Woomedia

山﨑友里江 をNHKが画像もプロフィールも削除済み!もしかして氷山の一角か

NHK室蘭の契約アナウンサー・山﨑友里江さんが複数の男性と交際する「愛人マッチングサービス」といううたい文句のデートクラブに加入していて、すでに既婚者をも含む4人の男性と「そういう関係」になっていた。

とんでもなく衝撃的なスキャンダルだ。
この事実に慌てたNHK室蘭、何をとちったか、彼女の画像はおろか、プロフィールまで現在局サイトから抹消されて見れなくなっている。

これじゃ山﨑友里江アナは間違いなくそういうことをしていた、と局自らバラしているようなものじゃないの?
と思うのだが、NHK室蘭にとってはまさにそういう火事場のような画像・プロフィール剥がし作業だったに違いない。

だがよくよく考えてみれば、NHKはむしろ民放のキー局などよりもこういう不祥事は多いのかも知れない。
むしろ見えないところで水面下では、もっと多くのスキャンダラスな内容が蠢動しているのではあるまいか。

その理由とともに、実際彼女がなぜそんなクラブに入っていたのかを探ってみよう。

【スポンサードリンク】

清楚系美人の山﨑友里江アナはNHKよりクラブの収入の方が上?

現在そういうわけで、山﨑友里江アナウンサーの画像やプロフィールはNHKサイトでは完全に見れなくなってしまっている。

ただ、彼女が契約アナウンサーだったと言うことに端を発し、その収入面でのきつさからそういう高級クラブに登録したという動機もあるかも知れない。

実際契約アナウンサーの収入は出演契約扱いになるため不安定になりがちで、年収に換算しても300万円台になることも多いという。
しかも彼女の勤めるNHK室蘭というと、相当に出演の機会も限られていたのではないかと思われるし、その分地方と言ってももっと東京よりの場所よりも遙かに厳しいものがあったのではあるまいか。

もちろんだからと言って、そういう男女交際の場に登録したり、不特定多数の男性と付き合ったりすることを認めるわけにはいかないが。

だがそうなると、高級愛人クラブでの彼女の収入がやっぱり気にかかってくる。
変動があるので一律にいうことは難しいが、彼女の登録しているような、相当な収入のある男性のみが加入しているような愛人マッチングサービスの場合、ケースによるが月収にして40万に上る稼ぎを見せる女性もいると言うことだ。

そうなると山﨑友里江アナ、NHK室蘭からの収入よりもその高級クラブでの稼ぎの方が多い可能性も十分あるだろう。

山﨑友里江アナ、山梨の二人のキャスターに見るNHKの体質

ネットで流れている山﨑友里江アナの画像を見ると、なるほど確かにロングヘアーで笑みの愛くるしい、理知的な20代の女性だということがわかる。
lady
だがなぜそんな理知的な彼女のはずなのに、後でバレて困ったことになる高級愛人クラブに登録するようなことをしでかしてしまったのだろうか?

これを考えた時、もう一つの最近流されたNHK局員のスキャンダルとともに、あるNHKの体質が見え隠れしてくるかも知れない。

山﨑友里江アナウンサーのスキャンダルが起こるわずか数日前、NHK甲府に勤める二人の男女キャスターが夜の公道に車を止め、その中で濃厚な男女の行為を繰り広げていたことが週刊誌によって画像とともにすっぱ抜かれている。

局アナ、契約アナとの違いはあるが、ここに何となく山﨑友里江アナと共通するものがあるように思えてならないのだ。

それは何かと言えば、NHKの職員のエリート意識、優越感から来る倫理観の欠如。
NHKの職員やアナウンサーと言えば、民放の職員などよりも数段上だと世間も見るし、彼ら自身もそう思っているはず。

そういう優越感が、自分たちのちょっとした都合に合わせて不道徳な行為をいとも簡単にしてしまうような、いわば企業カプセルにどっぷり浸かっているという可能性もある。

結局山﨑アナも、そういう企業カプセルに慣れてしまって、何をしてはいけないのか、という基本的な道徳観が無くなってしまった可能性もある。

そして末端のこういう契約アナウンサーでさえこうした行為に走るならば、他の地方局を始め、宇田川のNHK局内でも大なり小なり同じようなことが起こっているのではないだろうか、そういう疑惑も浮かんでくるのだがどうだろうか?

【スポンサードリンク】

自分の前途を自分でつぶしてしまった(?)山﨑友里江アナウンサーとは

山﨑友里江アナウンサーは、現在のところ出身高校や大学は不明だが、少なくとも今回の高級愛人クラブの件を除いては地道にNHKで働いている美人アナだと言うことが出来るだろう。
heart
現在25歳になる山﨑アナは、15年にNHK室蘭に契約アナウンサーとして入社し、以外だが出身は地元の北海道ではなく、東京の三鷹市だという。

実家が三鷹にありながら、いくらNHKとはいえ最北端の室蘭支局に勤めるというのもずいぶん不自然な感じもするが、NHKの局員の場合、まず数年は地方局を回らせて修行させ、後で見所のある局員に限って中央に迎えられるというシステムになっているそうだ。

だが契約アナウンサーだった山﨑アナにとっては、局アナと異なりそういう道もほとんど閉ざされていたのではないだろうか。

その憤懣が鬱積して、もしかしたら今回の愛人クラブ登録のてんまつになって閉まったのかも知れない。

今回のことで彼女がNHKを干される可能性も大きいと思うが、何とかどこかで立ち直り、素行を直してもらいたいと願うばかりだ。

(吉野博耶)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top