Woomedia

婚活女性は身の程知らず、わがままだろうか 成功の秘訣は「ある一つのこと」が必要では

婚活女性もアラサー、アラフォーあたりだ高望みが多くなる、とか身の程知らずになる、などとよく言われる。

本当にそうなのかと言えば、女の側から考えても、確かにそう言えるかも知れない。

もちろん私も含めて女性にも言い分があるし、それももっともだと言うべきものだと信じている。
大方の婚活女性は同じように考えているだろう。

ただ、ちょっと視点を変えて婚活の「今昔」を考えて見れば、何か昔はけっこう婚活に有利な条件があったのに、今はそれがめちゃくちゃ少ない!
そんな思いに行き当たるのだ。

【スポンサードリンク】

要するに、婚活で成功できて、しかも昔はよくありがちだった“婚活に有利な条件”が今では根絶やし状態だと言うことである。
だから、これをクリアできればかなり30代婚活女性でも結婚率が上がってくるんじゃないかと思う。

その“婚活に有利な条件”というのは一体何なのか?

もったいぶるわけではないが、その前にちょっと婚活女性、特に30代女性の婚活と成功の実態について考えてみたい。

ハッキリ言って私も婚活の真っ最中。
だからいろいろと婚活の情報を調べたり、自分なりに努力はしているつもりで、この記事を進めてみた。

よく婚活女性が高望み過ぎる、身の程知らずだと言われるほどに相手の男性の条件をレベルアップしていることは私も承知している。
友人や仲間の30代未婚女性もやっぱり同じような条件を出しているし、私も実はその一人からだ。

同年代の婚活男性は、年収で大半は婚活女性の条件から振り落とされて残らなくなる

仲間と話したり調べたりした結果、大体30代婚活女性がお相手男性に望むのは、

・身長で170㎝以上(もちろん高すぎてもダメ!というお仲間多し)
・年収で600万は最低でも行っている
・年齢は自分たちより離れすぎていない、大体5歳前後くらい
・(人によるが)ルックスはイケメンとまで行かなくともそこそこ
・学歴も自分たちと似たり寄ったりくらい
・舅・姑と同居ヤダ
・バツ無し

というところだろう。
多くの婚活女性から見れば納得だろうと思う。

だが、それでも男性側からすればどうやら身の程知らず!と呼ばれる可能性があるというのだ。

その一番の原因は年収

野村総研などの統計によれば、アラサー世代の婚活女性と同年代の30代バツ無し未婚男性、わずか2%しかいない。
この数字を知っている女性は案外多いかも知れない。

だがこの時点で多くの30代・未婚の婚活男性はハジかれてしまう、というか、おそらく婚活女性のお眼鏡にかなう男性は目の前から消えていくことになる。

女性たちにとって男性の経済力は確かに欠かせない一大要因だ。
だが現実はこうなるし、他の条件が多少は飲めたとしてもまずこれで多くの男性は振り落とされてしまうことになる。

女性からすれば幸せな家庭を築くためには譲れない、
だけど現実にそんな男性、いないに等しい。
しかしながら、女性としてはそんな現実をあえて受け入れて婚活に努力すするしかない。

婚活の厳しさ、つらさはこのあたりにあるだろう。

同年代の年収たっぷりな婚活男性はアラサー女性に目もくれない

そしてもうひとつの要因。

仮にそうして年収600万円を超える稼ぎを続けている30代男性がいるとしよう。
その男性、同じ年代の私たちをパートナーに選ぶだろうか?

答えは絶対に「No」!

そんな男性であれば20代後半の女性を狙ってもおかしくはないからだ。
痛すぎる現実だが、年齢となるとどうしても若い女性にはかなわない。
男性側も女性を選んでいる。
そのことをお忘れなく(泣)。

dispair

このことを仲間の女友達と話し込むと、若い女の子にばかり注目する男性についての悪口が始まってしまうのだが、結局、どんなに婚活をしようと30代も後半になってくると、

婚活で成功する女性は2%

この冷酷な数字がハネ返ってくるのだ。

【スポンサードリンク】

誰でも婚活で成功できる条件があるかも知れない

婚活で暗いハナシになってしまったのだが、それで最初のテーマ、

「婚活で昔は有利な条件があった」かもしれない。
だから、昔と同じ条件が整えば、婚活もかなりうまくいく確率が大きくなるかも知れない。

ということに立ち戻ってみたい。

そもそもこれだけ男女で結婚しようという願望があふれかえっているにもかかわらず、高望みとか、果ては身の程知らずとか言われてしまっては不平が増すばかりだ。

昔の仲人のように、「人を介して」結婚できる方法があればよいかも

昔は、つまり私の祖母の世代くらいになると、それぞれの町内や地域で、有力者や顔役が世話をして同じ町内の年頃の男女をめあわせる「お見合い」があった。

このお見合い、現在も「お見合いパーティー」などであるにはあるが、よくよく聞いてみると今のものとはずいぶん違う。

めあわせるきっかけを作った有力者などの“仲人”は、二人が結婚後した後もちゃんと面倒を見てくれることが多かった。

それだけではない。

めあわせる二人、双方に対しても、周囲に対してもその仲人が社会的な信頼と保証をしてくれていたのである。
つまり結婚する2人の人品骨柄、それらについて仲人は一切の保証をしてくれていたし、仲人という存在はそれだけ社会的に信頼の置ける人物でもあった。

そんな社会では、結婚を希望する相手が仲人から異性を紹介されれば、仲人の人間性を見て結婚を承知していたし、またそうしたケースが大半だったとも聞いている。

要するに、

信頼できる人間から紹介された結婚相手だから信頼できる、
自分の身の程をよく知っている人から紹介されたから間違いない、

という風に、数字やデータによる婚活ではなく、「人への信頼」を使っての婚活だった。

仲人という役目は大変で、縁を取り持つ2人を行く末まで見守る必要があるし、何か二人の間でトラブルが起きたら、間に入って取りなしや解決も迫られる場合もある。

要するに結婚の後も大変だし、場合によっては彼らのために散財する可能性もある。損得ずくでできる役割ではないのだ。
昔はよくこんな「若い人のために一肌脱いでやろう」という人が多かったのだろう。

そう言う意味では、今の結婚相談所などもかなり今風になっているし、本来的な仲人という役目からは離れているかも知れない。

多くの婚活女性が抱えている悩み、というか、無視しているこうした“人的資源”、 つまり「人の信頼」を介して結婚できれば、婚活のデータで嘆く必要も無いのではないだろうか。

marriage2

だからといって今の世の中に、昔通りの仲人というのは無理かも知れない。

だからその亜流と言っては申し訳ないのだが、会社の上司とか友人、両親と親しい年長の人たちなどに、折り入ってと相談を持ちかけてみるのも手なのかも知れない。

もちろんその時は、特に年長者へ願い事をする際にはくれぐれも礼儀を忘れないことだろう。
また、両親から頼む形にすればもっと重みが増すのではないだろうか。

地方ではこうした話、今でもあるかも知れないが、基本人と人がバラバラの都会では、か細いながらも人のつながりが、それだけ貴重になるだろう。

私なども婚活で高望みする方だ、身の程知らずだとよく言われてしまうのだが、本来こういう風に言われるのは、

「人を介しての出会いがない」

ためなのかも知れない。
人との関係をちゃんとしておくのは、こんな時にもよいのかな、とか友人と話している自分がいた。

(一ノ瀬絵美)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top