Woomedia

婚活は無駄な努力と思うといくらでもそう見える?一番良い乗り越え方を探ってみた!

いくら婚活をがんばってみても出会いもない、誘いも来ない。
無駄な努力に見えてしょうがない。

それもそのはず。30代になると女性の婚活は成功するのがやっと1割。
だから年齢的に無駄な努力のようなことがある。
これは絶対に否定できない。

他にも、現在の婚活のシステムにはどうしても納得できない、不合理なところだって多い。
やみくもに無駄な努力なんて言いたくはないけれど、そう見えることが多いから仕方がない。

でも、そんな風に嘆いても始まらない。
何とかして問題を乗り越えていくしかないわけだけれど、どんな方法が一番なのだろうか?
それを探ってみた。

【スポンサードリンク】

希望年収に満たない男性とそれを追いかける女性

でも、どうして婚活がそれほど無駄な努力とまで言われてしまうのか?

それは簡単に言うと、女性と男性とでお互いに求める条件のギャップが大きすぎる。
そしてお互い折り合おうとない。
これにつきるはずだ。

婚活している女性たちは、自分のスペックはさておいても、出会う男性に求めるのはどうしても実生活上で必要な要件になる。
でもそこですで 無駄な努力というしかないイタチごっこのような現状が出てくる。

第一に婚活女性が結婚相手の男性に求める年収
これがまず女性が男性に求める金額と、男性が実際に稼いでいる金額が大きく異なる。

30代女性が男性に求めている年収は最低で600万。
しかし同じ30代の男性が平均して稼いでいる年収は、それよりも遙かに少なく、400万を切ることが知られている。

要するに女性が求める年収と、実際に男性が稼いでいる年収とでは2倍近くの差があるのだ。
この時点で女性はすでに無駄な努力を出会いに求めていることになる。
これでどうやってこれで折り合えるのだろう?

でも、これにも確かに女性側にだって言い分はある。
女性は高望みだ、とよく言われるけれど、年収600万というのは実際に結婚して家庭生活を営む最低限の年収額と言うことになる。
高望みと一概に言えないのは、こういう理由もある。
結婚

友人「共働きだと諍い起こして余計離婚しやすいと思う」

でもここでよく出てくるのが
「男性が希望年収に届かなければ共働きで女性もお金を稼げば良い」
というアドバイス。
私も婚活業者にそう言われたことがある。

そしてよくネット上などでは
「男にそこまでの年収を求め続けて、自分は楽しようとする魂胆が見え透いている」
というディスり文句。

確かにどれも一面当たっているかも知れない。

でも、女性にとっては共働きしたら大丈夫、という簡単なものではない。
私も友人知人で婚活の後、結婚して共働きしている夫婦を知っているけれど、はっきり言って女性にはとんでもなく過重な労働が待っている。

要するに女性は主婦、つまり家事や子育てに追われながら、それで外で仕事をすることになる。
たいていの女性は我慢強いし、子供のためと思えばがんばるしかないのだが、それだって限界がある。

男性よりも体力はない、家にいても気の休まる暇がない。
生活全体が職場、仕事のようなものだ。
いつも気を張っていなくてはならなくなる。

共働きは離婚率が最も高い

そういう「現場」の彼女たちの話を聞くと、相当な重労働の毎日のようだ。

肉体的にも精神的にも追い詰められるような毎日で、しかも旦那の方は安定して一生定職にいるとは限らない。

この不安定なご時世、いきなり首を切られたり、派遣で仕事をしていたりすることだって珍しくない。
足下からいくらでも不安の種は尽きないのだ。
安心して子供を二人も三人も生んで育てる、など夢のまた夢。

そしてまた、旦那だけでなく嫁の方も収入を持つことから、いろいろと家庭内で意見の不一致も多くなってくる。
それで子供一人産んだようなところで離婚も多くなる。

「結局女の方も稼ぎがあるから家の中で言い分が出てくるワケでしょ。それに余計毎日疲れてメンタルやられやすいし、だからそのうち旦那と諍い起こして別れることが多くなるんじゃないのかな」
とは、友人女子の意見だ。

