Woomedia

バレンタインに復縁で手紙を渡しても大丈夫!ぜひ押さえておきたい方法とは

バレンタインというチャンスを利用して、別れた元彼と復縁したい、という女性は意外と多いようだ。
別れてなかなか面と向かって話が出来なかったりする時には、やっぱり手紙が一番よい。

メールだと軽すぎるし、それをバレンタインチョコといっしょに渡すのがよいようだ。
ただ、問題はその手紙の中身で、書いて良いことと悪いことがもちろんある。
それが復縁を実現できる秘けつといえるだろう。

私の友人女史にもそういう女性がいて、真剣にどうすればよいか考えていたりする。
そんなバレンタインにあやかった復縁の方法をご紹介したい。

【スポンサードリンク】



私も元彼とは別れたクチだが、もうお互いに気持ちも離れているのでそんなに復縁などと悩んだりしなくなっているが、友人女性の場合、ずいぶんと未練が残ってしまっているらしい。

話せば長いのだが、彼女の元彼というのは年下で、しかもB型だった。
自由奔放で、彼女自身からすれば弟みたいなものだったようだが、そう思って付き合っていたのが返って彼のプライドを傷つけていたらしい。

そんなすれ違ったやり取りの末、別れてしまったという。

バレンタインのチャンスを有効に!復縁の手紙内容は重い女に思われないこと

B型男性の特徴はよく知られているが、

「自由奔放で周囲の迷惑を考えるより、いつでもどこでも誰とでもマイペース、俺がこう考えているから相手もそうだろう、いやそうにちがいない」

ちょっと申し訳ない書き方になったが、極端に言えばこういう性格になるだろうか。
しかも年下だとすれば、自尊心は表に出しづらい分、より強いかも知れない。

だからうっかりバレンタインがよいチャンスだからといって、以前のようなやり取りの延長みたいな内容を書いてしまうとよけい火種になるかも知れない。
特に彼女、実のところB型男性と相性の悪いA型だ。

なので私が心配しているのは彼女が手紙の内容で失敗し、「重い女」と思われかねないことだ。

letter

だが、一般的に言っても、復縁の手紙の内容としてやっぱり下のような内容は避けるべきだろう。

元彼の世話や気配りをあまり考えすぎると嫌われる
服装や食事、クセや現状について、いちいちあげつらっている様な場合だ。
要するにこれだとまるっきり本当の母親みたいなものだ。
母親と元カノは彼にとって別種な人間なのだ。

復縁だからといってすぐに結婚などをほのめかすべきではない
まだそんな大事にはなりきれていない、というより基本元彼と自分とは「マイナス」の関係のままのはずだ。
仮に復縁できたとしてもしばらくの間、結婚の二文字は彼の方から切り出すまで待った方がよい。

「でも」「だけど」を連発したり、相手の主張を否定するコメントをよく使う
読む人間を暗くさせるし、不愉快にさせてしまう。
私もOLで実務に携わっていた時は仕事先の担当者とメールを打つ時、こうしたものを極力抑えていた。
会話や文の端々にはやっぱりちょっとした気配りが必要になる。

【スポンサードリンク】



こうしてみるとやっぱりというか、重い女の特徴が並ぶことになるかも知れない。
バレンタインはたんなる1年の内の位置イベントに過ぎない、この基本を忘れないことがそんな女と思われないようにすることが、復縁にこぎつけられるための第一歩だろう。

復縁の手紙は謝罪が基本!相手を100%受け入れるつもりで

大体こういう風に見ていくと、復縁を申し込む時にはなるだけ嫌われないようにすることが大切だ。

重い女でしつこい、ウザイと思われたら何にもならない。
だから手紙の内容は出来るだけ軽く、それこそふつうの友人以上の関係をほのめかす様なことは極力避けることだ。

そして一番肝心なのは、手紙の中では相手を100%立てるようにし、あくまでも私の方が悪かった、とこちらから謝罪を入れておくことだ。

間違っても
「あなたのこういうところは納得出来ないけど」
などと書いてはならない。
友人の彼女の場合、A型のためどうしても気質的に規則や習慣の型に彼をはめ込もうと考える様で、そんな性格の場合には要注意だ。

バレンタインのようにプレゼントと一緒に手紙を渡したりすると、ふつうは紙の手紙など読もうとしない人でも読んでくれるようになる。
その意味でバレンタインデーというのはよいチャンスなのだ。

choko

復縁出来るかどうか、とにかく焦らずにまずは友人としての関係にまでヨリを戻すことから考えることをめざすくらいにしておくのがよい。

がんばって復縁に打ち込み、みごと成功した先輩女史の話があって、今回それを元に考えてみたのだが、とにかく

こちらがどう言えば相手が喜ぶか怒るのか?

その呼吸を十分に飲み込んで、重い女にならない、“母親”にならないこと。
何でもきっちりやらないとすまないA型女史の彼女にはここまでぜひがんばってもらいたい。笑

(一ノ瀬絵美)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top