Woomedia

YouTubeの広告がホントに邪魔!カンタンにできる逃れ方をご紹介!

YouTubeの動画を見ようとすると、毎度のように出っくわす広告。
見たくもないのに本当に邪魔!
だけど、広告を見たくなきゃ、ぶっちゃけYouTubeを見ないようにするしかない。

それでも最近は、
「いや、邪魔なYouTubeの広告、こういうソフトウェアを使えばいいぞ!」
みたいに知恵をつけてくれるサイトだってあることはある。

でも、これって難しくないだろうか?
私もやってみたけれど、いろいろ不便なところもあって、終いにはやめました。

それよりも、私の友人が精魂傾けて(爆)考えついた、という邪魔なYouTubeの広告を撃退できる方法。
そんなのがありまっせ(なんで関西弁?)。

それをちょこっと公開しちゃいます!
難しい操作なんか抜きで、邪魔な広告とおさらば・・・できるんじゃないかと。(爆)

【スポンサードリンク】

邪魔なYouTubeの広告は「聞こえなくする」がイチバン!?

何しろ最近では、個人がYouTubeであげている動画もどんどん増えて来てるけど、出てくる頻度だって増えているみたいだ。
中には同じ広告を2連チャンやらかす、本当に邪魔で下品なYouTube広告だって出現してきている。

このストレスフルな社会で、YouTubeの動画でも見てくつろごうと思っているさなかに、こう邪魔なものが増えたらたまったもんじゃない!

その動画の広告を消すのに一番よい方法、友人が見つけてくれました。
というか、私の中では一番効果的です。

ぱっぱと言ってしまうけれど、それは、

YouTubeを見ていて広告になったら、すぐに音を消してしまうこと。

パソコンの音量ツマミでもYouTubeの画面下に出てくるツマミでも、それをクリックして消音してしまえばよい。

広告は音が消えればすごく楽?

じつはこれだけで、すごい回避の方法になっている、と友人が“豪語”している。
で、私もそれに今は大賛成。

いえいえ、実は私も彼女に勧められる前、YouTubeの広告が画面に現れてしまっているままだったら、効果ないんじゃないか?みたいに考えていた。

でもやってみると、そうそう馬鹿にできたもんじゃない。
それどころか、音を消してしまうと広告というのはアピール度がガタンと落ちる!
そしてうざったさが、本当にずいぶん楽になる。
初めて私は気づいた。

結局、広告というのは、それをはさむ本来の動画とか映像よりも音量を大きくして、それで視聴者にアピールするという狙いもあるにちがいない。
だからそれを逆手にとったのが、この方法になる、といえるかも知れない。

広告のイヤな手口!?音量を上げて無理やり視聴者にアピール

そもそも、本来視聴者が見たがっている動画の合間に出てくるんだから、そんなものが面白いわけがない、そんなことは広告の制作者側だって間違いなくわかりきっていることのはずだ。
それを音を大きくして無理矢理視聴者に襲いかかって、強引に気を引こうとするわけになる。

そうするとどうしても、映像ももちろんだけれど、音量も目立つように大きくすることになる。

音というのはやっかいで、耳に聞こえてくる音を遮断するのはなかなか難しい。
耳を塞ぐのも手かな?と私も思ったけれど、それでも完全に音を消せない。
だから音量のツマミをパッと操作して消音。
残った映像の方は、顔をそむけてスルーすればよい。

【スポンサードリンク】

有名なAdblockは一長一短?広告も消えるけれどリンクも消える!

ここで私のように、よくYouTube の動画などを見る人は知っていると思うけれど、こういう動画サイト、さらにはブラウザにじゃんじゃん出てくる広告を消すのにうってつけのソフトウェア、というのがある。
Google Chromeで利用可能なAdblockというのがそれだ。

私も使ったことがあるし、YouTubeじゃないけれどいまだって特定のサイトとかでこれを使うこともある。
確かに便利なソフトウェア、と思う。

Adblockの二つの泣き所

けれど、どうしても私はAdblockで広告を消すことに頼りっきりになれなかった。
その理由が二つある。
多分Adblockを使っている方の中には、同じように悩んだ方もいるんじゃないだろうか?

一つには、まずAdblockのインストールから始まって、このソフトウェアの操作を覚えていなくてはならない、ということ。
確かにそれでも、操作は簡単なソフトウェアなのかも知れないけれど、私のようなPC音痴にとっては、操作を間違えたり忘れてしまったりとか、けっこう不便を感じてしまう。

もう一つの泣き所。Adblockをいれると、YouTubeはともかく、パソコンのブラウザ上で、使いたいリンクをクリックしても飛べなくなってしまうことになる。

つまりリンクまで無効になってしまうのだ。
これが超イタい!
それで、どうしてもリンクを使いたい時には、いったんそのページ上のAdblockを無効にしなくてはならないのだ。

結局こういう面倒が発生するので、普段のPC使いのときにはAdblockをやめてしまったりした。

で、その設定にしたまま、忘れてYouTubeで動画を見ると、またまた例によって邪魔〜な広告と再会。
うるさい、でかい邪魔な音量が鳴ってしまう。
この悪循環になっていた。

そういうわけで、やってみればおわかりと思うけれど、ちょっと音を消すだけでもすごく広告は邪魔に感じなくなる。

残る映像、画面の方については、友人も言っているけれど,別に見る必要もないし、音が消えれば顔をそむけてしまうことだって簡単だ。
Adblockのような面倒もないし、ちょっと音量のツマミをいじくるだけの操作だから、試しに実行してみることをおすすめしたい。

広告を入れすぎた動画はやがて消えていく?

ただ、これも友人が言っていたけれど、確かに最近では動画の広告は多くなってきているけれど、ゆくゆくはそういう動画は長続きするものが少ないんじゃないだろうか?

もしかしたらこのあと何年か後、そういう動画は自然淘汰されたり消えていくのかも知れない。

一ノ瀬絵美

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だからこそ世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top