Woomedia

乾燥で肌荒れがひどいといっても顔のスキンケアをしすぎないこと!何もつけないで美しいままの人もいることに注目!

乾燥とともにこの時期、本格的な冬の寒さが手伝って毎年のように肌荒れに悩まされる方は多いだろう。

ことに肌が直接外気と接触する手や顔は、一番肌荒れが気になるところ。

ただ、だからといってクリームやオイルを厚く塗るようなことをすると、よけいに肌に悪いと言われている。

つまりスキンケアもやりようではかえって肌をそこねることもあるのだ。

【スポンサードリンク】



保湿しようとして逆に乾燥肌を呼ぶことさえある

乾燥して肌荒れが生じた利した時、また例年この時期になると同じように乾燥肌になると言うことが心配で、早めにスキンケアを心がけて保湿に取り組む方は多いだろう。

だが、皮膚からの水分の蒸発を防ごうとするあまり、先に十分に水分を含んでいない肌に向かって保湿のために油分をコーティングしていることはないだろうか。

実のところ、こうしてしまうと元々水分のない肌に対して上から油の膜をつくると同時に、油分の量が多すぎては肌の角質層が本来含むべき水分の代わりに浸透してしまい、いわば油まみれになってしまうのだ。

そこまで行かずとも、この時期体内から乾燥が進むにつれて肌の方から水分が抜けて行き、乾燥肌が更にこじれる場合すらあるという。

これでは一時的に乾燥から肌荒れを防いだとしても、結局失敗になってしまう。

なのでまず風呂上がりやシャワーを浴びた後、肌がしっとりしている時にこうした保湿をすることが重要だ。

skintrouble3

私なども毎年乾燥肌で、それに慣れてしまっているところがある。
そうなると化粧もぞんざいになってしまうことがあった。

つまり表面上の荒れを消せばよい、という横着が手伝ってつい顔のスキンケアでも刺激の強いものに憧れたりしていたことがある。

また、ナチュラル感に好感を持ってオーガニックを謳い文句にする化粧品にも手を出した時もあったが、いずれにしても保湿の手順とスキンケアのやり過ぎは肌を傷めたり、過保護にしてしまう。

そうなるとやはりスキンケアにはマイナスだ。

セラミドとNMFの機能を最大限に発揮させることが乾燥肌への最大の防止

肌の保湿をつかさどる機能として一番重要なのは、肌のすぐ下にあるセラミド(細胞間脂質)、そしてその隙間にあって水分をとらえ、保持する天然保湿因子(NMF)。

この二つが上手く機能しないと乾燥肌を呼ぶことになる。
逆に、これらが十分に働いていれば、外気がどんなに乾燥していても乾燥肌になる事がないと言われているのだ。

なのでこのセラミドとNMFの機能が弱っている人が乾燥肌になりやすいといえるし、逆にそうでない人は冬場でももちもち肌でいられるというわけだ。

【スポンサードリンク】



だから、毎年冬に顔の肌が乾燥してぶつぶつが生じたり赤くなったりするとという、典型的に乾燥肌の症状で悩まされる方はこの二つの機能をしっかり保持させることが必要になる。

肌荒れでも過保護は禁物!健全な肌は健全な体から生まれる

だから一つには、この機能が目立って弱いと感じている、つまり例年乾燥する季節になって肌荒れで悩んでいると言って化粧品の宣伝文句に踊らされ、クリームやオイルをたっぷり塗るというのは必ずしもよい方法ではない。

むしろある程度は突き放して、微量でシンプルなスキンケアを心がけて状況に合わせていく事も必要になる。

そして特に敏感肌であれば、セラミドを含む化粧水を使い、不足しているセラミドを補うようなスキンケアがよいだろう。

聞いたことがある方は多いかも知れないが、NMFやセラミドの機能が万全な女性の中には何もつけないで過ごす場合もあるという。

そこまでするのはちょっと怖いと思う方も多いと思うが、いつもより少なめのスキンケアを顔に試してみて、肌の自然な強さを呼び覚ますようにする。
それでしばらく様子を見てはどうだろうか。

cosmetic

私の場合、今はこうした知識があるのでそれほどでもなかったが、入浴後に保湿はするものだという知識がなかったので、肌トラブルになったらとにかく油、クリームですましていた時があった。

というか、仕事にてんてこ舞いの毎日が20代後半には多くなり、満足に化粧ののりとか正しいスキンケアにかまうヒマがなかったということができなかった。

しかも仕事が押して寝不足になると化粧ののりが悪くなる。
そうなればイライラも手伝ってつい濃いめに化粧してしまうのだ。

30代になって、この頃思うのだがなんだか肌の老化が早まっているのではないか?
そんな風にも感じるし、20代のツケが回ってきた気もする。
仕事でがんばってきた同年代の女性は、同じような印象を持つ女性も多いかも知れない。

多分に毎日の食生活や週間もあるだろうし、肌は健康のバロメーターでもある。
20代よりも無理の利かなくなった30代、美肌のためにはアルコールや寝不足は控えめに、野菜果物を多く取ること。
そして失恋も心身の健康のためには控えめに、というところだろうか。笑

(一ノ瀬絵美)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top