Woomedia

職場で片思いが脈なしと思う前にすること 相手に勘違いされているかも知れない!まず誤解を解こう!

職場でともに仕事をがんばっている女性は、人情としてやはり同じ戦友となって仕事をしている同僚男性に想いをよせるものだろう。

最近では職場結婚も多いし、男女どちらかが片思いの気持ちになると、女性の方からアプローチする方も多いようだ。

けれどももちろんその恋が実らず、脈なしの結果に終わったりと失恋することも確かにある。
それはそれでしょうがないことなのだが、しかし中には相手の男性がこちら側のアプローチに対して予想外に不快感を感じたり怒ったりすることがあるのだ。

ケースとしては少ないかも知れないが、短絡的に脈無しとあきらめるのはまだ早い場合もある。

そんな時にはどうしたらよいのか?

【スポンサードリンク】

せっかくこちらの気持ちを勇気を出してわかってもらおうと、ある女性が同じ職場の片思いの相手男性に何をしたのか?

実際私の知っている女性が行った失敗だが、それを説明すると、女性の方が男性のデスクにちょいちょい彼女、つまり自分の筆記具とか名刺などを、置き忘れたフリをしておいていったそうだ。

職場で片思いの相手に、自分に注目して欲しかったのに、逆に憎まれてしまった

それを見た相手の男性、どうしたかというと、自分が彼女に軽く見られていたと感じたらしい。

つまりそうした小物を自分のデスクの上に安易に置き忘れるなど、結局自分を上から目線で軽く見ている証拠だ、というわけだ。

自分は軽視されてしまっている、その腹立ちを仲間の男性職員にぶちまけた。

ちなみに、その職場は私も務めていた子会社で、男性職員は彼女と同年齢とはいえ、中途採用でまだ勤続年数も浅かったのだが、女性の方は新卒で男性よりもかなりベテランだった。

確かに職歴や経験からすれば、女性が確かに優越感を持つのはうなずけるかも知れない。
また、男性社員のほうも不本意ながら引け目を感じていただろう。

だが、男性にとっては男としてのメンツをつぶされたという感情もあったようで、
完全に軽視されたと思い込んでしまったようである。
だからこの結果、恋心どころか彼女を憎んでしまったらしい。

その後二人は接近するどころか、男性の方が完全にドン引きしてしまい、目も会わさなかったようだ。

breakup1

私の在勤時代に二人とも退職しているし、その後どうなったのかはわからないが、お互い別々な職場で働いているとも聞いている。

男尊女卑という言葉は現在死語になっているかも知れないが、実社会や職場の中では暗黙にこの不文律があるのは事実。
だから上役とかいう場合は別にして、同僚だったら女性は男性を立てるも必要と言えるだろう。

本当に脈なしかも知れなかったが、この彼女は確かにヤリ手女子だった。
今考えれば他人の感情をつかみ切れていない、つかもうとしない、という性格があったように思う。
彼女は結局、自分で脈を「切って」しまったかも知れないし、そうだとすれば悔やみきれない痛恨だろう。

職場では片思いの相手に自分の思いを伝えようとしても、要するに身近に相手がいすぎるためにこんな誤解が起こってしまう。

これを脈なしと判断してあきらめる前に、もっとすべきコトがあるのではないだろうか。

【スポンサードリンク】

私が実際に職場でみた片思い女性、それに誤解した男性との「破局」はこういった感じだったが、ここまでこじれると正直後で誤解だったとわかったとしても、修復は難しい。
事実男性社員の方はあとで人づてに彼女が自分に気があることをいわれそうだが、

ああいう風に男を見下す女(ひと)とはやっていけない

と断言し、本当に脈なしになってしまったという。

一番よいのは、正面から告白すること!

職場では距離が近いため、逆に誤解も生じやすい。
いろいろと策略を練って相手の注意を飛行とすると、思わぬ逆効果となる事が多いと思うから、十分注意が必要だ。

特に男性は自分のポジション、立ち位置にデリケートなので、それを傷つけるのは避けるべきだろう。
少ないケースかも知れないが、もしもこんなことで自分の恋が終わったらあきらめるにあきらめきれないかも知れない。

女性にとってはちょっと勇気がいることだが、自分の思いを自分の口からはっきりいうことをおすすめしたい。

女性にとっては大変勇気がいる。もちろんそうなのだが、一方一番誤解を生まない方法でもあるはずなのだ。

そして、もしも例に出した彼女のように、意中の同僚男性にあらぬ疑いを掛けられたり、逆ギレされていたりした時も、ベストなのはやっぱり面と向かって謝ること。
自分の人間性を相手にわかってもらうためにも、ある意味告白よりも重要なことだろう。

もちろんあなたの片思いが成功するかどうか、それはわからないが、少なくとも自分の気持ちを一番ありのままに伝えることができる。

どうしても恥ずかしい、勇気がなかったら男性の誕生日やバレンタインデーなどのイベントを選んで、プレゼントと共に告白するのもよいだろう。

くり返すが、最近は女性の方からプロポーズも増えている。
そんな“見えない”仲間が後押ししていると考えて、意中の男性が同じ職場にいるのなら、ぜひチャレンジしてみてはどうだろうか。

(一ノ瀬絵水)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top