Woomedia

冬季うつの治し方は簡単!ついやりがちなあの習慣行為をやめることが最短の近道!

冬季うつがこの時期流行しているという。
いつもはそんなに精神的に参らないのに、冬になると日照時間も短かったり、さむくて屋内に閉じこもったりする時間も長くなるので暗い気分になる方は多いだろう。

程度にもよるがそんな冬場に現れるもののが冬季うつ病などと呼ぶ。

ところでこのうつ病の一種、治し方は原因が上の通りの日照時間の不足によるものなので、より長く日光に当たることを心がければよいことになる。

そして加えるとたぶん私が突きとめたのだが、ある冬特有の行為なるだけ辛抱すれば更に効果的になるようだ。

【スポンサードリンク】



冬期うつを予防するためには日光を浴びて体内にセロトニンを増やすこと

まずその前に、冬季うつの治し方だが、これは日本の冬と共に、同じように緯度が高くて日照時間の短い季節が多い国にも特有のものだ。

だからごく単純に、日光により長い時間当たることが何と言っても必須事項となる。

よく言われるのが朝起きたら外に出て日光に当たる習慣を付けること。
冬だと出勤時間の早い平日はともかく、休日にはどうしても暖かな布団が恋しくて朝遅くまでくるまっている方も多いだろう。
だがそうしてしまうと、ただでさえ日照時間の短い冬の日光に当たる時間が更に減ってしまう。

なので寒くてもなるだけ晴れた朝には家から外に出て、日に当たる習慣を付けるとよい。

wellness

人間の体は日光に当たると、セロトニンという精神を安定させるホルモンの分泌が促進される。このセロトニンが冬季うつなど、精神疾患を防止してくれるので、別名を幸福のホルモンなどと言われているのだ。

同じように、冬だとどうしても外出が遠のくことから、運動不足にもなりがちだから、特に日の高くなった日中を狙って公園や運動場に散歩に出かけたり、レクリエーションを心がけたりするとよい。

こたつに入りすぎると体調を崩し、冬期うつにもなりやすい

そしてこれは私が考えて実行していることなのだが、あまりこたつに入りっぱなしでいないことも重要だ。

なぜかと言えばこたつに入るとはじめは確かに気持ちよいのだが、その内出るのが億劫になってしまい、家から外に出ること自体もつい遠のきがちだからだ。

ちょっと冬期うつと直接的な関連性はないかも知れないが、けっきょく外に出るのを控えるようになる、その大きな原因の一つがこたつに入りすぎることだと私は考えている。

【スポンサードリンク】



しかも多くの方々も知るとおり、こたつのテーブルにはいくらで飲み物食べ物を置くことが出来る。
こたつと言えばミカンと鍋料理が典型だが、それ以外にも菓子類をテーブルの上に出しっぱなしになりやすい。
そうなると思わず間食が進んで食べ過ぎの結果、体重が増えるという悲劇につながるのだ。

だからこたつに長居は百害あって一利無し、というのが私の実体験で感じたこととなる。

冬季うつは重篤になる前に医師にかかること!症状は抗うつ剤よりも光療法が効果的!

ただ、程度にもよるが冬期うつは確かに病気の一種でもあるので、そのチェックは自己判断に任せず医師にかかることを強くおすすめする。

冬期うつの症状はふつうのうつ病と重なることもあるが、特有のものもあったり、また併発する場合もあるので軽く見るのは禁物だ。

症状は大体以下の様なものといわれている。
・やる気が出ない、落ち込んでしまう
・睡眠不足の感じがして、過眠つまり寝過ぎがちになる
・体重が増えてしまう
・集中力が湧かなくなる
ふつうのうつと似た症状もあるのだが、医療機関の治し方はやはり光療法によって体内にセロトニンを増加させる方法となる。

注意しなくてはならないのは、上の通りふつうのうつ病とを併発していたり、冬期うつではなくて実はうつ病だったというケースもあり得ると言うことだ。

そうした場合、治し方もたんに日光を浴びるだけでは済まされなくなるわけで、だから兆候を感じたら病院で診察することをおすすめする。

depression

とにかく冬期うつに限っては、日照時間の延びる春先になるとけろっと治るのが特徴なのだが、しかしこの病気によっていったん増えた体重を減らすのは一苦労だ。
私も例年これにかかっていたりするが、とにかくこたつに長居しないこと、それが外出につながることとなり、回り回って一番の予防法だと信じている。
読者の方々もぜひ試していただきたい。

(増淵夕子)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top