Woomedia

年の差婚で女性が上というのが静かなブームで十分に意味がある!婚活の抜け穴をくぐって裏技的に幸せになってしまう方法!

年の差婚、それも年齢的に男性よりも女性が上の結婚パターンがそんなに多くはないけれど世間を見渡すと徐々に多くなってきているようだ。

実は私の知り合いにもそんな風にして結婚してしまった女性がいる。挙式はつい先日の秋のことで、年齢は彼女が38。
そしてちょっと信じられないが男性の方は26。

それを聞いた友人仲間、「エエッ!?」と目が点になって泡を吹いたっぽい女子もいた。
婚活の常識からはるかに逸脱した年齢差と、よくお互いの親が了承したな、と、開いた口がふさがらなかったのは私だが。

【スポンサードリンク】



自戒を込めていってしまうと、
「一体何でそんなオバンをそんなおにーちゃんがもらったの?」
となる。
又聞きだが、結婚した当人の女性の語った事として、ものすごい相思相愛になっているらしい。
はぁ?

年齢上、女性が上の結婚は内面や相性、生物学的にも大いに意味が濃い

だがしかし、実態をつきとめると実はこうした女性が上の年の差婚、相当に有望視の声が上がっているのだ。

まず男性よりも女性の方が年齢がかさんでいると心、つまり内面をキレイに見せてくれる場合が多いという。
つまり年齢による経験値が女の方が逆に高いため、内面的な美しさで男性を魅了できる。
見かけの化粧による美しさだけでないので、男性にいわせると“飽きが来ない美しさ”らしい。
世話焼き女房と息子っぽい夫、というわけだろうか。

arasa

もうひとつは実際の生物学的な見地からそんな結婚パターンを見た場合、年の差婚で、年齢的に女性が上の方が相性がよいといわれていること。
これは私も知らなかった。

その原因は、男女の持つ男性ホルモンの年齢による増加。
要するに、男性は20代に男性ホルモンの量が頂点に達し、その後は微減するが、女性の場合には年齢を経るにつれ男性ホルモンが上昇する。
つまり年月の経過の中で、男性よりも女性の方が性欲を維持しやすいということになるというのだ。

男性は加齢と共に性欲が衰えるが、女性の方は逆に強まり、夫への愛情も豊かになる。

そのためにオバサンとおにーちゃんが相性よく結婚できる素地になるというわけだ。

年齢的に女性が上の結婚は、婚活の抜け道を走れる可能性が

年の差婚で、しかも女性が上となると私たち凡人が真っ先に考えるのがやっぱり出産の心配。
結婚した彼女のケースを取ってみても、すぐに初産を迎えることが出来たしても即高齢出産になり様々なリスクが生じるのだ。

だからふつう、男性は20代の女性を結婚相手に希望し、女性もアラサーになる前に結婚を急ぐ。

そしてこれらの年齢層から外れてしまったら、とたんに成婚率が下がるのは誰もが知るとおりだ。
ましてや知人の彼女がしたような女性が上の年の差婚など、ふつうの婚活パーティーや結婚相談所ではまず引き受けない。

だが、上に説明したようにふつうの結婚にないメリットもあるのがこのパターンなのである。
出産を持ち出すと確かに難色を示されるし、ましてや男性側の両親にとってはとんでもないことだ、と一蹴されてしまうだろう。

【スポンサードリンク】



だが、最近では確かに高齢出産でありながら健全な子供を産み、育てているアラフォー女性は多いし、今後も医学の進歩に伴ってそうしたケースは常態化するようになるかも知れない。
希望的観測でもあり得るが、かといって全く根も葉もないことではないはずなのだ。

婚活業者もパーティーやコンペに、こうした年齢が逆転している年の差パーティーを開いてみたらどうだろうか、と真剣に提案したいのだが 笑。

年の差婚で女性が上の年齢になる結婚はふつう除外するため、それだけ一層有望視される可能性も

正直いって、私たち30代の未婚女性って結婚を前提に交際を考えるものだ。

そうなると恋愛とかアバンチュールなど、寄り道的な楽しみはそっちのけで一直線に結婚をめざす。
その中で相手との年齢や性格の一致を考えたりしがちだ。
未婚の友人たちと語り合っていると、イヤでもヒシヒシとそんな切迫を感じてしまう。

だから歳は女性が上とか、年の差婚なんてついスタンダードな結婚への「道」ではない、と切り捨ててしまうことが多いのだ。

trouble5

ただ、あくまでも結婚というとこうした実際上の条件とともにもうひとつ、なくてはならない大切な要素がからんでくる。

ハートの問題、つまり愛情、相性、そしてそこから生まれる幸せだ。

すでに多くの人々がご存知のとおり、芸能界ではかなりこの様に女性が年上になって、しかも10歳、時には20歳、あるいはそれ以上の年の差でも結婚しているケースがあまたある。

芸能界と一般の世間を比較するにはちょっと無理があるかも知れないが、家庭を築いて幸せを求めているという、結婚の基本原理では両者同じはず。

今のところ、確かに常識から外れた結婚パターンだけに世間の風当たりは強いだろうけれど、それでもひと昔ほどではないはずだ。

生物学的にも本来的に“望ましい結婚パターン”といわれているし、模試もそうした因習的な思考がもっと薄まったら、今婚活で絶望的な気持ちになっている30代女性にも大きな光明になると信じている。

(喜屋武氷捺)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top