Woomedia

結婚相手の条件で既婚者の意見がなかなかキレる!つい見落としてしまう大切なこととは

婚活をがんばっているのだがなかなか思った通りの相手に出会えない。
そういうときは既婚者の意見がたいへん参考になる、という事実をご存じだろうか。
私も実は知らなかった。笑

既婚者の女性と私たち未婚の30代女子となると、結婚相手の条件や見るべきポイントなど、正直な話考え方や普段思っていることに大きなギャップがあるものだ。
特に専業主婦になっている人たちには、私たちとの思考の差がありすぎで、互いに「あまり関わりたくない」などという場合だってある。

幸か不幸か、たぶん幸の方にちがいないが、私も結婚前から親しくつきあっていた既婚女性の友人がいる。
この彼女が主婦とOLのダブルワークをやっているためなのか、私たち未婚女子に対してはけっこうよく話を取り上げてくれたりもし、他の未婚女子仲間の受けもよい。

そんな彼女に結婚相手のキモを聞いてみたりしたのだが、どうしてなかなか意外なところでためになる話が彼女の口から飛び出してくるのだ。
なので、女性側の既婚者の意見として、貴重なので必見と思い取り上げてみた。
特に今、婚活の苦労にあえいでいる方たちにはぜひ参考にしていただければと思う。

【スポンサードリンク】



理屈は後からついて来るもの

結婚相手の条件というと、真っ先に浮かぶのが相手の男性の年収だ。
そしてDVの性癖があるかどうかとか他の女性との交遊の有無、親戚縁者や友人知人関係など、問題となることはそれこそ腐るほど出てくる。

既婚者の意見として友人の彼女に言わせると同様で、考えつけばそんなもの無数に出てくるものだ、と言い切ってしまう。
その上で次のように言い切るのだ。

「当然のことだけど、相手の男性が好きなだけじゃ結婚までいけない。
恋愛は出来るけど。
だけどじゃあ、結婚した時には好きだという気持ちが無くてもいいの?
まず相手のことが結婚したいくらい好きじゃなきゃいけない。
そんな風な出会いが出来るかどうか、それが“縁”なんだろうし、大切になってくるんじゃないかな」

当たり前すぎるような一番の前提がこれだ、と彼女は言う。

Print

これを聞くと私なんかも、もしかしたら日頃の婚活で条件ばかりを追い求め、肝心のその条件を持っている男性には全く注目していなかった場合も多い、と反省してしまう。

何となく結婚した後一皮むけたというのか、それとも元もとこういう性格だったのかわからないが、私よりも遅く婚活を始めて、しかも私が今の今まで独身のまままで過ごしている最中に結婚した彼女。
結婚運もあるにちがいないのだが、そういうツキを呼び込む何かが彼女にはあるような気がする。

「よく結婚相手の条件をみんな出してくるけれど、そもそも結婚ていうと、その相手の条件と「結婚」するのか、といったら違うわよね。
条件をいくらつまされたからといって、それが好きだという気持ちにすり替わることっておかしいんじゃないの?

私も婚活の時、そんな女性を見たことがあったけど、結局自分が今求めることのできる相手の条件との“妥協” なんでしょ」

既婚者の意見のキモ「相手の男性を知りたければ彼の両親を見ること」

「だからって私が結婚相手の条件を全く考えないで結婚したと思う?
絶対そんなことなかったわよ。
最初一緒に婚活していた旦那に会った時には向こうの年収も気になったし、学歴とか交友関係とか、ふつうの婚活女子並みに気にしまくりだったという事ね。

でも私もある人から教えられたんだけど、結婚相手を見る時に一番大切なものは何だと思う?

それは相手の“両親”よねやっぱり」

【スポンサードリンク】



確かに両親の姿は未来の結婚相手の姿とも言えるのだ。
お互い結婚して何年何十年と過ごしている内にたどり着く姿が、今の婚活相手の両親と考えてほぼ間違いない。

そのような相手の男性の「未来の姿」、自分の将来も含めてどんな風になるのだろうか、ということを予測するには一番の参考資料だ。
そして同時に、家庭の様子も両親の姿を通していろいろわかってくる、と彼女は言う。

「もちろんそんな関係まで行くにはそこそこ親しくないと無理だけどね。
でも一つ方法としては、お互いメルアドの交換から両親の話まで出来るようになった段階でそうした相手の自宅や両親と会えるかどうかをきちんと相手に聴いてみるのもいいんじゃないかな」

「両親と会うことを許してくれればいちおう男性自身の信頼も出来ると思うし、逆にいくら親しくなっても以前として断られ続けているような場合には“コイツには要注意かも”という思考もちゃんとできるワケだし」

つまり両親に会えるかどうかがバロメーターとなるわけだ、と彼女は言うのだ。
「特に今風の男の人についてありがちなのが、自分の母親にどう言う風に接しているのか、それをつぶさに観察することがいいみたいね。
私はそこまで気づかなかったんだけど、変にマザコンだったり横柄、乱暴すぎる口の利き方はやっぱりNGかもよ」

最終的には自然に二人でいられる関係だったらOK

そうした結婚相手の条件など、既婚者の意見から見るとなかなか私たち婚活中のみからすれば考えが及ばないところもあるのが興味深い。

だが、結局のところ、未熟な人間同士ということで、まず出会ってしばらく交際を続けなければなかなかお互いわからないことも無数にある、と彼女はいう。

wedding3

じゃあそんな交際が続けられたとして、どういう風に“この人とならば結婚してもよい”と、彼女は思ったというのだろうか?
これも率直に聞いてみたのだが、その解答の仕方も彼女らしくシンプルなものだった。

「喧嘩もするし互いに考えも違うところだっていくらでも出て来るわけよね夫婦だと」

「でもつきあっている時でもそうだったんだけど、なんだか気遣い無く二人で過ごしていられるし、それでいてやっぱり好きだって言う気持ちはなくならないよね。
そういう人とだったら結婚相手に出来るって感じるんじゃないのかな」

「いろいろなパターンの夫婦ってあるかも知れないけど、変に気兼ねが互いにないほどいいんじゃないのかな。それでいてお互いに好き合っている。」

「条件だけで結婚しようとする人は大変だと思うよ。相手の男性の条件なんて年月経つ内にコロコロ変わるだろうしね。そのたびに離婚とか考えたりしてさ。後悔だっていくらでもしちゃうでしょ」

最後の彼女のコメントはイタイ。
だがこんなふうにあっけらかんと語る彼女。
二人目の子供も出来てお腹が出っ張ってきているのはカンロクそのものかも知れない。

そんなわけでちょっと既婚者の意見を披露してみた。
ただ、少なくとも私にとって、それなりにミになる話を聞かされた。
まとまりきれなくて恐縮だが、なにか婚活で考えていただけるための参考になれば幸いだ。

(一ノ瀬恵美)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top