Woomedia

30歳過ぎて独身の女性は不安とつらさがひしひし迫る!取り残されないために必要なこととは

とうとう独身のまま30歳に突入してしまった。
独身女性が30代で結婚相手を探すとなると20代の頃よりもケタ違いに厳しくなる。
でもそれが現実だ。

私が30歳の誕生日を迎えた時、こんな不安が山のように襲ってきたことを思い出す。

このままズルズルと行ってしまうのだろうか、という不安、そして独身のつらさが同じように身に浸みる女性は多いはずだ。
だが、そんな私でも一度だけ婚活の場で成功しかけたことがある。

実はその時私がこだわったことがあるのだが、他の方たちにとっても何かの参考になればと思うので、ちょっとお伝えしよう。

【スポンサードリンク】



婚活の失敗に振り回されてはならない

30歳の誕生日が私にとってはちっとも目出度いことではなかったし、それ以降、毎年来る誕生日の旅に落ち込んでしまうのが常だ。

だが、落ち込んでばかりもいられない、とそのつど這い上がってというか、出会いを求めて婚活や街コンに出かける。
もちろんそれでいて収穫は無し。
彼氏が出来たとしても一時的なもので、またさっさと破局してしまう。
そんな繰り返しだ。

酷な話だが、男性の目から見れば30歳を過ぎた独身女性は20代の女性よりもメリットが少なくなる。
だから不安になるのも確かだし、私自身不安な気持ちがいつまでも続く。

だが一番肝心なのは、自分で自分を結婚できなくしてしまうこと、これを絶対避けることだ。

自分は結婚できない、一生独身のままの運命な、などと思うのは自由だが、いつもそういう気持ちでいると自然とそういうものは相手にも伝わるものだ。

そして自分の行動の端々にもそんな気持ちは影響して、心の底では結婚したい願望がありながら、それをしまい込んでしまって、その反動と言うべきなのか外見上では非常にクールでドライに振る舞っている。
そんな友人女子をよく見かけるし、私自身もそんな気配があると言われてしまうのだ。

single

そうなるとふとしたことが縁になって出会いのきっかけまで無くしてしまうことになる可能性もある。
その一つの典型が、独身の30歳以上の女性の友達ばかりが集まって不安や独身の鬱憤を話しまくるという行動。

日常生活についてのグダグダはまだ良いのかも知れないが、果ては男性の悪口まで飛び出たりして、これがそうしたツキをつぶしてしまうように思う。
男性だって決して耳をふさいでいるわけじゃない。
どこかで必ず、そんなふうにしゃべっている自分の姿は伝わってくるものだ。

確かに女同士チャットなどでストレスは解消出来るものだが、その話題とか方向性はけっこう問題ではないだろうか。

結婚相手に高望みをし過ぎないこと

婚活で良くある話だが、男性側も女性側も同様に、お互いを高望みする傾向があって、結局それが一番出会いを妨げている、というのはある。

なぜ高望みをするかと言えば、やっぱり将来を考えればしょうがないことだ。
なまじ年収が低くて仕事も常勤ではない不安定、そしてギャンブルとかにはまりやすい男性が相手になる事は避けたいし、男性側にとってもそれは同様だろう。

友人知人や親類縁者に怪しい人間がいたりする、または性格的にずいぶん変なところがあったり、または病気持ち。
そうした自分自身について、相手にどれほど真相を言っているのかさえわからない。

そんな地雷、誰も踏みたくないわけだし、だからお互い高望みに走るしかない。
だけど多くの独身女性が身に浸みて理解していると思うが、そうやって自分を防備しながら婚活しても、それこそ砂の中にダイヤモンドを見つけるようなもので、まずあり得ない。
だからどうしてもその高望みをやめることが大切になる。

【スポンサードリンク】



習い事やスポーツで人を見る目を養うこと

ただ、だからといって闇雲に高望みをやめればとたんに「危険な目に会う」リスクはある。

そうであれば、そんなリスクを軽減する方法を考えればよい。
一つの方法として、婚活も大事だが、一方でそれを兼ねながらテニスなど、男性と自然に出会えるスポーツを手がけてみるのも良い方法だ。

私は仕事が不定期になっているのでなかなか時間が取れないのだが、常勤のOLの方々などであれば、週末を利用して定期的ににそんな運動の時間を取ることも出来るだろう。
スポーツの良いところは、体を動かすことでストレス解消にもなる。
婚活の失敗でウツウツしている場合にはピッタリではないだろうか。

同じ理由で、料理教室に通うのも面白い手段だと、私は思っている。
最近では独身の男性も料理に関心のある人が増えていて、男性が料理教室に通いたいというアンケート結果が4割にもなっている。

独身であっても女性で30歳を過ぎれば、それなりに料理にも自身のある人たちばっかりだろう。
狙い目の男性に横から教えて上げたりしたら、けっこうイケるんじゃないかな、というのが個人的な意見だ。

もちろんそれ以外にも学生時代、楽器を演奏する様なサークルに入っていれば、地域の吹奏楽やオーケストラなどに参加しても良いはずだ。

そんなふうに、一直線に婚活というわけではなく、寄り道的な婚活を考えればいくらでもアレンジがある。

そうした間接的な婚活を通して、一緒に活動をしている男性と出会いながら、彼らを見る目を養っていくこと。
これが一番重要なことだ。

婚活の場で高望みするのは、結局のところ自分が男性を見る目がない、それを自分でわかっているために他ならない。

loneliness

それを徐々にではあるが、不安を取り除きながら改善することが大切だ。

そんなわけで、自分がやってもいないのにアドバイスとはおこがましいのだが、時間が出来たらもちろんやってみたいものばかりだ。

自分の趣味も伸ばすことが出来るし、こうした間接的な婚活で、ぜひ男性を見る目を養って将来に余裕をも持っていただきたい。

(一ノ瀬恵美)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top