Woomedia

B型男性の恋愛が本命がわかりにくい!奔放すぎる彼をこちらのペースに乗せること!

B型男性というのは恋愛をはじめいろいろと自由奔放な行動パターンがある。
そんな彼氏を持つ友人が「私って本当に本命なのかな?」というくらい、すぐに他の美しい女性に興味を持つという。そんな彼氏に手を焼いているようだ。

デートの最中でも通りすがりの他の女性に目線を飛ばしてしまう、メールでやり取りしている女性がある、などというケース。
中には彼女がいるのに、他にもカフェで待ち合わせてデートしていた女性がいたとかいないとか。

熱しやすく冷めやすい、複数の女性とつきあったりするので本命が自分でないかも知れない、そんな心配を友人がしていて、ややうつ気味だという。

【スポンサードリンク】

 

もちろん血液が断てひとくくりに批判してはいけないし、友人の彼女がちょっと思い込みすぎているのかも知れない。

冬は季節性のうつにもなりやすいし、ただでさえアラサーで一人っ子の友人だから心もその分よけいデリケートなんだろう。

B型男性は干渉し過ぎると逃げていく!根が正直なので自己主張を信じてよい

B型男性には多少のパターンがあって、よくB型は恋愛の相手として嫌われる事も多いようなマイナスイメージがついて回る。

浮気っぽくて自由奔放、他人の迷惑はかえりみない、子供のような性格。

それがB型男性全体によくいわれることだが、イケメンで社交性があり、女性にもてる場合も数多くあるようだ。

現に友人の彼氏、彼女と付き合う前には相手が入れ替わったことはあっても恋人不在の期間がなかったなどともいわれているのだ。

ikemen

それだけに女性の気持ちをよく知っていて、彼なりに“たんなる付き合い”の女性と本命の彼女とはわけている、と彼女は彼からキッパリいわれたという。

事実、仕事や何かの用向きなどで他の女性と行動を共にするような場合が生じると、ちゃんと事前に友人に謝ってメールや携帯で連絡をよこすという。

元々がそんな性格の彼なのだから、気持ちを落ち着けて彼の行動パターンを理解してあげる必要があるかも知れない。

B型男性は基本的にウソが苦手!だが弱みでもあるので疑惑があっても信じて問い詰めすぎないこと!

ただ、確かにすぐに興味のあるものに凝ってそれに没頭してしまうという性格はあるという。

だから職場でも街中でも、ちょっと目を引く美人がいたりすると素直な行動に出てしまうというワケなのだが、それがデート中でもやってしまうことになると、さすがに彼女も落ち着いていられなくなる。

【スポンサードリンク】

 

で、痴話ゲンカとまでは行かないが、それなりに彼女である友人が投げた痛い視線に彼が反応し、ちょっとしたイザコザに発展したこともあったようだ。

そしてそれをきっかけに、仕事場で親しいという女の子、カフェで一緒に座っていた女性のことを根掘り葉掘り聞き出そうとしたらしい。

変な話だが、この彼女の勢いに押されてウソでもつくかと思いきや、逆に彼の方がうつ気味になってしまったという。
はぁ?

行動を縛りすぎず、ある程度の自由は許して母親目線で恋愛を

要するになまじイケメンだから女性が寄ってくることがあったとしても、彼自身はそんなにやましい気持ちではなかったということらしい。

どうしても横から見るとあちこちの女性に手を出しているようなイメージもあるといって心配しきりだった友人だが、結局彼のうつを信じて気遣うならば、それは普段と変わらない彼の行動パターンだったということになる。

彼女にしてみれば不愉快に映ったかも知れないが、それがふつうの彼だった、ということだろう。

「見た目に浮気っぽいのをあまり束縛しすぎては逃げていく、というのがB型なんだな」
と彼女は納得したのだが、
「でもだからといって、あの態度何よ。いちいち他の女の子と楽しそうにしているのを見過ごすわけにも行かないよ~」

この辺がB型男性との付き合いが難しいといわれる理由かも知れない。

discomfort

でも恋愛というのは本来結構ギブアンドテイクで成り立つし、そう言う彼にとって、確かに友人の彼女が本命だということもわかったという。

よくいわれるのが、このタイプの男性は母親の目線で、叱るところは叱り、そのよいところはキチンと認めてあげるという事。

今のところ彼女の恋愛は発展途上かも知れないが、母親よろしく本命だという彼の言葉を信じてあげるとよいだろう。

また、時にはクールに構えて連絡を控えることも関係を強めるということも知っておくとよい。
逆に彼が心配して連絡を入れてくれるといわれているからだ。

甘えん坊でさびしん坊、それがB型。
付き合いが濃くなれば、自分の息子のように感じてくるのではないだろうか。

(一ノ瀬絵美)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top