Woomedia

アラサーで独身は負け組の温床なのか 意外と見落としがちなあることを大切に

特に私たちアラサー以上の年齢の独身の女性によく言われることだが、30過ぎても結婚していないとやっぱり肩身が狭いもので、その世間の風潮から負け組だということをよく言われる。

この頃は結婚年齢もかなり高くなってきていて、40過ぎて結婚する事もよく聞かれるが、それでも身体的なことを中心に、女性はやっぱり20代の前半で結婚して子供や家庭を持つべきだ、というのがいまだに標準だ。

それからすれば確かに30過ぎても私たちのように結婚しない、もっと正しく言えば結婚できない女性というのは負け組だということになるのもしょうがないかも知れない。
だがここで考えてみたいのだが、果たしてそれだけで勝ち組負け組が決まるものだろうか?

【スポンサードリンク】



アラサーの独身も負け組だが、他にも考えようによってはいくらでも負け組が

私も20代後半、アラサーから婚活を続けているがその甲斐なくいまだに独身のままだ。
つまり婚活を失敗続きで、結婚できた、出来ないという意味では確かに負け組になるし、それなりに劣等感もある。。

独身で未婚を意識する度に確かにそういう寂しさつらさは感じるしかないのだが、一方こんな意見もあったりする。
知人の主婦女性の一人が言う言葉だ。
「結婚しようとしても出来ないのは本人の努力が及ばないだけでなく、やっぱり縁というものがあるよね。だからいちがいにそれをとらえて勝ち負けを付けるって言うのもどうかと思うわあ。

「私なんかも確かに20代の終わりに結婚したし子供もいるけれど、そこでもあらためて勝ち組負け組が出てきたりするやん。つまり旦那のできが悪いとか稼ぎが少ないとか、子供が大きくなったらデキがよい悪い、という意味なんかでも負け組って絶対あるし。

illumination

「由緒正しい大富豪なんかと結婚してのうのうと暮らしても、それがまた勝ち組かどうかって言うとやっぱりどうかやね。人間なんて大体長生きしてもみんなせいぜい寿命が100歳くらいやん。どこでどう勝ち組になったなんていったって200歳300歳まで生きられないよ。

ずいぶんとハナシを広げる彼女だが、ちょっと変わったところがあるのがこの女性の性格だ。
要するに彼女の言い分は、アラサーで独身という、そんな状態が即負け組になるということじゃない、というものだ。
世間がそういう考え方でいるのは仕方ないとしても、言われた自分たちはもっと視野を広く持つように、と語るのだ。
確かに説得力はある。

【スポンサードリンク】



結婚できても負け組はいくらでもある

もう少し彼女の言い分を続けよう。
「どうしてもアラサーとか独身とかいうと、その状態にコンプレックス湧いて、負け組のレッテル張りを世間からしている通りに自分でも受け止め勝ちなんやけどね。
でも結局そんな勝ち負けって家庭持とうがついて回るやん。

「私の実家のまわりにだって結婚したけど旦那の浮気で離婚したり、生活に困って一家離散なんてことあるし、そんなんだったら結婚しなかった方がええんちゃうかな。

「有名な芸能人とか、いかにも金持っていそうだし、海外旅行とか豪遊とかするような人間も大勢いるかも知れへんけど、よく見たらそんな連中、平均寿命にたどり着けずにけっこう若死にしとらへん?ガンなんかの病気になって。

「だから一時結婚が遅れた、結婚相手が見つからなかったと言って人生全部に対して私は負け組です、と自分で思うのはどうかな、なんて思うわ。

自分で自分を惨めなものにしないこと

この友人主婦、結婚しているということもあって、一見こうした語り口は高飛車な口ぶりのようだが、実のところ霊感の強い女性で、親しい友人たちの間でも人生相談なども受けたりすることもある苦労人だ。
一風変わっているのだが、なかなかどうして芯がまっすぐで、ずばずば切り込んでくる。

encounter6

彼女の言うことをまとめれば、負け組という言葉を投げかけられることで、自分がそれに振り回されることこそNGな行為だという。
「自分でちゃんと誠実に、婚活で相手を探して生活していれば、それだけでがんばっているって証拠やん。自分に正直にがんばればええよ。それ以上がんばっても体や心を病んだりするしね。

「負け組という言葉を気にするよりも、なぜ自分は婚活でも失敗するのか、それを客観的に判断して、その上で改善すべき所を改善すれば大丈夫と思う。一番怖いのは、自分の分を超えて高望みして、自分に嘘ついたり相手を騙したりすることやね。

「背伸びしすぎず自分の身の丈を見直してみるとええよ。自分に素直になるとすごく楽になるよ。自分の周囲の人たちに対して親切に、優しくするコトってすごく大切なんや。そういうのをちゃんと見る人は見てくれるよ」

何かお寺で説教されるような気がしてくるのだが。笑

でもまあ、間違ったことは言っていない、それは伝わっているんじゃないだろうか。
婚活でも考えてみれば、みんなよく出会う相手のスペックを高くして無意識に“防御”しているとも言えるかも知れない。
それはそれで現状ではマストだとは思うのだが、相手のどこを見るべきなのか、そこには勝ち組負け組の判定はあるべきものではないだろう。

30代40代、あるいはそれ以上の年齢でもよい。
心底誠実に結婚したいという気持ちさえあれば、やがてそんな出会いも出てくるに違いない。自分を偽って結婚したり生活するのが負け組と言えるのかも知れない。

彼女の言葉、いろいろと考えさせるものがあるのではないだろうか。

(増淵夕子)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top