分に近地点(地心距離 約35万6千km)を通過。
つまりこの時間に地球に再接近する。
そしてそれから約2時間半後、午後10時52分に満月になる。
fullmoon
スーパームーンは要するに、いつもよりも大きな満月、ととらえてよい。
これは月の軌道が楕円を描いているために起こるもので、楕円の端に行くなどして一番小さく見える時の月との大きさの差が14%に達し、このため明るさも30%増すことになる。

2016年にはそういうわけで11月14日の一回きりしか見れないが、前年の2015年には3度も出現。
スーパームーンのラッシュ年と、そうでない年があるのだ。

今回は一度きりだが、それでいながらとびきり大きいといわれている「ウルトラスーパームーン」と呼ばれるもので、実に68年ぶりの大きさになる。

もちろん21世紀では初めてというレアなイベントだ。

そして今回のウルトラスーパームーンを見逃すと、次に同じ規模が見れるのは18年後、2034年11月24日とされている。

だから願い事を託したい人にとっては、今回は願ってもないチャンスだということになるだろう。

果たして願い事が叶うのかどうか、そういう現実的な話はさておいて、こんなに不思議な巡り合わせに遭遇すること自体、何か今回のスーパームーンは本当に不思議な力がたっぷりなのかも知れない。
2016年11月14日はそういうわけで、願い事のラッシュになるだろう。

願い事の種類と方法は?

一番気になるスーパームーンへの願い事。
満月の時全てに言えることだが、その願い事は恋愛運と金銭運だ。
そのうちでまず誰もが気になる恋愛成就の願い方だが、これは以下のように行うとよいと言われている。

恋愛運、女子力を高めると言われているロゼワインをまず用意。
グラスに注ぎ、その前であなたの想い人との恋愛が成就した様子をできるだけはっきりイメージすること。
そしてその時の幸福に浸っている気持ちを強くもつこと。

次にその気持ちのまま、ワインの中に月が見えるように映し出し、心の底から
「恋が叶いますように」
と唱えて飲み干す。
アルコールのダメな人ならロゼワインの代わりにグレープジュースでもOK。
また、雲で月が隠れていても大丈夫だ。

【スポンサードリンク】

 

次に金銭運だが、あなたがいつも使っている財布を取り出し、その中からお金をはじめ、レシートやカードなど全てを取り出して空っぽにしておくこと。

そしてその空の財布をスーパームーンに向けて差し上げ、そのままお金がたくさん増えた状態を同じ恋愛運のときと同じくできる限り強くはっきりとイメージする。

そして幸せになった自分の気持ちを強く持ち、その喜びに浸ったきもちのまま財布をフリフリする。
財布をフリフリする時は嬉しくて自分と財布が一体になりはしゃいでいるイメージを持つとよい。

これで終わり。後は財布に再びお金などを戻しておく。
不思議だが戻すときにはお札を丁寧に入れたり、ちょっとやる前とは違った感触を味わうに違いない。
そういうときはちゃんと願い事が上手くできたと考えて良いし、金銭に対する自分の感覚も整理できたと思うべきだ。

でも、願い事をする時に忘れてならないのは感謝と実現していると強く想うこと。
すでに達成しているというイメージを強く持つことで、想い人を強く引っ張ってくる力も増すからだ。
pray
やったことのない人、興味のない人であっても、この2016年 11月を逃すと次の18年後まで特大の満月、スーパームーンを逃すことにもなる。
ぜひ試して頂きたい。

満月の不思議な力とは

満月と人体や自然現象の関係についていろいろ科学的な報告がされているが、断定的な根拠はいまだ無いままだ。
確かに大地震が発生する前後にスーパームーンが現れている、という言い方もされているのだが、学術的に証明されているわけではない。

だがそれに反するかのように、満月は決まって不思議な出来事が多く起こることが古くから伝えられている。

その中でも満月には出産が増加するということは、よく知られている事実だ。
中には満月の時には普段よりも10%出生率が増えるという研究データも報告されているし、一般の人たちの間でも経験則のようにして昔からそうだと言われている。

その反面、満月になると事故や犯罪が多発するということも昔から言われていることになっている。

実際、それは英語にも名残があって、月を表した名詞luna(ルナ)から造られたlunaticという単語が、『狂気の』という形容詞、または『精神異常者』という意味の名詞で使われていることにも現れている。
これは西洋では古くから月が人の頭をおかしくさせる、と信じられてきたためだ。

本当にそういう力があるかどうかは分からないが、少なくとも昔から満月の夜はそういう事件が多かったのは確かだろう。

2016年11月に現れる70年ぶりのスーパームーン。
そこに願い事をかけるのはラッキーなことに違いない。

だが一方で、あくまでも経験則からのこととしてだが、そういう満月の日には悪いことがあまり起きないように願うことも大切なのではないだろうか?

(増淵夕子)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top