Woomedia

若年性心筋梗塞の原因あなたは大丈夫?30代20代でも突然死する怖い病気の予防法とは

若年性心筋梗塞という病名を聞いたことがあるだろうか?
要するにすごく若い年齢でかかる心筋梗塞ということだ。

その原因とともに、予防法を追ってみていきたいのだが、この若年性心筋梗塞、今現在じわじわ増えつつあり、働き盛りの40代、30代あるいは20代の人たちを襲っている。

もちろん女性も男性と同じように、この病気を発症する原因を多く抱えているし、実際かかりやすいと言われている。
実際どうしたらよいのか?

【スポンサードリンク】

心筋梗塞は本来50代60代がかかる病気!なぜ若い人たちに増えているのか

まず若年性心筋梗塞も含め、心筋梗塞というのはどんな病気かと言えば、心臓の外側を取り巻いて、心臓に栄養分を送っている冠状動脈が狭くなり、血栓ができてしまう病気だ。

様々な原因でコレステロールや中性脂肪が血管に付着してしまう結果、動脈硬化が始まって血管が狭くなり、同時に血栓ができて血流を止めてしまう。

この結果、その先へと栄養分が行き渡らなくなってしまい、組織が壊死を起こしてしまうと言う恐ろしい病気だ。
実際死亡率も非常に高く、今現在、日本人の死亡率はがんに次いで多いという。

だが元々この病気は、その原因などを考え合わせてみても実際50代60代の熟年層の人たちがかかる病気だと言われているし、現に今でもその年齢層の方達が一番多く罹患している。

だが天海祐希さんや松田直樹さんなどの若手の有名人がこの病気でばたばた倒れたり急死したりしているという事実がここ数年多く報じられているし、実際一般人たちにも30代、あるいは20代でこの病気を発症するケースが増えているという。

こうした若年性心筋梗塞の原因はいったい何か?

結局のところ、その原因は三つに絞られると考えて良いようだ。

一つには食生活があげられるし、
二つ目には運動不足がある。
そしてさらに三つ目には、めまぐるしい社会の中で多忙になり、勝睡眠不足や不規則な生活習慣になってしまうことから、ストレスが一昔前にもまして大きくなっていることがあげられるだろう。
massage
もちろんこうした日常習慣的な態度から来る原因というのは他のもっと上の世代の方達にもままあることだろう。

だがなまじ若い世代になると、自分たちの体力に過信があるのかもしれないが、かなり自分の体調管理とか健康に対する意識が、上の世代の人たちよりもずさんになって閉まっているのではないだろうか。

年齢の言った人たちよりも若い分、体に無理が利くのでどうしても偏った生活習慣になってしまう、ということもあるだろうし、その結果毎年の地域の定期検診をも怠ってしまいがちとなる。

私自身のこともよくよく考えてみれば、20代にはそういう定期検診渡河ほとんど受けた記憶がなかった。
婦人科検診に至ってはなおさらだ。

その原因として、まさか自分に限ってそうそう大きな病気などしないだろう、そういうアタマがあったことは否めない。
でも間違いなくこうした意識は過去の私と同じ世代の今の20代の人たちも持っているはずだ。

もしかしたら若年性心筋梗塞が増加傾向にある一番の原因がこれではないだろうか?

【スポンサードリンク】

若年性心筋梗塞による突然死はたった一つの注意で予防できる!

なのではっきり言ってしまえば、今そういう20代30代の人たちを恐怖させているという若年性心筋梗塞、実はたった一つの注意事項を守だけでかなり予防できるのだ。

ハッタリでも何でもなく、本当にたった一つである。

それは何かと言えば、地域での定期検診を毎年欠かさず受診することだ。
そういう早い年齢の時からきちんと定期検診は受けておくこと。
仕事で忙しくて受診できなければ、最寄りの総合病院などで検診を受けても良いだろう。

定期検診を受けている方はお分かりだと思うが、ふつう定期検診では単に体重や身長を測るだけでなく、血圧を始め血液検査、心電図そして肺がんなどのためのレントゲン撮影も受けることが出来る。
ふつうに病院で受けるよりも遙かに安価だ。

そしてこのうち、心電図を分析することで、そういう心臓疾患の有無や前兆も判断できる。
さらには血液検査の結果として、血中に含まれている中性脂肪の濃度から、動脈硬化の危険性も判定できる。

心筋梗塞や脳梗塞の一番の原因は動脈硬化だが、その動脈硬化を悪化させてしまう原因は中性脂肪やコレステロールだ。
血液検査をすればこれらが全てわかる。

なのでぜひ受けたことのない方は年齢によらず受けることをおすすめしたい。

そして定期検診の結果、自己の健康状態について問題点がある場合などは、専門の職員や栄養士などによって個別に相談が設けられる場合もあるし講習も受けられる仕組みになっていることが多い。
そういう席で、自身の健康状態について細かく注意点を受けたりできるのだ。

偏食、運動不足に注意

定期検診がどれだけ有益か、上の説明によって大体よくお分かりになったと思う。
とにかく20代30代の方々は、自分の体力、健康を過信しないでこういう便利な健康管理のシステムを十二分に生かしていただきたい。

その他、普段の生活でぜひ気をつけていただきたいのが、結局は上記に列挙してみた食生活や運動不足、ストレス管理の見直しだ。

食生活で言えば時間がないあまり、ファーストフードやコンビニランチに走ることが多いと思うし、同情も出来る。
だが同じ出来合いの食べ物を買うならばぜひ慎んでいただきたいのがやっぱり肉食だ。

もともと日本人の体、特に腸は肉食に向いていないと言われていて、むしろ穀物の消化の方が適していることが知られている。

そして同じ肉であれば、中性脂肪を下げる働きのあるDHAを多く含む青魚、つまりサバやサンマなどを肉の代わりに食べるようにした方がよい。

実際定期検診で中性脂肪がとてつもなく高いと言われているサラリーマンが、お昼の弁当に毎度サンマ弁当を食べ続けていた結果、1,2ヶ月後には中性脂肪の値が規定値まで下がったということも言われている。

そして運動不足。
fatty
仕事の多忙や不規則な生活の結果、ある意味これも致し方ないところもあるかも知れないが、それでもぜひおすすめなのは毎日30分、ウォーキングをすることだ。

ウォーキングは基本的に歩くだけの運動だから改まった服装などもせずに済ませることも出来るし、有酸素運動なので脂肪の燃焼も期待できる。
ダイエットも考えている方にはおすすめなのだ。

さらにウォーキングによって代謝も改善して血行もよくなる結果、美肌も期待できるのだ。
そしてもちろんストレスも改善できる。

若年性心筋梗塞にかかってしまう方達の原因を見てみると、たとえば松田選手のように過去はプロのサッカーなど、スポーツをガンガンやっていた人でもやはりこの病気で命を落としている。

スポーツを過去にたっぷりやっていても、その後全く運動不足に陥れば結局のところ中性脂肪によって動脈硬化が起こりやすくなるようだ。
だからウォーキングもそうだが、必ず運動というのは継続して行う必要があると言えるだろう。

若年性心筋梗塞はそういうわけで、原因一つをとっても、今の若い年齢の人たちにありがちな生活態度と直結しているものが多いといえると思う。

仕事も大切だが、足元の健康管理もやっぱり重要だ。
ぜひこれをアタマに入れて、健康な毎日を過ごしていただきたい。

(増淵夕子)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top