Woomedia

春うつ対策にはウォーキングが最適!医師も勧める誰でも出来きてすごい効果!

意外だが春がうつに一番かかりやすい季節だということをご存じだろうか。
その対策には何よりも体を動かすこと、一番効き目があるのがウォーキングだと言うこともよく言われることだ。

気温も緩んでくるし、ポカポカ暖かく、なんだかうつと言うよりは躁(そう)の状態になるようにも感じる方も多いかも知れないが、この時期に季節性のうつになりやすい理由はちゃんとある。

そして一般的なうつと異なり、季節性のうつ、つまり季節によって発症しやすい鬱に関しては確かに春が最も多い。だから対策をしっかり立てておく必要がある。

【スポンサードリンク】



意外と知られていない春うつの怖さ

なぜ春に季節性のうつが多くなるのか、といえば日本の社会習慣と多分にリンクしているという背景がある。
3月~4月にかけては年度替わりで、企業も学校も年次や学年、そして異動や昇級、進級などが起こる。
つまり国を挙げて人間関係の刷新が起こるのだ。

そんな大きな社会現象に対して適応できず、不安感ばかりが募った形でうつになることが多くなる。
これが春うつの多い原因だ。
人によってはこの時期神経的に持ちこたえることが出来ず、ひどいのになると休職したりする場合も多くなる。
鬱積していた負の人間関係が、ここへ来て爆発したような感じだろうか。

ウォーキングのすすめ-なぜウォーキングがよいのか

そんなはるうつに対して一定以上の効果がある、そしてすすめられることが多いのがウォーキングだ。

ウォーキングの仕方は様々で、それなりにスポーツウェアをまとっていかにもウォーキングしているというような手の振り方、歩調で歩く人をよく見かける。

一方、そうではなくたんなる街をブラブラするような感じで適当に歩くのも広い意味でウォーキングの一種と言えるだろう。

正直どちらがよいのか、といえば私も言葉に窮することになるのだが、私のやっているウォーキングはスポーツウェアなどあらたまった格好で行わず、いわば誰でも気軽に出来るようなウォーキングスタイルだ。

だからあえて言えば後者のスタイルだと思うが、それでも毎日30分ほど街中や河川敷、あるいはちょっとした小道を散策したりするとすごくリフレッシュになる。

ウォーキング

だがウォーキングの効能はリフレッシュばかりではないのだ。
確かにうつ対策としてよく取り沙汰されるのだが、実のところそれ以上のメリットがまんさいされている。それがウォーキングだ。

春打つ対策だけじゃない!ウォーキングは健康の増進にも

ウォーキングは通常日差しのある屋外で行うものだが、日光の光が実はバカにならない健康増進の秘けつなのだ。
まず適度に日光の紫外線を浴びることによって、体内にビタミンDが生成される。
ビタミンDはカルシウムの吸収を助けて骨粗鬆症を防ぎ、癌の発生をも防いでくれるのだ。
そして免疫機能も改善してくれるので、春先に困る花粉症の症状も改善してくれることが期待できる。

【スポンサードリンク】



また日光を浴びることによって、体内にセロトニンという精神を安定させるホルモンが生成され、これが実はうつを防いでくれるのだ。
春うつの対策にウォーキングが最適だという理由の一つがここにあると言ってよい。

さらに自律神経のバランスも改善されるし、また適度に日光浴をして紫外線を吸収することで、肌の代謝がよくなり、美肌の期待も出来るのだ。
実際いいことずくめの健康法といってよい。

ウォーキングはの日光浴も出来るという意味で、ある意味ジムで行うような室内の運動よりもメリットが多いと言えるだろう。

しかも他のスポーツなどと異なり、基本的にどんな人でも自分のペースで出来るので、うつで落ち込んでいる人にも1番手の出しやすい運動と言えるだろう。

春うつ対策のためのウォーキングの仕方

そんなウォーキングを、春打つ対策のために行うには、具体的にどんな準備をしたらよいだろうか?
ということで以下にまとめてみよう。

・まず服装。上記の通り、私の場合などは別に運動用の服装をしなくてもよいと思っているが、靴だけはウォーキングに適したものを履いておくとよいだろう。
30分くらい歩いて足にマメが出来るとは思えないが、歩きやすい靴を履いて歩くことで、結構ウォーキングの楽しめ方も変わるはずなのだ。

また、そんな女性はいないと思うが、間違ってもハイヒールなどは避けた方がよい。
足の一部分だけに体重がかかってしまい、かえって足腰を傷めたり、悪い姿勢で歩くクセが出来たりすることもあるかも知れないからだ。

・どのくらい歩けばよいか、つまり時間になるが、ズバリ毎日30分を目安とするとよい。

そして理想的には午前中。もっと言えば朝食前の早朝がベストだ。
朝食前にウォーキングすることによって体が目覚めさせることが出来るし、同時に体内時計もリセットできる。
また、お腹が適度に空くので大切な朝食も美味しく食べられるのだ。

・紫外線に対しては、女性だったら心配になる方も多いかも知れない。
だが上記の通り、適度に浴びる紫外線はきわめて健康に良いと言うことも知っておく必要がある。
色白でいるままが必ずしも健康とイコールになるワケではないのだ。

だから浴びすぎは確かに問題だが、せいぜいウォーキングの30分くらいだったら問題ない、と私は考えるし、実際それがほぼボーダーラインといえる様だ。

sunbathing

ウォーキングと日光浴は健康作りの基本

ウォーキングはそういうわけで、うつ症状をもつ人も実地に行っている健康法で、医師もまた勧める方法だ。
だから信頼性もバツグンということになる。

そしてもうひとつ付け加えれば、ウォーキング、つまり歩く意外にも自転車を駆使して30分くらい乗り回しても同じ効果が得られると考えられる。
歩くのに飽きたら、いっそのこと自転車を利用して勤務先まで通勤してみるのも手かも知れない。

そんなわけで、春うつの対策は案外と身近なところにあると言えるだろう。
お金もかからないし、かけるのは自分の根気といってよい。

そしてウォーキングに慣れ親しめるようになればしめたもので、ウォーキングを我慢して続ける、という発想ではなく、楽しんで歩き続けられるようになればベストではないだろうか。

(喜屋武氷捺)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top