Woomedia

迷惑電話の対処法で100%完璧な方法!?「こんなのどう?」みたいなチエ!

迷惑電話は私たちの生活に必ずついて回るかも知れない。

聞くだけでもウンザリする営業や勧誘、果ては法律的にアブナイ様な迷惑電話。
その対処法もピンキリ的にいろいろ言われているけれど、ハッキリ言ってどれもピッタリ止めることは出来ない。

でも、そんな迷惑電話の対処法として、100%確実に止めてしまう方法があるかも知れない。
最近私が気付いて、やっている方法がそれ。

ものすごく奇想天外かも知れないけれど、もしも貴女が今までネット上などで挙げられている迷惑電話の対処法にヘキエキして苦虫かみつぶしているようだったら、ちょっとお教えしてみよう。

ハッキリ言うけれど、聞いてみたら当たり前、そして徹底的に限定付きの方法になる。

【スポンサードリンク】

迷惑電話に疲れ切ったらこれしかない?

私がこの対処法に気づいたのは、週末のくつろげる時に決まってかかってくる、ワケの分からない怪しげな勧誘だか営業だかの迷惑電話。

その電話がかかってくるたび、ウンザリして腹が立ち、せっかくの休日が台無しになってしまう。
スマホ
だから、「そんな迷惑電話のこれ以上はない、100%の対処法というのはないのか?」
私自身の生活をも脅かす魔手。
これをどうやって徹底的に叩き潰すかが大問題だった。

電話の電源を抜く

早速だけれど、その対処法、たったの5秒でお伝えしてみよう。

固定電話の電源を抜く。
スマホの電源を切る。

つまり、電話の機能をすべておシャカにしてしまうことだ。

こうすればいちいち電話が鳴る音に煩わされることもない。
電話に出る必要もない。

もちろんこれにあきれる方もいるに違いない。
でも、これこそ確かに100%確実に迷惑電話をストップさせる方法ではないだろうか?

かかってきたら誰もが不意を突かれる&上手く対応できるわけじゃない

よく、ネットで迷惑電話の対処法だとかいっていろいろな『電話の出方、話し方』などを教えたりしているページがある。
それはそれで貴重な情報かも知れない。

けれど、そもそも電話に出ること自体がもうウンザリしている人は多いはずだ。

それどころか、そんな迷惑電話がかかってくることを前から想像してしまって、それだけでイヤになっている。
もしかしたら貴女もそうではないだろうか?

少なくとも私はそうだった。

そして、付け加えればたとえそういう対処法を知っていたとしても、みんながみんなそれをいちいちそんな迷惑電話に出て的確に言えるだろうか?

絶対にムリだと私は思う。

【スポンサードリンク】

 

誰もがそんなに話が上手なわけじゃない。
そして、むしろそんな迷惑電話をかけてこようとする連中の方がずっと私たちよりも「電話慣れ」している。
そんなネット上での対処法、先読みしている迷惑電話の主だっていたりするにちがいない。

そして、相手から電話がかかってきて、それを取るのは大きく後者に不利な条件が備わっている。

まず一つには、繰り返すけれどかけてくる向こう側、つまり迷惑電話の主は、前もってこちらが同対応してくるのか、それなりにテクニックや準備をしている。

ところがこちら側は基本的に不意を食らわされてしまう。
いつかかってくるかも分からないからだ。

そんな風に考えれば、迷惑電話を考えるたびにストレスだ。

だから一番の対処法は、迷惑電話がかかってくる大元を取り除いてしまうこと。
これ以外にはない。

電話を通じさせる時間を限定

ただ、こういう対処法を目にした貴女は
「電話の電源抜いたらふつうの電話もかかってこないじゃない」
「その時間に大切な電話がかかってきたらどうするの?」
となるだろう。

言われるまでもなく、貴女の反応は当然すぎる反応と言える。

そこで私が考えて、実行している対処法を第2弾としてお話ししてみよう。

それは、電話の電源を入れて通じさせる時間を限定してしまう、ということ。

考えてみれば、よくかかってくる迷惑電話にはある特徴がある。
少なくとも私のケースだ。

それはかかってくる時間帯。

一番最初にお伝えしたけれど、私の場合には土日の週末に迷惑電話が多い。
だからそういう日にはなるだけ電話の電源を抜いてしまうようにしている。

そして、そういう時間には友人とかから電話がかかってくることはないように、前もって友人たちには教えていた。

要するにあまり大切な電話を受けることがない日にちとか時間を、迷惑電話がかかってくるのと重なるようにした。
そうやってできるだけ周りの人間関係とトラブらないようにしてみたわけだ。
電話
もちろんそれでも緊急の電話などが、そういう時間にかかってくる場合だってある。
そして、そんな場合にはどうしようもない。

だからハッキリ言って、本当に自己責任になるし、手放しでオススメできるわけではない。
これは重々ご理解しておいていただきたい。

もっと良い方法を誰かが考えてくれるかも

そんなわけで、いろいろと迷惑電話の対処法、すごく奇想天外だけれどお伝えしてみた。

もちろん、実際には生活上の都合もあったりで、なかなかこんな方法をとても取れそうもない人も多いかも知れない。

特に仕事場にかかってくる迷惑電話は、イヤでも出なければならないし、それこそしっかりと電話に出た時の対処法マニュアルをしっかり飲み込んでおく必要がある。

でも、こんな迷惑電話の対処法は少なくとも私自身、ネットでも見たことがなかったし、その意味で斬新さがあると感じている。

だから、もしもこういう発想にヒントを得て、もっと優れた対処法をどなたかが考え出してくれるかも知れない。
そんな風に願っている。

増渕夕子

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だからこそ世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top