Woomedia

縄跳びダイエット方法の時間はどのくらいでいつがオススメ?下半身引き締めに最適!

縄跳びダイエット方法というのが数あるダイエットの中でもすごく効果的な方法として大変人気だ。

場所もとらないし縄跳びの縄一つあれば自宅でもできたりする。
それでいてジョギングと同じく脂肪を燃焼できる有酸素運動でもある。

そしてさらに、ジョギングよりも体全身の筋肉をまんべんなく使う運動なのだ。
なのでバランスよくダイエットすることを目指せるし、基本「跳ぶ」運動なので、とりわけ下半身を補足するのにはうってつけだ。

そんな縄跳びを本格的に始めようとすると、どのくらいの時間行えばよいのか、そして一日のうちいつ頃が一番効果的なのか?

そんな疑問に思い当たることだろう。
それを順を追ってご紹介しよう。

【スポンサードリンク】

縄跳びは跳ぶ回数と時間をムリのないペースで

結論から言えば、まずダイエットを目的とする縄跳びダイエット方法は、最低20分間続けること、そして各1分ごとに一回跳ぶのが目安だ。
なので1分に60回。

もちろん最初のうちから20分間を通して続けることなど普通では難しいはずだから、たとえば5分とか10分、それでもきつければ2分にいっぺんくらいの休憩を入れてもよい。

また最初のうちはまだ跳び慣れず足に縄が絡まったりすることが多いので、1分60回という回数にも最初からこだわらなくてよい。
あくまでも目標とする数字が最低20分、1分60回になるということだ。
jumprope2
なぜ20分以上運動する必要があるかといえば、有酸素運動の効果を実現する必要があるからだ。

よく言われるのが有酸素運動、つまり体の脂肪を燃焼する運動を行うためにはジョギングなどでも20分以上走り続ける必要があるということだ。

縄跳びはジョギングよりもカロリー消費が速い。
だいたいジョギングよりも1.3倍になるという、非常に効率的なスポーツだ。
とはいえ、やはり目安として最低15分~20分が継続して行うべき最低限の時間ということを主張する意見も多い。

ただ、この運動時間が過ぎた時にいきなり脂肪の燃焼が起きるというわけではないし、その前にも燃焼は起きている。
なので20分を3回、4回に分けて休憩を入れても大丈夫だし、何より大切なのはなるべく毎日行うようにして継続させることだ。
普通のダイエット運動でもそうだが、継続こそが痩せるカギとなる。

なお、20分に達する前には脂肪でなく、主にということになるが、体の糖分を消費してエネルギーを発散することになる。

私などはどちらかというと糖質タイプの方で、むしろ脂肪で太っているのではないようだが、縄跳びダイエットはそんなわけでどちらも効率よく消費してくれる。

縄跳びを行う時間は朝、朝食前がベスト

そして縄跳びはいつ行えばよいか、という点だが、これはまず朝、それも朝食前が一番よい。

なぜかというと朝食前というのは何の栄養も補給していない状態であるため、そのまま運動することで体内の脂肪を燃焼するように体が調節される効果がある。
つまりダイエットに最適な時間なのだ。

なまじ朝食を食べた後でやろうとすると食べたものによるエネルギーを使ってしまうことになり、脂肪が燃焼しづらくなってしまう。

そして、そのように朝運動することによって体内時計もリセットされて体がきちんと目覚めてくるし、発汗による体温調節を通して自律神経をも整えてくれるので、夏バテなどにもなりにくくしてくれるのだ。

なので本気で痩せよう、本格的に始めようとするならば少々早寝をするようにしてその分朝早めに起き、縄跳びを20分行うことをオススメする。

【スポンサードリンク】

縄跳びダイエット方法の注意点!これだけは気をつけて!

ただし、朝にいきなり縄跳びなどを始めようとするのは危険が伴うことが多い。
なぜかといえば起き抜けにそうした運動をする時には必ず体は硬くなっているままだからだ。

そのように筋肉が固いままで運動すると、時には肉離れなども生じたりする。

特に冬場とか春など、まだ朝が寒い時期にいきなり運動しようとするのは思わぬけがを誘うことになる。そうなってしまえば縄跳びどころか仕事にも差し支えるようになってしまう。
よくあるアクシデントはやはり足首を痛めたり、つったりねんざしたりするものだ。

なので始める前にはまず準備運動を欠かさないこと。
縄跳びは体全身を使うのでラジオ体操など、体全体をまんべんなくほぐす運動がオススメだ。
それに加えて主に足の筋肉を使う運動になるため、足腰、そしてアキレス腱のストレッチを十分行うようがよい。

また、朝食前に一番効果的だからといって何も口にしないまま縄跳びを始めるというのもよくない。
人間は寝ている間にコップ1杯ほどの水分を放出しているので、下手をすれば脱水状態を招きかねないからだ。

なので始める前には水分を適度にとっておくようにするとよいだろう。
jumprope4
そんなわけで縄跳びダイエット方法の利点と注意点を見てきたのだが、あくまでも有酸素運動全般に言えることとして、三日坊主にならずに継続することを念頭に置いておいていただきたい。

レビューなどを見てみると確かに縄跳びダイエット方法を始めて1週間くらいで2,3㎏も痩せることができた、という感想もあったりするが、それで満足してやめてしまえば当然リバウンドとなる。

リバウンドになったら痩せ直すのに大変な努力が必要だ。
一度運動を始めた後でやめてしまうと、始める前以上に太ったりすることが多い。
なので何かの都合などができて途中でやめる場合はしょうがないが、始める前にはこのことを十分わかっておかなくてはならない。

そして毎日がきつかったら一週間のうち5回、4回にしてもよいし、どうしても仕事の都合で朝20分も時間がとれないようだったら、朝10分、夜10分に振り分けてもよい。

毎日行うのが理想だが、社会人である以上は自分のペースに合わせることが継続のためにも必要になる。

私なども勤め人の頃は残業が連続して、朝どころか夜に縄跳びもできないような期間があったりした。
その後で体重計に乗ると悲惨なもので、泣きたくなったものだったのだが、むしろそんな時は体重計にあまり乗らないでいた方が精神的にもよかったのかも知れない。

人によりけりだと思うが、体重が増加した時のショックの大きさが個人によっても違うと思うので、そんな事実と正面から向き合う心の強さのある人ならば体重の確認を怖がるべきではないだろう。
逆に私のようにうつ気味になりやすければ、「今はしょうがない、後で必ず痩せてやるぞ」とスルーしておいてよいと思う。

30代以上の女性にとって筋肉ダイエットが基本になるが、スポーツによって筋肉が整うのはどうしても2ヶ月後が目安となる。
少なくともそれまで継続する気持ちは持ち続けていただきたいし、そこまで続けば今度は習慣付いて毎日の縄跳びも楽に、そして楽しくなるに違いない。
ぜひがんばっていただきたい。

(増淵夕子)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top