Woomedia

香取慎吾、木村拓哉の山P目撃はデマ?ノイローゼを発症したという情報の方こそ心配に

香取慎吾さんと木村拓哉さんが山Pこと山下智久さんのコンサート『futurefantasy』に二人連れだって出席していたことが写真画像とともにTwitterで流されていたが、それがどうやらデマだったのではないか、という声も上がっているようだ。

実際、目撃情報としてTwitterを流した女性はお詫びのツイートとともに今現在Twitterを閉鎖している。
貼ってあった香取慎吾さん、木村拓哉さん二人のツーショット画像もどうやら異なるものなのかも知れない。

ただ、山Pコンサートがデマだったか、その事実はグレイかも知れないが、逆に今香取さんについて言われているノイローゼ状態。
その方がこうした情報を逆手に取るような形で、いっそう真実味を帯びてきている、そう言えるのかも知れない。

香取慎吾さん時村拓也さんとの関係、そして香取さんが本当にそういうメンタル的に大変な状態なのかを少し考えてみよう。

【スポンサードリンク】

香取慎吾と木村拓哉の山Pコンサートがデマだと多くの人は考えている?

香取慎吾さんと木村拓哉さんが不仲だったという情報についてはメディアを始め、多くのファン達もそうだと当然のように信じ込んでいたことだ。

実際香取慎吾さんをいちばん可愛がっていたというジャニーズ事務所の元専属マネージャー、飯島三智氏がああいう退職の仕方をした後、香取さんからスマイルが消えているというし、また他のメンバーを裏切ったといわれている木村拓哉さんと、香取さんとは対極の立場にあったということもほぼ多くの人が固定観念として持っている情報だ。

木村拓哉という名前を聞くだけで彼が過呼吸症候群を発症している、等と言うこともちょっと前にはまことしやかに言われてきていた。

そしてまた、彼の周辺にいる関係者や友人タレントなどから得られた情報の中には、SMAPをやめた後に結婚する、などというものもあった。

だからそういう今までの複数の“香取慎吾と木村拓哉は不仲”情報を考えた場合、彼ら二人だけで山Pコンサートに現れた、というのは第三者による証言でもない限り、ほとんど多くの人がデマだと思い込むに違いない。

このTwitterを流した女性の方は、この件について幾重にもお詫びしているし、世間を騒がせたことに責任を感じてTwitterを閉鎖している。
ただ、判断の難しいのは彼女が自分で流した二人の情報について本当か嘘かをはっきり表明していないことだ。
とりわけSMAPのファンの方だったらそれがいちばん気にかかることだろう。

香取慎吾は5人の中でいちばんデリケートなメンタルか

話は変わるけれど、個人的な印象としては、香取慎吾さんと木村拓哉さんの性格もまた対極にあるような感じがする。

あくまでも私個人の印象でしかないが、香取慎吾さんは黒うさぎのイラストで知られているように、アーティストとしての資質があると思うし、実際彼はムカシから絵を描くのが好きだった、という。
blackrabbits
その彼が今、SMAPをやめて画家になると主張しているという内容のメディア情報が流れているようで、彼の画家志望の意志は、以前から関係者の間でも有名な話だったと言われている。

それを考えてみると木村拓哉さんを始め、他のメンバーよりも内向的で、そういった芸術方面への関心が高い香取さんは、5人の中でいちばんメンタル的にデリケートだったのではないだろうか。

それだけに彼が過呼吸症候群に見舞われたり、最近ではノイローゼになってしまっているという情報のほうが、デマではなく限りなく信憑性が高いように思えてならない。

【スポンサードリンク】

山P コンサートのTwitterを流した方の気持ちもわかる?

山Pのコンサートに二人が連れ立って出席した、というTwitterを流したのはさる女性によるデマだったのか?
はっきりしたことは分からない。
stage
だが考えてみれば彼女の行動もSMAPのファンとして、二人がメディアで言われているような不仲な関係、それこそ香取慎吾さんが木村拓哉さんにそういうノイローゼになるほどの拒否反応を持っているようなことになって欲しくない、そういう気持ちの表れだったかも知れない。

事実彼女はTwitter閉鎖前の最後のツイートで、世間を騒がせたことについて至極丁寧にお詫びしている。

彼女に限らず、SMAPのファン、とりわけ香取慎吾さんや木村拓哉さんのファンだったら同じ気持ちを抱くだろう。
また解散などという報告にしても、今もなおそれこそがデマであって欲しい。
そういう思いでいる人だって大勢いるはずだ。

香取慎吾さんが本当に画家となるのかどうか、木村拓哉さんとの不仲の情報とともにジャニーズ事務所に所属しているタレントについてはメディアも情報が怪しげになることが多くある。

何がデマで何が真実なのか。
二転三転する、そういう情報であってもいち早くつかもうとするとともに、今いる5人を見つめて追い続けることも大切かも知れない。

(喜屋武氷捺)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top