Woomedia

佐藤渚アナが彼氏(柏木陽介)と婚姻届提出へ!珍しい組み合わせだけど、引退後は大丈夫なのか

TBSの佐藤渚アナウンサーに彼氏がいて、ちょっと珍しいがJリーガー・浦和レッズの柏木陽介選手だということが知られていた。

おめでとう!

と祝福の声を送りたいと思うのだが、心配の声も少しあるようだ。

一つには、サッカー選手が女子アナウンサーと結婚するというのはあまり聞いたことがない。
もうひとつは収入の問題があるという。

【スポンサードリンク】



プロ野球選手だったらイチローや松阪大輔も女子アナと結婚していて、10組あまりになるはずなのだが、

一説にはプロサッカー選手は引退後、収入が少なくなる傾向があるともいわれていることがあげられる。

soccerball2

ただ、それも織り込み済みとして今回2人が結婚を決めたのだとも思うし、日本代表にも選ばれている実力の持ち主。
そうそう引退後が結婚の負担になることもないのではないか。

数ヶ月前から佐藤アナと柏木選手は「よいお付き合い」していた

TBSの情報番組で佐藤渚アナがレギュラー出演している「あさチャン」(平日あさ5時30分~)の中で、彼氏との交際を公式にカミングアウトした彼女は、同僚の夏目アナにだけは話していたようだが、他の局アナや関係者にはヒミツにしていたようだ。

仙台市出身の佐藤アナは元々アイドル出身で地元のモデル事務所にも所属していたという異色の女子アナ。

何となくテレ東で元モーニング娘出身の紺野あさ美アナと経歴が似ている様な感じもする。
他にもモデルやアイドル出身の女子アナは多いようだが、共通点はやっぱり美人、そして滑舌がさわやかなところだろうか。

紺野アナなどはアイドルで人気だったようだが、結構努力型のタイプで自力で慶応大学に入学している。

他にも人知れず努力しているのが女子アナの世界なのかも知れない。

スポーツ担当の女子アナはスポーツ選手と結婚する事が多いの?

永遠の問いかけみたいになるが。
でも、やっぱりこう考えるしかないかも知れない。

女子アナウンサーでスポーツ担当になると、結構取材しているスポーツ選手、特に野球選手とは恋仲になってしまうようだ。

というかもともとそうしたスポーツ選手担当の女子アナは、多分だけど自分から進んでスポーツ担当を願い出ているのかも知れない。
その時点で「目当て」の選手と接近できることを期待していたりもするだろうし、後で恋が芽生えたりする、ということもあるだろう。

ついでに私と、友人たちのコメントは以下の通り。
「私たち一般人にはなかなか近づけないプロ野球選手にたやすく近づける彼女らは、ものすごい役得じゃない?」
「絶対はじめから彼女、(柏木選手を)狙っていたんじゃないの?」
「つーか、アイドルからアナウンサーになったんでしょ。なろうとした時から絶対選手狙いだったに違いないよ」
「ふつうの男と『体力』違うもんね」
「野球選手で、豪腕のひとと脚力の強い人と、どちらを取るかでも(何かが)決まるよね」
これ以上はドロドロした話題にはまるので書けないのだが 笑。

【スポンサードリンク】



スポーツ選手と女子アナが結婚したらよい家庭になるのか

佐藤渚アナはそう言うわけで、2016年の年明けにも婚姻届を提出する事が決定していて、ひとまず目出度いことだろうと思うのだが、よくよく考えてみればかなり畑の違う分野で活躍している彼女と彼氏。

marriage

確かに選手とその取材者という接点はあっても、結構考え方や行動パターンも異なってくるだろうし、相性の面でどうなるかちょっと考えさせられてしまう。

一番気になるのはやっぱり浮気だ。

プロ野球に限らず、様々なスポーツで活躍する選手は体力も有り余っていて、しかも確かに女性の注目を浴びる存在。

なのでともすればとりわけ独身時代、複数の女性とつきあっていたり噂が立った選手も多いし、若いうちは結婚しても体力が有り余っている。
家庭生活に入って一人の女性では「足りない」ケースも多いかも知れないし、その勢いで他の女性に手を出そうとすることもあるだろう。

佐藤渚アナと結婚する彼氏、柏木選手に限ってまさかそんな男性ではないだろうと思うが、ある意味嫁の佐藤アナの家庭での采配一つで決まってくることかも知れない。

でも知る限りでは、佐藤アナも柏木選手もこれまでそんな浮いた話は無い。

なので彼が引退後、収入の面で確かに心配もされてしまうのだが、そうであってもひとまず愛情豊かで堅実な家庭を築くのではないだろうか。

とにかくは最後のシメとして、

おめでとうございます!
お幸せに。

と喜びの声を届けたい。

(一ノ瀬絵美)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top