Woomedia

こたつで寝るべからず!病気が怖すぎ風邪だけじゃない!便秘や命に関わることも

冬の必需品・こたつこんなに危険だという、意外な話。
意外に違いないけど、知らないと本当に危険なのだ。

よくやってしまうのが夜、こたつでうたた寝したり、本当に寝ることだが、実はこれが怖い。

風邪を引いてしまうとかよく言わるのはご存じな方も多いと思うが、実のところ風邪ならまだいい方で、とんでもない病気を引き起こしかねない。

冬になくてはならないほどの必需品なのだが、どんなふうに危険なのか、その危険を防止するにはどうすべきか。
ぜひとも知っておいて欲しいのだ。

【スポンサードリンク】



こたつによる脱水症状をナメるな!過度に体の水分が奪われて死に至ることも

子供の頃、こたつで寝ると風邪を引く、とよく親に怒られていた。
そう言う方も多いだろう。
私も何度か朝まで入りっぱなしで寝て過ごしたことが実はある。

同じ経験をした方もいるかと思うが、朝起きると、なぜかすごく爽快感がない。

そして不思議と熟睡できないし、のどがすごくガラガラになってしまうのだ。
そして本当に風邪になった事があった。

確かに入った当初はスゴイほんわかした気分になれて、ぽかぽか足から温かくなるのだが、実は恐ろしいのが脱水症状。
気持ちがよいからと長時間入ったままにでいると、体の水分をどんどん奪ってしまうのだ。

この点布団で寝るのとは違う。
布団はいったん人が寝入ると、人の体温が布団に伝わり、一方睡眠時は体温が下がるため、ある一定以上に水分は奪わなくなる。

人は一晩の睡眠で布団で寝ると、コップ一杯の水分が出ると言われている。
だが、こたつは入っている限り、際限なく水分を奪う。
このため脱水症状と合わせて体のリズムまで壊してしまい、不眠とかだるさ、そして水分を奪われたために便秘にさえなってしまうのだ。

そして果ては、血栓ができやすくなって血行も悪くなり、脳梗塞にまで至ることもある。
こんな病気となると本当に命取りだ。

こたつに一旦入って落ち着くと、寝るまでは行かなくとも、妙に出たくなくなると言う経験をした方は多いだろう。

footwarmer

専門的にどう言われているのかは知らないが、個人的にはあれも軽い“暖まりすぎ”による体調不良じゃないかと思う。

こたつと同じく怖いのが電気毛布

それほどポピュラーではないが、同じようなマイナス効果があるものに電気毛布がある。
私はこの電気毛布を買って数日の間利用して寝たことがあった。

結果は同じく、のどガラガラ、そしてハデに風邪を引いている。
熱も出ていつになく重い風邪となってしまった。
全く同じなのだ。
それ以来、電気毛布を使わなくなってしまった。

高血圧の人とか、糖尿の気のある人などは特に要注意、と言う主張もされているが、自分の経験から考えてもなるほど、と思ってしまう。

【スポンサードリンク】



そういうわけで、こたつで寝たりすると水分を奪われ、脱水症状に至る、もしくはもっと深刻な体調不良に襲われることだってある、ということ。
これはぜひ知っておいていただきたい。

こたつはあくまで補助的な暖房器具!決して依存型の生活にならないこと

こんなところから、

こたつはエアコンとかストーブなどと同等なほどに冬の暖房器具と見なして利用するべきものではない。

そう考えてよいのではないだろうか。

確かにこの時期、リビングにこの暖房器具を置かない人はいないだろう。
だが、脱水症状がどれほど危険な病気を引き起こすのかはいままでのないようでわかると思うし、結局体から水分を奪うわけだから、基本的に女性にとって美容にもよくないはずなのだ。

もちろん冬場、数人で集って鍋料理などをワイワイ食べたりする時など、こたつが大活躍する場合だってある。
ネコだって丸くなるし 笑。

footwarmer2

そうしたよい面はワキに置いておくとして、あくまでも他の暖房器具の補助的な位置づけとして、考えておけばよいのではないかと思う。

そして、長時間入りっぱなしになるくらいの時間の余裕があれば、外出したり運動したりする方がよっぽど体によい。

どうしてもこたつに入りたい!という衝動に駆られたらむしろベッドで布団にくるまって煎餅やミカンを食べて過ごした方が健康的・・・ではないだろうか 笑。

(増淵夕子)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top