Woomedia

お腹の肉をとる方法は簡単!二つの方法で冬にありがちな習慣を見直すことから始めよう!

太ると真っ先についてしまうお腹の肉。
そのお腹の肉をとる方法で簡単なやりかたがある。

簡単すぎてうっかりしてしまうのだが、やってみればなるほどだと思う。
私も実践しているし、おすすめだ。

要するに生活習慣を見直すこと、その上でちょっとした運動と食事の方法なのだが、この二つさえ守っていれば、相当に違う。

その方法をご紹介してみよう。

【スポンサードリンク】



簡単にお腹の肉をとる方法はまず外出から!

仲間の女子が3人そろえば決まって現れるテーマがダイエットだ。

中でも冬場にありがちな体重増加。

fatty

これをどうしたらよいのか、その嘆きを毎度聞くことになるのだが、単純明快にお腹の肉をとる方法として、ごく簡単で私が実践しているダイエット方法を一言で言うと

外出すること

となる。
わかり易すぎて何のことかピンと来ないかも知れないが、もうちょっと詳しく言うと。

外出して歩くこと

なのだ。
何の変哲もない、普段自分たちだってやることでしょ!?
と仲間の女子から文句が出た。
読んでいる読者の方も同じ心境だろうか?ということで更に情報を足すと、

外出して太陽の下で30分~1時間歩くこと

どうだろうか。ここまではふだんやらない方々も多いと思う。
ハナシを引き延ばしてしまったが、実のところ外出することが大切だからまずこれをポイントに据えている。

冬は一年の内で日照時間が短く、日光の恩恵を受けることがそれだけ厳しくなる季節だ。

だが肌に悪影響という紫外線の害を除けば、日光ほど有り難いものはない。
まず日光に当たることによって精神を安定するセロトニンの分泌を促し、うつあY睡眠障害を防いで自律神経を整えてくれる働きがある。

そして、ビタミンDも生成して新陳代謝を促し、健康な美肌もつくってくれるのだ。

その上免疫も向上させて癌やコレステロールを押さえてくれるという、いわば“万能薬”のようなもの。

ただ、日光の紫外線は当たりすぎると良くない事も事実だ。
だからUV対策を十分して日中に歩く時間を理想的には1時間くらい持つことをおすすめする、というわけだ。

ウォーキングは他の運動よりも効果バツグン!思考を活性化する上でも重要!

歩く、つまりウォーキングになるのだが、このハナシを続けてみると、

・ウォーキングはあらたまって運動するという気張り無しに手軽

という大きなメリットがある。

私は日常的に仕事や用向きで電車などの交通機関を活用する際には、一駅くらいの感覚ならば歩くようにしている。
東京の都心、山手線などで考えると一駅区間は長くても20分くらいだ。
これに他の細切れウォーキングを合わせれば立派に30分以上歩いていることになる。

それをもうちょっとがんばって、1時間くらいウォーキングをめざすこと。
器具なども必要とせず、人間の体で重要な足腰が自然に鍛えられる。

しかももうひとつのメリットとして、歩くというスピード、運動はけっこう思考がはかどる。

昔の哲学者などが歩くのをイメージしてみるとよいが、歩くことによって思考の充実が進み、ストレス解消や自律神経の調整なども生まれてくる。
だからむしろジョギングなどの激しい目の運動よりも歩くことをぜひおすすめしたい。

冬場は外気が寒いこともあって、つい自宅にこもりがちだが、30分1時間歩くと東京あたりでも立派に汗を掻いてポカポカ出来る。
冬の引きこもり習慣を破って、時間を作って歩く習慣を身につけてみることをぜひ行っていただきたい。

お腹の肉というのは実のところ、大変落としやすい部位でもある。
こうした何気ない日常の習慣を延長させて運動につなげれば、効果は十分期待できるはずだ。

【スポンサードリンク】



私のダイエット方法-ふつうより早めにある物を食事代わりに食べてしまう

ウォーキングをこれだけこなしているだけでもお腹の肉をとる方法になる。
そして健康的でもあるから簡単でおすすめだと言うことがお分かりだろう。

だがもしもこれに一つ付け足して「第2弾」とすれば、やはりダイエットだ。
私の行っているダイエットつまり食事制限のやり方だが、これも単純明快だと思う。

それは

昼間、普段よりもやや早めに低カロリー、抵糖質のものを少量食べてしまう

というやり方だ。

普段空腹を覚えるような時間額る前を見計らって、少量のものをさっさと食べてしまう、というわけになるが、食べるものはダイエットに則した低カロリー、抵糖質のものに限る。

早い話、気構えとして一食抜くくらいでいるのがよい。

キュウリ、スルメそして自分的にはもずく酢がオススメ

その際お昼に食べるものとしておすすめなのはよく言われるキュウリとスルメ。

まずキュウリは牛乳よりも水分の含有量が多いと言う事をご存じだろうか?
実に96.2%!牛乳の88.7%を超えている。
塩や味噌をつけてポリポリかじっていれば立派に満腹感もあるし、カロリーも低い。

注意すべきはほとんど“水のカタマリ”だから、それ自体食べても太らないが、そのためかえって腹持ちが悪く、後で空腹感が増しやすいというのも事実だ。
だから、調味料に塩などを避けて味付けにマヨネーズを使うなどする必要がある。

そしてスルメ。
かめばかむほど味が出ると言われているとおり、長くかみ続けるのがミソだ。口の中でふやけて大きくなるし、かみ続けている内に満腹中枢も刺激されて満腹感を誘う。
そして実際、栄養価の高いことでもダントツだ。

なお、私はこれらとは別に昼間はもずく酢を1パック食べている。
もずく酢は大好きだったし、つけている酢のお陰でか、けっこう腹持ちがよいので嬉しい食材だ。

これで朝食と夕食を普段通り取っておけば十分。

diet3

簡単であることがお分かりだろうか。

ダイエットの方法は案外身近にある方法で出来るのかも知れないし、ひと工夫で効果も違ってくるように思う。

自分に合ったダイエット方法というのを見つけること。
そのためにはぜひ痩せたい!というメンタルを強く持って、初心を必ず貫くこと。

記事をご覧の方々にもぜひどこか取り入れてくだされば幸いだ。

(増淵夕子)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top