実際、カップル3組に1組が離婚するといわれる中、30代前半のの共働き女性の離婚率が最も高いと言われている。
(参考 https://style.nikkei.com/article/DGXMZO94899870Y5A201C1000000?channel=DF260120166504)

結婚の後、こんな風にして意見の不一致などで離婚することになれば苦労して婚活したことが全く無駄な努力になってしまう。

結婚に幻想を持っている人ほど後々で幻滅し、楽な一人暮らしが懐かしくて離婚してしまうのかも知れない。

【スポンサードリンク】

婚活で無駄な努力をしないためには

こういう結婚生活の現実まで続く。
だから、私たちなどもよく言われるけれど
「婚活の仕方が間違っている、努力が足りない」
とかいう批判。
一見もっともらしいけれど、どうしても一つピンとこない。

ただ、婚活でどうしても出会いがない、というのは30代、40代の女性に限ったことではない。

私も20代の頃から婚活しているけれど、それでもいい人と出会えなかったり、わずかな「すれ違い」があっただけで気になってしまったりすることも多い。
若い時は若い時なりに、本当にすごく高望みになりがちだったかも知れないし、それだけ自分も世間も知らなかったはずだ。

ということは、一体どうやったら、出会えないとか良い男性がいない、など 無駄な努力をしないですむのだろうか?

現実を見つめて条件を変更

一つの考え方として、ごく単純に
「この条件さえ男性に求めなければ、沢山の出会える相手が見つかる」
というのがあるはずだ。

そんな風に、現実に沿うように自分たちの提示する条件を見直すこと。

「婚活しても相手が見つからなければ一生独身でもいい」
という人は、無理して自分の求める条件をダウンさせる必要もないかも知れない。
けれど、あくまでも結婚したいと願うなら、現実を見つめてそれに見合うように相手に求める条件を変えるしかない。

その一つが年収。
そして他の実利的なメリット。

純粋に、結婚したいと願う思いに立ち返ってみよう。
「出会ってお互いに気に入った、だから結婚することに決めた」
となるのが基本のはず。

年収などの実利はそういう「気に入る」ための要素として大きいに違いないけれど、現実を直視して諦めていく、という気持ちの整理が大切になるはずだ。

確かに年収の良い男性は全くいないわけではない。
けれども仮にそういう人が見つかったとしても、30代の私たちと結婚しようとするだろうか?
普通は20代の女性に憧れて、私たちに見向きもしないことだっていくらでもある。

苦労するために結婚する、と観念する

そしてついでに言うと、少なくとも私の周囲にいる既婚女性、自分の母親も含めてあえてぶっちゃけて言ってしまうと、どう考えても
「結婚すると独身時代よりもずっと苦労する」
ものだ。
別に私が言うまでもなく、女性だったら誰でも肌でわかっているはずだ。

でも結婚は女性の憧れ。
憧れと現実の苦労とはまた別になる。
だからややこしい。
結婚式
でも多くの婚活女性は、それを突き詰めて割り切っていないのではないだろうか?
自分もそういうところがあるし、確かに結婚すれば旦那に稼いでもらって自分は安楽に、という下心がないとは言えない。
でも結局そういう下心、男性だって世間だって先刻お見通しでもある。

それをあえて通そうとして、現実に合わない条件を相手の男性に突き詰めるから、出会いがない無駄な努力に繋がってしまうはずだ。

自分を見つめ直し、そして現実をしっかり見て、諦めるべきところは諦める、夢見るところはみるようにしていくこと。

婚活でどんなにお金をつぎ込んでも、それが結局無駄な努力に終わらせたくないなら、自分の気持ちをそのように整理していくことが大切になるのではないだろうか?

まずそうして、その後で自分の描く結婚生活を考え、出会いを求めていくこと。
最低限だがこれを実行すべきにちがいない。

(喜屋武氷捺)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だからこそ世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top