Woomedia

冬の季節性うつは日照時間に注意!女性は特に悪化しやすいので油断しないように!

季節性うつという病気をご存じだろうか?
実は、うつ病のうち季節によってかかりやすくなる種類があり、これを指す病名だ。

そして実は特に日照時間の短くなる冬場、女性がかかりやすいと言われている。

冬が来るとなぜか落ち込んだり、脱力感や疲労感が多くなったりする女性は、この病気の疑いがあるので、そんな気持ちになりやすい女性は要チェックだ。

日照時間が短い冬には何となく気分も暗くなる。
それが気持ちにも反映するのかも知れない。
実は私もその“気”が多少あるらしい。

【スポンサードリンク】

はっきり私は病院で診察してもらったことはないのだが、確かに毎年冬場になるとなんだか暗い気分がさして来やすい。

だが冬が過ぎてぽかぽかした春先になると朗らかな気分になるのだ。
チェックすること自体もこの時期しんどいので私はあまり病院に行かないたちなのだが、軽度にせよたぶんそうだろうと思っている。

冬の季節性うつは日照時間の不足が原因で、女性に多い

この季節性うつの原因は根本的に日照時間の不足といわれている。
冬はどこの地域でも日照時間が短くなり、しかも寒いためともすると外出を嫌って日光を浴びる時間も少なくなりがちだ。

このため日光を浴びることによって体内に生成するセロトニンが不足し、これがうつを発症する元となるといわれている。

セロトニンは「幸せホルモン」と別名されるように、精神安定に大きな役割を果たして心のバランスを整えてくれる、重要な物質で、これが少なくなると精神が不安定になってうつ病など様々な精神疾患を引き起こす可能性がある。

とくに冬場は女性にとってこのセロトニンの不足から季節性うつになりやすいといわれている。

ƒEƒF[ƒu1

女性よりも少ないようだが、男性でもこの病気の人はいるようで、たとえば私の仕事で関係している会社の担当者がやっぱりそうらしい。

この間彼と連絡を取ると、
「冬になると単に日照時間が短いだけでなく、日中でも日差しが弱くなるし、寒いんで自宅に引きこもりがちになるので、やっぱり他の季節よりも暗い環境で毎日過ごすことになるんですよね。たぶんそのせいもありますねきっと。妙に気分が沈みます」

【スポンサードリンク】

私もそうだろうし、彼も言っていたが、毎年のことでうつの兆候にはなまじ慣れっこになっているということもあって、特段に病気だという自覚がなかったかも知れない。

そんな場合むしろきちんとチェックした方がよいようだ。

運動したり日差しの元で過ごす時間をつくること

だが、たんにチェックしただけでは、冬期の季節性うつを予防したり直したりできるワケではない。

このうつ病にならないためには、一つには冬場特に運動不足になりやすいので、積極的に運動する時間を作るなどした方がよい。

寒い季節だからつい運動せず、部屋の中で引きこもりがちになるのだが、スポーツクラブなどに通ったりして室内で運動するよう心がけてみるとよいだろう。

また、日照時間が短い分、それだけ日光に当たることは大切になるはずだ。日光に当たる時間を多く取って、体内のセロトニンを分泌させるよう心がけることも重要になってくる。

特に仕事のない休日など、行楽地へ行ったり、ショッピングに街中に出かけたりしてはどうだろうか。
紫外線対策はもちろんだが、日差しにあたりながら楽しく過ごして、それこそウツウツとした気分を晴らすよう心がけたい。

うつ病は知らない間にかかっていることが多い

季節性うつもそうだが、うつ病は知らない間にかかっていることも少なくない。

現代社会では10人に一人がうつ病にかかっていると言われているし、チェック項目として、
・騒音が気になる
・夜寝付けない、朝早く目覚める
・虚無感を感じることが多い
などの兆候を持つ人は要注意だ。

depression

身近でかかりやすく、しかも外的な症状が見られないため、ともすると軽視しがちなのがこの病気の特徴だが、今や自ら命を絶った人々の7割がこの病気を持つとされている。

これらがすべて日照時間の短い冬に集中しているかどうかは知らないが、うつ病の人が症状を改善するために日光浴をすることが多いことはよく知られていることだ。
太陽の光というのも知らないところでなにげにすごく重要だと言えるだろう。

脅かすわけではないがとても怖い病気なので、上の様な兆候が見られる場合、早めに病院で検査してもらうとよいだろう。

私たちの世代でも婚活や結婚、将来の展望など不安材料は余るほどある。
冬にそんな鬱の症状がきつくならないよう、気を付けたいものだ。

(増淵夕子)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top