Woomedia

ベッキーのブログがコメント削除の嵐か 応援コメばかり見えて逆に異常すぎるという声も

ベッキーのブログ(LINEブログ)が、今も健在だ。

だが、相当にコメント削除をしている気配で、それがよけいに見る人の反感を買っているといえるのではないだろうか。

あれだけの大スキャンダルを巻き起こしながら、公式ブログを休止や閉鎖をしないというのは大した神経の持ち主、といえるかも知れない。

だが今現在、2016年1月1日の記事を載せているのみで以後の更新はしていない。
それも変なハナシだが、もっとおかしいのは今や5000件になろうとしているこの記事のコメントだ。

すべてのコメントをチェックしたのではないが、全く批判や攻撃のコメントがない。ちょっと探してもそう言うコメントは見つからない。
一見してものすごく異様なのだ。

【スポンサードリンク】



あるのはただただベッキー礼賛、応援そして同情のコメントばかりがブログでは見かける。
証拠はないので断定は出来ないが、明らかに意図的にコメント削除を続けている、そうでなければおかしすぎるといえそうだ。

コメントを削除するのはよけいに世間の反感をあおりはしないか

中には実際に応援コメントを書いて投稿している人ももちろんいるだろう。

また、一般人がこうしてブログやサイトを立ち上げた時、どうしても否定的なコメントを投稿されてしまうこともあるし、またその時には管理側が削除する権利も自由に与えられている。

だからベッキー本人、あるいは彼女のマネージャーや事務所側が画策してブログから否定的なコメント削除の操作したり、あるいはサクラを遣って応援コメントを増やしたりなどもしているのかも知れない。

television

だがそんな一般人によるブログと、彼女のような有名人が一般人やファンとの交流の場として運営しているブログとは明らかに種類が違うのではないだろうか。

削除する気持ちはわからないではないが、こうした片方の意見しか断固として聞かないような姿勢を見せるようなコメント欄、個人的には彼女のイメージダウンを煽っているようにも見えるのだ。

ブログの運営の仕方をもっと考えるべきだったかも

もちろんだからといって、今現在、両論併記をしようものならすさまじい非難のコメントが閲覧者の目に触れることとなるだろう。

とりわけ主婦層は今のところ彼女の不倫行為には相当冷ややかになっているし、氏かも先日開いた謝罪会見ではあれだけLINEや画像の証拠がそろっているにもかかわらず、相手の川谷氏をあくまでも「友達」と言ってのけたことには、たとえどんな事情があるにせよ、視聴者の好感度を大きく下げてしまったに違いない。

その記者会見のてんまつとオーバーラップした形で、ベッキーのブログが存在している、といえるだろう。

その彼女、自身は会見でも発言していたとおり、今後も芸能界で活躍したいと願っているようだが、そうであるならばたとえば運営を一時中止するなどして様子を見たりした方がよかったのではないだろうか?

ベッキーはどう振る舞えば視聴者の信頼を回復できるのか

これまでメディアから伝えられるベッキーの情報には、意外なことに芸能人仲間からもあまり好かれていないという意見もある。

その理由は、ようするに彼女が傲慢すぎて自己中心的に自分を押し通すような性格だからというようだ。
実情はどうかわからないが、その片鱗としてブログの不快なコメント削除という疑惑が浮上しているとも考えられる。

確かにモニタリングなど、一連のバラエティ番組に出演して愛嬌を振りまいている彼女、かなり勝ち気な女性に見えたりもする。

だが一般論として、そう言う人は目立たない人、弱い立場にある人に気を配ったりする事はあまりないものだ。
そして芸能界は弱肉強食の世界でもあるため、目立った方が勝ちと考えて、そういう姿勢を維持しようとする努力もあるだろう。

【スポンサードリンク】



今現在、そんな彼女の性格がほぼ裏目に出ているといってよいのかも知れない。
多少の自粛ムードはあるにしても、生放送の番組にも従来と変わらずバンバン出続けているし、収録物のバラエティ番組も出演を取りやめる気配もなさそうだ。

そのような遠慮しようとしない姿勢は、いわば自分のスキャンダル行為を正当化しているようにも見える、そう言う考えを持つ声も膨れあがるかも知れない。

CMなど全て降板すれば莫大な損失のため、板挟みに

ただ、だからといって今のベッキー、無料のLINEブログはともかく、手がけているテレビやラジオの出演を初め、CMなどの仕事が今回のスキャンダルで全て無くなったら、その損失は10億円二のボルトもいわれる莫大なもののようだ。

それを見越して彼女は先の記者会見で、視聴者ガン無視、スポンサーへのみの謝罪と弁明をいったにちがいない、と言うのが現在の大方の意見だ。

そして損失を回避するためにテレビにも出るしラジオにも出る。
この先CMはますます降板になるだろうし、それでも出来る範囲で続けるつもりなのだろう。

だがその陰で、視聴者の感情は相変わらず冷遇されているのではないだろうか。

多くの視聴者が指摘しているように、まず謝罪すべきは不倫相手・川谷絵音氏の嫁のはず。
不倫相手の嫁に直接謝罪は一番つらいことかも知れないが、嫁こそが一番つらいはず、というのは多くの人の意見だ。

sorrow

私の友人で旦那と子供のいる女性はとりわけこの点に怒っていて、相手の嫁はそれでも許してくれないだろうが、それでも彼女はじかに誤るべきだ、と譲らない。
大方の既婚女性ならみんなそう考える、とまでいうのだ。

ベッキー本人にそんな既婚女性たちの思いが通じるのかどうかはわからないが、視聴者信頼を取り戻すには、まだまだ大変だろう。
ひとまずだが、ブログのコメント削除などの操作が無くなる日が来るのを願いたい。

(一ノ瀬絵美)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top