Woomedia

新型うつ病になりやすい人とは 30代女性でもかかってしまう心の風邪の治し方

私たちと同じ年代で、婚活や仕事にがんばっている人たちの中にはうつ病の一種である新型うつ病にかかる人も多いという。

今、日本のうつ病患者は700万人を超えるというが(平成23年度統計)、この数字は毎年微増している。確かに「心の風邪」と言われるほどに、相当な数の患者がいるのだ。
新型うつ病がこれに加わることで、更にこうした心身の病は複雑化するだろう。

そんな従来無かったタイプのうつ病になりやすい人とはどういう人なのか、自分の記憶を追いかけてみると確かに昔の職場でいたようだ。

【スポンサードリンク】



うつ病になりやすい人というのはたいてい多くの方々は決まったイメージで考えると思うが、仕事バリバリで責任感もある、きまじめなタイプだといわれていた。

だが、新型うつ病というのは、そんなイメージのいわば真逆を行くような特徴があるらしい。
つまり責任を嫌ったり、周りに責任を押しつける、うまくいかない原因を人のせいにする傾向があるというのだ。
そのために一見他人に甘えてしまっているようにも見えるらしい。

「なるほど、こういう人って会社にいた時もチラホラ女子の中にいたし、人付き合いもよくなかったな」
と過去を思いだしながら振り返る私なのだが、かくいう私自身もこのところ、婚活では失敗続きなこともあってか、少々うつ気味だ。
私の場合は従来型と新型のどちらなのだろうか? 笑。

新型うつ病 なりやすい人

そういった新型うつ病になりやすい人というのは、ひとまず10代、20代、そして私たちのような30代の、それも女性によくあるタイプらしい。

その原因が何かはいまだに医学的にわかっておらず、したがっていわば対症療法的な治し方しかないようだ。

ただ、新型も従来型も同じうつ病として共通の症状はあるようで、それは

・集中力が衰える
・何をしてもつまらない、生きる気概が湧かない
・何をしても喜べない、楽しめない

というものだ。

新型うつ病はこれに以下の症状が加わるという。
・過眠になりやすく、だから生活リズムが乱れたりもする
・仕事など、イヤなことに取り組む時は鬱の症状が出るのに、自分で楽しいと思うことには症状が出ない
・過食になりがちで、体重が増えたりする。

discomfort

私が20代後半の頃、出版社に勤務していた時にちょうどこんな風な同僚女性がいた。
彼女は仕事を始める時には本当にいや~な顔つきになり、同僚社員特にOLたちとはものすごい反発心というか、一緒になりたがらないという得意な性格だった。

私よりもちょっと前に入社した彼女、退職前にはデスクに座っても仕事をやっているのかいないのかわからないような風で、目の前のPCのキーを打つでもなく、両手の指先に何かを持って、それを机の上で弄り続けるのだ。

それを見かねた上司から、何度か呼びつけられていたことを思い出す。

その男性上司もしまいにはさじを投げたのか、呼びつけて自分のデスクの前にだら~んと断っている彼女に向かい、
「しばらく休めよ」
と言った。
その場に居合わせた社員全員が上司のその言葉を聞いていたようだ。
私にもはっきりと聞こえ、一時だがオフィス内全体が凍りついた感じだった。

【スポンサードリンク】



今思い出すと彼女ははっきりと好き嫌いを出す女性で、いちいちなにがしかの仕事を上司から言いつけられたりすると、明らかに動作がルーズだった。

個人的な意見なのだが、子供の頃からそういった嫌いなことでもやらなくてはならないということを家庭で教えられて育っていないのではないだろうか。
新型うつになりやすい人がいるとすれば、そうしたタイプのように思う。

その後彼女は退職した。
後で聞いたのだが、上司はその前にも何度かこっそり彼女を呼びつけ、彼女の「今後」をどうしたいのか相談という形で本人と話していたらしい。

新型うつの改善方法、治し方は生活習慣、身の回りのクリーンアップから

この様に新型うつ病は責任回避、責任転嫁そして周囲に溶け込もうとしない、嫌いなことに向かうと症状が出るという特徴があるのだが、この病気になりやすい人は一体に生活習慣を自分で律することがヘタ、というか努力していないという部分も強い。

だからまずそうした生活習慣からあらためるのが症状を改善したり、治す方法だと言われている。
まず下の方法がそれだ。

毎日の睡眠時間を定め、8時間以内とする

朝は7時とか7時半くらいに起きることを心がけ、そして日光に当たることを心がけるとよい。
日光に当たると体内にセロトニンという精神を安定させる物質が生成することを促し、うつの治療に役立つことが広く知られている。

特に冬場は日照時間が短く、朝遅く起きる人は日光に当たる時間が短くなりがちだ。
冬の朝、早く起きると寒いのでつい寝坊しがちだが、外出して外気に当たるのが不都合ならば部屋のカーテンを開けて窓越しに日光を浴びてもよい。

green

他にも

なるだけマメに自宅や自室を掃除する

こともよいと言われている。
身の回りが清潔になれば気持ちがよいし、達成感もある。
なので精神的にも安心出来るからだ。

そんなわけで数年前に同じ会社を退職した新型うつ病気味だった彼女、今は全く消息もわからない。
退職した時点でちょっと体重オーバー気味だった彼女だが、今は結婚でもして旦那、子供と気楽に過ごしていると思いたいものだ。

(一ノ瀬絵美)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top