Woomedia

海老蔵と麻耶は再婚しない線が濃厚に?情報をたぐれば見えてくるお互いの思惑!

市川海老蔵さんと小林麻耶さんが、どうやら再婚しない様な雰囲気だ。
そう言い切るとちょっと驚きかも知れない。

歌舞伎役者・市川海老蔵さんとフリーアナウンサー・小林麻耶さんが再婚することは、世間でも承知の予定にちがいないからだ。

確かに歌舞伎役者という家柄を考えても、海老蔵さんが妻で小林麻耶さんの妹・麻央さんの死後に再婚しないということはあり得ない。

でも結局、姉の麻耶さんとの再婚はしない。
そういう見方がこれまでの二人に関する情報、そして思惑からしても見えてきてしまうのだ。

それを語ってみたい。

【スポンサードリンク】

麻耶と再婚しない海老蔵の苦衷とは

市川海老蔵さんと小林麻耶さんが再婚することについては、世間的な見方とか、習慣的な考え方だったらほぼ否定はしない。

もちろん歌舞伎界でも、贔屓筋の方たちだって、いつまでも海老蔵さんが結婚しないまま、男やもめのままでいるのは不賛成のはずだからだ。

だから確かに海老蔵さんがいずれ後添いをもらって再婚することは間違いないだろう。

けれどもやっぱり麻耶さんとの再婚はしない。
念のため、あくまでも私個人の見解になる。

でも、これまでの二人の情報を見ると、どうしてもそういう風に二人の心境を感じてしまう。
市松模様
その理由を次から語ってみていきたい。

市川海老蔵さんも、子供たちの世話もある。
歌舞伎役者の家柄もあるし、結婚しないままで良いとは考えないはずだ。

でも、麻耶さんと再婚しない線の方が濃厚に思える。
先に結論を言うと、おそらく再婚するとしても別な女性、そしてかなり先のことになるのではないかと思われる。

そうするとなまじ亡き妹・小林麻央さんと市川海老蔵さんとの間の二人の子供たちの世話のためだけに彼女は一家に尽くしている。

彼自身もこういう複雑な家庭事情を、何とかしないといけないと思っているはずなのだ。

ハワイ旅行で彼女との関係を疑われ、払拭に躍起になった海老蔵

17年8月、市川海老蔵さん一家はハワイ旅行に出かけた。
その前にも妻・小林麻央さんの死後すぐに一家でDLに遊びに行ったことがあったが、いつでも小林麻耶さんが同行していた。

これにマスコミや世間は問題視。
非難を浴びせたことにより、9月にはすでに麻耶さんが海老蔵さんの自宅から出て行っていることがメディアに報じられている。

おそらく
「あくまでも二人の間には恋愛関係はなく、彼女はただ子供たちの世話をする役目」
ということをアピールするためだったにちがいない。

もちろんそれでも母親代わりになって幼い子供たちの世話をするのに最適なのは今のところ彼女しかいない。

だからその後11月下旬、再度家族でハワイ旅行した様子をブログにアップしているけれど、彼女のことは一切ブログには載せられていなかった。

彼女も確かに同行していたことが週刊誌でスクープされているけれど、海老蔵さん自身からは語られていない形だ。

ここまでへのマスコミや世間への配慮。
そして麻耶さんへの対応などを見れば、少なくとも今の時点で彼女を再婚相手にしているとは考えづらい。

海老蔵は彼女を振っていた?好きな妹を追いかけて一家の自宅に入り浸り?

妻・小林麻央さんが存命の頃、海老蔵さんの知人が彼に
“もし麻央さんと出会う前に(麻耶さんと)出会っていたら、結婚していた可能性は?”
と聞かれたことがあった。

その時彼は、
「麻耶ちゃんはダメ。テンションが高すぎる」
と、はっきりダメ出ししている。

これが一つ、彼女とは結婚しないという根拠になっている。

【スポンサードリンク】

 

それを後で耳にした彼女はがっくり肩を落としていた、といわれている。

でも麻央さんの存命中を通じて姉・麻耶さんは彼ら妹夫婦の自宅に入り浸っていたことは有名だ。

一つには病床にあった妹・麻央さんの代わりに二人の間に出来た麗禾ちゃんと勸玄くんの面倒を見るため、という理由からに違いない。

けれどももう一つは、麻耶さんの異常なまでの妹への溺愛があるに違いない。

一人の男性としてよりは、歌舞伎界のプリンス、スター的な存在として妹の旦那・市川海老蔵への「生追っかけ」の目的もあったかも知れないけれど、子供時代の頃から妹にべったりついて回ったという彼女。

むしろ「妹目当て」の姉が会ったのではないだろうか?

再婚を拒む姉?妹・麻央の「愛してる」が重すぎる

だが、小林麻耶さん自身も再婚しない意思でいるにちがいない。

その理由はやっぱり亡き妻だった妹・小林麻央さんがあまりにも大きな存在であることだろう。

それは麻央さんとで会って以後、彼女の死後の今に至るまでずっと女遊びをほとんどしなくなってしまっていることからでも想像はつく。

一度は警察も絡む問題行動を起こしていたほどの夜遊び好きだった海老蔵さんが、小林麻央さんと結婚して子供が出来た後は一転して子煩悩なマイホームパパになっている。

もちろん彼にもまして、亡き麻央さんの彼への愛情は比類ないものだとも言えただろう。
歌舞伎
病床にあった麻央さんが今際の際に彼の耳元で
「愛してる」
といった一言。

彼が涙ながらに麻央さんの臨終の明くる日の会見で語った事だ。
本当に泣けた。

そこに他の女性が割り込む余地はない。
妹を溺愛していた麻耶さんもそれを理解しただろう。

彼と一緒になることを、彼女が自ら拒んでいるとしても不思議はない。

【結論】再婚するとしても数年後?かなり後になりそう

もちろんそれでも時が経つにつれ、彼女の立場も本気で考えてあげなくてはいけない。

すでにアラフォーになっている彼女だけに、このまま独身で居続けるのは難しい。

かといって海老蔵さんの気持ちになれば、おそらく贔屓筋の方たちであってもどうすることも出来ないまま、しばらくは続くのではないだろうか?

でも麻耶さんとの再婚をしないのなら、海老蔵さんも、彼女に良い相手を見つけてあげたりする努力はすべきかも知れない。

小さな子供たちの世話というのっぴきならない事情がある。
それが今の彼にとっては一番重いはずだ。

だが、数年後になればその子供たちも物心つくようになり、しっかりと巣立ちも出来るようになってくる。

かなり後になるけれど、彼がもし再婚に動くとすればその時になるのではないだろうか?

その時、麻耶さんが彼の後添いになるかどうかはわからない。
けれど恋愛感情はなかったとしても、一家の事情に彼女ほど詳しい女性はいない。

もしかしたらその時点で、彼はあらためて人生とか女性について考え直して行くにちがいない。

(一ノ瀬絵美)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だからこそ世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top