Woomedia

ウイルス性胃腸炎の症状が胃痛って、ふつうの風邪と同じで見分けづらい!病院でも検査をスルーされることもあるし、どうすればいいのか

ウイルス性胃腸炎の症状が胃痛や吐き気、発熱や下痢というような、風邪で胃腸をやられた症状とよく似ていることが知られている。

私もこの時期美味しくなる生ガキを食べたら食中毒を起こしてウンザリしたことがあった。

だが今年は特にノロウイルスやロタウイルスの蔓延が心配され、その中でいつもより食べ物の心配もかさんでいる。

風邪にかかることもイヤだが、そんなウイルス性の病気にかかるとそれ以上に大変なのだ。
だから両者の違いについては十分に知っておく必要がある。

【スポンサードリンク】



第一にウイルス性胃腸炎は上の通り、ロタウイルスやノロウイルスという、感染力の強いウイルスによって引き起こされる。
これらは空気感染でも発症するというから怖いのだ。

そして実際のはなし、ふつうの風邪とか食中毒と、ウイルス性胃腸炎の見分けは病院でも難しい。

というより、病院が十分な検査をスルーする場合があるという。
信じられないが事実のようだ。

ウイルス性胃腸炎は風邪や通常の食中毒と症状がよく似ている

一体どう言うことかというと、風の中でも胃腸風邪の種類、そして食中毒と並んで症状が大変良く似ているのがこの病気なのである。

stmachache

病院側でも時期的に同じ症状の外来患者が急増して猖獗を極めてくると、いちいち検査するのももどかしいことがあるようで、実は私が生ガキの食中毒で苦しんだ時もそうだが、ふつうの整腸剤などの処方で済まされていた。
今考えてみればずいぶん怖い話だ。

ただ、私の場合は幸いウイルス性によるものではなかったようで幸いといえば幸いだが、実際には生ガキによってノロウイルスに感染することはほとんど無いというし、ロタウイルス感染による症状は、大人の場合軽度で、むしろ子供の症状が重くなるといわれている。

いずれにしても本来的には病院での検査は十分行ってもらうべきもので、特にウイルス性感染の場合は検便なども決め手となる。

【スポンサードリンク】



感染力の強いウイルス性胃腸炎は必ず病院で検査!それ以外にも最低限知っておくべき事は

なので胃痛や下痢、吐き気などが起こったら、キチンと検査してくれる病院にかかることが望ましいこととなる。

病院側の方で検便などの検査をしなさそうな雰囲気があるかもしれないが、その時はあえてこちらから検査を申し込むこと。
病院受付窓口や、診察室で検査を懇願することをおすすめする。

私の場合も診察で症状を尋ねられた後、いわば流れ作業的に診察と処方が行われてしまったし、あれが一つ間違えば、というのを考えればやっぱり怖い。

特に今年、むしろ胃痛などの同様な症状が現れたら、ウイルス性胃腸炎と最初から決めてかかっていた方がよいかも知れないだろう。

そうした際のために、また予防も含めれば最低限、以下のことは覚えておくとよい。
・ウイルスの付着しやすい生食の刺身やカキなどはこの時期出来るだけさけること
・潜伏期間はわずかにノロウイルスよりもロタウイルスの方が長いが、ノロウイルス感染とも1~2日、ロタウイルス感染では更に3日に伸びることもある。
・発症したら3日間くらいは水だけ摂取して何も口にしないことがベスト。
・同じく発症したら他に感染する可能性は極めて大きい。糞便や飲食物からの感染も心配されるので、衛生管理を徹底すること。

virus

生ガキはこの時期確かに美味しいので、私もレモン汁を付けてズルーッと食べるのが好きなのだが、食中毒以来怖くなってしまった。
あの食中毒の時の症状、胃痛と不快と下痢が一気に来た感じで、思い出したくないが思い出してしまう。

でもまあ、その分ほかほかの鍋物にシフトできるし、暖まれるのでよいかも知れない。
生ものが夏だけでなく冬でも危険だということを思い知らされてしまった。

(増淵裕子)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top