Woomedia

福袋のおすすめで30代女性へのチップを少々 店頭販売では服は厳しい!オンラインショップはハズレが少ない!

2016年の福袋、予約をスタートしているショップが多くなってきている。
おすすめの福袋はやっぱり毎年鉄板のブランドやショップが狙いとなるだろう。

私も20代の頃よく買ったものだが、30代の女性のものとなるとかなりベクトルが変わる、というか、あまりキャッチにつられなくなってきているかも知れない。

だがやっぱり今一番欲しいコスメやブランドがあるような時には体が動くというか、買わなくてはならない!という衝動に駆られてしまう。
そして何よりネタバレサイトを見たりすると、1つの福袋にあれほど多くの商品が・・・

ただ、福袋というのは基本的に“残り物には福がある”の、要するに残り物。
どんな風に攻略を練ったらよいか、あれこれと考えてまとめてみた。

人気ショップでは早くも予約がムリなくらい殺到しているらしいが、立ちんぼでもかまわない、私と同じく買う気満々の30代女性にお役に立てれば幸いです。

【スポンサードリンク】

 

福袋というのは確かにふつうの販売価格よりも安値で商品が買えるということでおすすめなのだ。

だが、ショップの立場にしてみればわかるのだが、なぜそんなに定価割れする値段で売りさばくことができるのか?
答えは、

安値で売っても利益がある

からに他ならない。ショップの方でもちゃんと計算して売っているのだ。

福袋というのは名前の通り、縁起も担ぐから、この時期年季が入って堅いサイフの30代女性でもつい財布のヒモが緩む。
そしてショップもか弱い女の感情を逆撫でするかのように、普段なら変えない値段のブランド商品を、破格の安値で売りさばく。
これで萌えない女はいない!

luckybag

だが、ショップの名前は伏せるけど、ここ数年回続けていた私も、ショップによっては確かにあるポイントで「これはちょっとね~?」と不信感を持ったことがあった。

福袋で“安全勝ち”はオンラインショップがおすすめ

福袋は確かに入っている商品の品数もバカにならない。
ショップ側も
“何でもいいから、「量」さえがんばって入れとけば、購買者に悪印象を持たれないだろう”
という意図が見え見えな場合があった。

要するに、

・ハデすぎた、
・好みじゃない、
・自分の嗜好と異なるブランドだった、
・サイズが合わない

これらが福袋がハズレになる原因の大半だと思うがどうだろうか?

お恥ずかしいが、これらを一緒くたに詰め込んだ福袋を、長い行列の末買ってしまったのはつい一昨年のこと。

袋を開けたとたん、喜びが悲しみに変わるまでつかの間だった。
お陰で明くる年の当分の間、この“鬱袋”のトラウマのためなのか、なぜか彼氏と喧嘩するハメになった。
”鬱袋“のノロイだろうか?

30代となると、おすすめとしてはブランドを狙うのではなく、オンラインショップを検索して多数の商品の中から好みのものをピックアップするという形式のものをおすすめしたい。
自分の年齢が上がるにつれてハズレた時のショックが大きい。
ひとつには、その事実を実感でわかってきたためだ。

そしてこうすれば自分で商品が選べるし、私のような悲劇に会うこともない。

スタイライフ、ファッションウォーカー、イトキンなど、去年から私も福袋の時期には利用しているがなかなかこれが侮れない。
サイズや好みで失敗することもぐっと減ってくる。

実際に並んで買右様なスリルはないのだが、以前にそうして買ってみて私のようにイタイ目に会った方は、一度トライして見るとよいだろう。

【スポンサードリンク】

福袋で服を買うのはできるだけ避ける!どうしても欲しいなら、散財覚悟、新しいセンスを開拓する!くらいの気分で

だがそれでも実際のショップで並んで買おうとしている女性陣を見ると、どうしても衝動に駆られてしまうものだ。
私もヨドバシなどに立ち寄ってさえ、そんな光景に出くわすと女の血が騒いでしまう 笑。

もちろん例年人気のショップブランドなどではそれなりに買い手にとって“高品質”な福袋を売りつけてくるのだから、やはりオンラインでなくても良いものは良いのだ。

でも正直いって、福袋で服を買おうとするのはおすすめできかねる、というの20代から買い続けて来て、30代になってようやく悟った私の結論だ。

私は○ノユニバースのファンだったのだが、一昨年はたとえブランドが自分の嗜好に合っていたとしても、中身を見れないというのがこれほど後で悩ましいとは思わなかった。

だが福袋は原則返品不可(できないことはないけど)、買ったもんはしゃーない!

強引に自分の着こなしに新しい指向を作るつもりで身につけていた。

服でも小物でもショップのコンセプトと評判に注意!

服の場合、そんなわけでアンダーの福袋であっても着回し覚悟になるだろう。

また、化粧品やバッグ、ベルトなどの小物については中身が見えないこともあって、まず気を付けたいのはそのショップの評判とコンセプトだ。
というより、福袋のハズレを薄めるのは、これしか方法がないだろう。

luckybag3

で、一言付け加えると、大方のコンセプトさえ押さえておけば、こうした小物類はそれほど外れることがないと思う。
私は服以外を福袋で並んで買ったことがないのでこのあたりは推測になるのだが、評判の良いショップなら、市場をちゃんとリサーチして客が喜ぶ、腹を立てる原因を押さえている。
できるだけ評判の良いショップを選ぶことだろう。

だがどんなに調べても準備しても福袋はアタリがあってハズレがあるもの。
複数のアイテムが入っていてもそれが全てが必ずしも自分の意にかなうものではない。

だから、福袋に入っている複数の商品の中で自分がメチャ惚れできるものが見つかり、それを考えれば福袋全体の値段よりも得をした!

そう思えたらよいのかも知れない。

(一ノ瀬絵美)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top