Woomedia

B型男性って優しい、とノロケる友人は本当に大丈夫か 互いに理解し合うことが大切!

B型男性と付き合っている友人がいる。
その友人の彼女、実はA型だ。
自由奔放だというB型の血液に加え、何と彼女よりも数年年下。
話では、大変優しいという彼女の評価で、なんだか120%ノロケのように彼の事について語ってくれる。

同じ30代の未婚女性としてはとてもうらやましくなってしまうが、彼女はB型男性と一番相性が悪いというA型。

先に言っておかなくてはならないが、もちろんA型とかB型とか、血液型で性格や将来が100%決まるものではない。
このような分け方をしているのは日本だけだし、一歩間違えば中傷ネタにさえなる可能性だってある。
それあらかじめお断りしておきたい。

ただ、実際そういう考えから離れたとして、果たしてうまくいくのか、浮かれ気味の彼女がちょっと心配になるのだ。

【スポンサードリンク】

 

実は彼女がB型男性と付き合うかどうかで悩んでいたという下りは、別の記事に書いたことがある。

B型男子(男性)と恋愛したいけど脈ありかどうかもわからない!血液型の相性が悪いってどうすればいいの

その後互いにメールや携帯でやり取りしていく中で、交際に発展したという。
そして今のところ様子を聞いてみると、思った通りの優しいイケメン男性で、将来まで考えて友人の彼女を大切にしているという話だ。

B型男性とA型女性でも上手く付き合っていける

血液型と性格の関係がどれほど信じられるかは難しいが、B型男性というのはよくいわれる短所として、周りを振り回しても何とも思わない、自分のマイペースを貫いて熱しやすい代わりにすぐ醒めてしまう、などといわれるもので、血液型の中では一番付き合うのが難しいといわれている。
よく知られている情報だ。

彼女もこれは知っていて、だから最初にこの事実を知ってヤケ気味になっていたのだが、私のアドバイスで勇気づけられたのか、その後付き合ってみたという。

そうしたら心配していたような事はなかったようだ。
とても優しいし、彼女を大切にしてくれるという。

携帯でマメに連絡を取ってくれるというし、ちょっと驚きだが、彼が他の女性とつきあっていないことをわかってもらうため、よく自分の携帯の内容を見せてくれたりするという。

touching

「血液型ってあんまり当てにならないかも知れない」
彼女の話を聞いて、私もふとそう感じたりした。

ただ、よくよくデートを重ねる内に彼女も彼の行動パターンを知っていったらしくて、確かに世評の通り、ある意味かなり束縛を嫌ったり、周囲とは違う行動をとるということだ。

たとえば酒の席。
実は彼自身あまり飲みに出ていくことはないという。
「付き合いで飲むようなことはあるらしいんだけど、結構アルコールは控えているっていうのよ。話を聞くと彼には親戚に酒好きから体をこわした叔父がいて、二の舞になる事を心配しているんだって」

酒に溺れない年下のB型男性。
たとえ相性が悪いといわれるA型女性でも、うまくいくケースがあるようだ。
血液型の判定が充てにならないし、行き過ぎだというのはこういう場面に出くわすと殊更感じられるのかも知れない。

しかも野村周平似のイケメンなのだから、こんな贅沢はないのではないだろうか。

【スポンサードリンク】

 

ただ、彼の身の上にはまだ尾ひれがある。
要するに、B型男性にありがちなマイナスポイントとして、人付き合いがあまりうまくないようだ。

一匹狼、というほどではないが、酒の席を遠慮しがちな事から知人や仲間と打ち解けるチャンスが少ない、というのは彼自身が友人の彼女に打ち明けた話となる。

お互いの性格を理解する努力をすれば、B型男性特有の優しさはゆりかごのようなものかも

確かにA型というのは、現実的な思考を優先し、それに従わないでいる他人を自分の型にはめようと意見をしたり、支配しようとしたりするといわれている。

そんな血液型の女性からすれば型にはまることを嫌って自由奔放な行動を楽しみ、現実よりも夢を追跡しがちなB型男性は一見まさしく水と油、サルとカニだろう。

そして彼女に対する私の評、さらに付き合っている彼に対する彼女の評を考えれば、確かにこうした主張は当たっているといえる。

ただ、そんなお互いの欠点を男女療法が前もって知り、それを注意し、理解を示しながら交際するならば、それはやはりふつうの女性と男性の交際と何ら変わらない結果になりうるのではないだろうか。

彼自身がB型の特徴を知っていて、その分絶えず彼女を気遣ってくれている

彼女と交際を始める時、実は彼から自分はB型だ、と白状したという。
それを聞いたA型の彼女は事前のそうした致死から半切れにまでなってしまったのだが、よくよく考えてみれば、自分がそう言う血液型だと進んで語ってくれる。

血液型がそう深刻なまでに扱われなければならないのだろうか、そういう風にも考えてしまうのだが、むしろ彼の方ではそういう一般的な考え方のあるのを見越して、彼女の心配を取り去ろうとして先にうちあけている。
友人の彼氏は大変優しい男性なのだ。

touching2

血液型を知るのは、付き合う相手の性格を知る上で確かに参考になるかも知れないが、個人個人の相性や性格までをカバーするものではないはず。
上手く添い遂げることだって多いだろう。

他人の事ながら、年下の彼氏と友人がうまくいってくれることを願いたい。

(一ノ瀬絵美)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top