Woomedia

季節性うつ病を改善したい!そのためにまずしなくてはならないこととは

季節性うつ病といううつ病の一種が、この季節にかけてよく起こる症状といわれている。
それを改善する方法をぜひ知っておきたい。

ふつうのうつ病と似た症状もあるのだが、真逆の症状も出てくるというので特徴的だし、メンタル面と共に体調不良も伴うことが多い。

また、春の到来とともに症状が立ち消えしてしまうのがふつうだが、重度になると本当のうつ病に移行するともいわれていて、軽視できないのだ。

【スポンサードリンク】

季節性うつ病は、ふつうのうつ病と症状が異なることも

季節性うつ病はかかりやすい季節というの亜がある。
冬のこの時期と、夏のはじめ、梅雨時といわれている。

その大きな原因は日照不足。
梅雨時、そして冬場の短い日照時間による日照不足からかかってしまうという。
そして特に男性よりも私たち女性の方が多いという特徴がある。

いずれにしても、このうつ病にかかった時、改善する根本的な方法は日光に当たる時間を増やすこととなる。
まずこれを頭に入れていただきたい。

特に冬にかかる季節性うつ病は、ふつうのうつ病と共通する症状も多い。
その反面、真逆の症状があるので要注意だ。

うつ病というくくりとして共通するのは、
・悲観的になり元気が無くなる、喜びや楽しみが感じなくなる
・人と会いたくない、周囲から離れて一人になりたくなる
・情緒不安定になり、短気がつのったりする
というもの。

そして、ふつうのうつ病ではこれに加えて寝付きが悪くなったり不眠を訴えたりすることに加え、食欲不振に陥ったりするのだが、季節性うつ病となると全く逆だという。

つまり睡眠時間がふつうより長くなったり、いくら寝ても寝たり無い感じがしたりする。
また、過食になって体重が増加したり、甘いものや炭水化物を特に欲しがるようになるのだ。

gainweight

日光にあたる時間を増やすため、日々の生活習慣を改善する必要が

ただ、こう見ると冬に見られる季節性うつ病というのは、一見この季節にありがちな肥満化のルートのようにも見える。
だがふつうの肥満化と異なり、他にも上の様ないろいろな症状が現れるのがこの種類のうつ病の特徴となっているのだ。

【スポンサードリンク】

予防と対策-早起きの習慣をつけて、朝の日光に当たるよう心がける

一番確実なのはやはり病院できちんと検査してもらうことなのだが、春になるといつの間にか治ってしまうという場合が多いのでなおざりにされる場合も多い、
だが繰り返すけれども、重篤になると季節性うつ病が本式のうつ病になる事もあるので侮れないから、注意が必要だ。

そして、一番の原因となる日照不足、そしてその日照不足を呼びやすい冬の生活習慣をあらためる必要がある。
改善する一番の方法は、朝早起きし、日光に当たること。

日光は体内にセロトニンというホルモンの増加を促す。
このセロトニンは精神の安定させる重要なホルモンで、幸福のホルモンなどと別名がある。
そして日光は新陳代謝を促したり、自律神経を整えて結構を促してくれるのだ。

加えて日光に含まれる紫外線は、ともすると肌の老化の原因として悪役にまわりがちだが、15分くらいの間であれば体内でカルシウムの吸収を促すビタミンDを生成してくれるという。

要するに適度に日光に当たることはメリットが豊富なのだ。

ただ、こうして生活習慣をどこまで改善できるかは本人の意志による部分も大きい。

depression6

季節性うつ病に限らず、うつ病の怖さは、重篤になると自ら命を絶つ行為に及ぶこともある。
自覚症状がないこともあるだろうし、軽度だからといって安易に考えず、まず上の様な兆候があったら一度病院へ行って検査することをおすすめしたい。

ただ、私も毎年なのだが冬になるとこたつにこもっていろいろ食べたり飲んだりするせいか、やっぱり体重が増えてしまう。
その体重増加を見てうつ気味になるのは、やっぱり季節性うつ病の一つの症状なのだろうか、それとも天然なのだろうか? 笑

(増淵夕子)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top