Woomedia

好きな人にLINEで嫌われる!会いたくて話したくて無意識にしてしまうNGなやり方に注意!

初めは出会った時から好きな人と上手く行っていたのに、なぜかLINEをし始めたら嫌われるようになっていった、という経験はないだろうか。

初めは私と会うのを楽しみそうにしていた彼氏なのに、、LINEをやり取りし始めたあたりからんだか変だった。

初めは私の他に好きな人が出来たのかと思ったんだけど、どうも違う。
だんだん引かれるような気がして、気がついたらはっきりと言われなかったが、なんだかいつの間にかウザがられるようになって来ちゃった。

【スポンサードリンク】



以上は友人女子の体験談だ。
幸い彼女は今のところ別れ話にまではなっていないが、
「でもなんだか首の皮一枚でつながっている感じだよぉ」
と、泣きが入っている状態だ。

彼女自身、彼氏とはLINEでほとんどやり取りをしているらしいのだが、どうもその内容に問題がありそうだ。
でも層だとすれば、そのやり取りの内容を治すことでまだまだ脈は太くなることだってある。

いったいLINE出どんなやり取りが嫌われる原因になるのだろうか?

どんなLINEのやり取りをしたら好きな人に嫌われるのか

この答えはきわめてごくごく単純だ。

要するに、“LINE”の相手、つまり彼氏の身になってみればどんな連絡のされ方が嫌われるのだかはっきりわかるはずなのだ。

列挙すればこんなふうだろう。
・向こうがメールや伝言を返信しないうちに焦って何度も同じ内容を送ってしまう。
彼氏の立場になってみれば、これが一番ウザイはずだ。

・階数が多すぎる、向こうの都合を全然考えていない。
これも嫌われて当たり前。特に相手が仕事中など、TPOを全然わきまえずに返信の時間をこちらから指定してしまったりすれば別れ話の前に激怒されることだってあるだろう。

・特にメールだが、内容が「こうしたらどう?」「ああした方がいいよ」とか、「あなたはそういうところがダメ」など、上から目線で全然彼氏のメンツが立たないことをポンポン振りまく。

・タマにいる。自分の自慢話を披露したがったりする。
ド天然な友人の中には確かにいるやらかす女子がいるから怖い。まさかと思うが小学生じゃないのだ。笑

彼氏に言いたい、一緒に喜んでもらいたいのはわかるが、責めて謙譲的な表現でオブラートに包もう。

email

友人の彼女は良家の子女で、相手の気持ちまで気が回らない

こう見てみると、LINEのやり取りだけでも嫌われる原因にはたっぷりなるものだ。特に友人の場合、根が良い家庭で育ったためなのか、

“自分が楽しいことは自分の好きな人、つまり彼氏も絶対楽しいに決まっている”

という考えをストレートに持っているようなのだ。

必ずしも良家のお嬢さん的な女性が全部そうとはいえないかも知れないが、だからはっきり言うと上の列挙の内、彼女が一番やらかしているな、と思われるのは他でも無い、一番下の「自慢話」だ。

こうなると、自分の行動パターンの欠陥自体が問題なのだから、なかなか自分でも気づかず、いつの間にか好きな人にも嫌われるハメになるはずだ。

裕福な家庭で育つと、メンタル的な部分でも確かにメリットは有るかも知れない。
その最たるものは、やたらギスギスした家庭で育つのとは違って他人をひがむ性格にはなりにくいからだ。

私も以前OLで人事も見たことがあるから、何となくそんな程度のマンウォッチングは出来るつもりだが、まさか友人彼女のLINE のくせに役立つとは思わなかった。笑

【スポンサードリンク】



ただ、そんな彼女、結局のところは相手がどう思っているか、自分がある態度をとったら相手がどんな気持ちになるのか、それがわからないからこうして困っているといっても過言ではないだろう。

LINEやメールで知人や友人とやり取りすればわかるが、実際に相手と会って会話で口をきくのよりもはるかに言葉遣いに気を付けなくてはならないはずだ。

それというのも、口でしゃべるのと違って文章で自分の思うことを表現すると、かなりちょっとした言葉がきつい表現に取られてしまうことが多いからだ。

思い切って自分のどこが嫌いなのかを彼氏に聞いてみること

上の内容、ひとまず当の彼女に私の口から伝えたことがある。
他にも数人の友人女子と一緒になっていた時のことだが、なんだか私よくわからない、というふうな彼女だった。

だからダメ押しみたいに彼女に私が勧めたのだが、
「いっそのこと、『私のどこが不満なの?』と彼氏にはっきり聞いてみると良いよ
と言ってみた。

そんなことしてよけい嫌われないのかしら?と心配そうな彼女だったが、その時にはあくまでも誠意を見せることだ。
「あなたの困らないようにするから、一生懸命がんばるから」
と、きちんと真剣な態度を見せておくことだ。
そしてもしも彼氏の方で何かの指摘があれば、変に反発せずに素直に聞いた方がよい。

iphone

「男性はすごくナイーブなところがあるから、細かなところだって見るところはホントにちゃんと見てるものよ」
「仮に彼の心が完全に離れていたとして、それが表面上の付き合いになっていたとしたら嬉しい?それって仮面の付き合いやん」
他の友人が彼女を諭(さと)していた。

でも私の考えもそんな友人と同じだ。
もしも彼氏が本当に彼女を大切に思っていれば、ちゃんと応じてくれると思う。

その後友人の女性から中間報告はないが、どうやら風の便りで関係はまだまだよいのかも知れない。
こんなあたり、案ずるよりも産むが易しで、良家の子女ながら、思いっきりのよい彼女だったのかも知れない。

それがお互いに打ち解けるチャンスになる事だって十分ある。
未来を考えてお互いのわだかまりや欠点をきちんと見直すことも大切になるのだ。

(一ノ瀬恵美)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top