Woomedia

お泊りデートの頻度 30代の裏側!欲求と我慢のバランスをどうしたらよいか気になる!

30代でようやく結婚してもよいと思う彼氏ができ、そこそこにお泊りデートもしている人も多い。
そのお泊りデートの頻度、いろいろ言われている中、一番ポピュラーな週一回を一応お互い基本にするのがよいようだ。

ただ、人により好みも考え方も違うし、また30代になると仕事の取り組みのあり方も20代とは別物になってくることが多い。
そうなると単に頻度にしろ、30代という年齢が結構大きいものに感じるのではないだろうか?

このあたり、興味があふれてしまうので語ってみたい。

【スポンサードリンク】

30代になると早い段階で高頻度のお泊りデートに違和感も

私もそうだけれど、周囲の友人たちも思うのだが、30代になると男性はともかく、女性の方ではできるものなら早く結婚したい、という願望が強い。

だから付き合って間もない頃、もちろん結婚前になるけれどお泊りデートをしたり、それが高い頻度になったりしやすくなることが多いのではないだろうか。

もちろんそういう願望、もっともなことだけれど単に結婚したいという欲求だけではない。
30代の女性というのは、20代よりもおしなべて男性を要求する度合いが強くなる。

これは医学的にも言われていることで、30代40代になるにつれて女性は男性ホルモンが増えてくる。
このために男性を欲求する気持ちがより強まってくるのだ。

だから、そういうことをしている女性が自身を振り返って
「私ってずいぶんガツガツしすぎてないかな?」
「彼氏、私を軽すぎる女とか安っぽい女みたいに見ているんじゃないのかしら?」
みたいな心配に駆られる人も多い。
ホテル

「我慢」しすぎると不仲の元?お互いの都合と体力との天秤!

もちろん彼氏の方ではどう見ているのか、それこそ男性によりけりだ。

そして男性の方でも年若だったらそういう欲求はいわば刹那的。
強いものがあるかも知れないが、加齢につれて徐々に衰えていく、というのが常の話になる。
その上に仕事の多忙などが重なれば、女性の側で
「こんなに頻繁はやっぱりムリ」
ということとなるだろう。

仕事をお互いスムーズに進めるようなデートになれば別だが、ごく普通に考えて付き合う時間というのはそういうものではない。
なにがしかのお互いのスケジュールの中庭って入らせる都合があるので、仕事と自分たちの欲求の天秤になるのだ。

そしてそこにやはり、ある一定の我慢が必要になってくることになる。

30代の女性となると、今から比べると自由奔放に見えていた20代の頃よりも一見すごく落ち着いた雰囲気だけれど、上の通りその気持ちの中ではある意味正反対に、欲望の方は大きくなっている、と考えてよい。

だからそういう年齢のハードルを越えることで、20代よりもより「我慢」が必要になってくるかも知れない。

その我慢が仕切れない、そのはけ口として一つには結婚を早々と懇願、またはお泊りデートを早々と、そして高頻度で要求してしまう。
それが「痛い30代女性」といえるのかも知れない。

でも多くの女性、私の周囲にいる人たちもなんとなくそういう風に彼氏のいる人は相手の男性に不満を抱えているものだ。

そして30代となると、けっこうロコツになってくる。
20代みたいにその手の話も笑い話の種くらいで済ましていたものが、いわば目が血走って真剣そのものになっている女性もいたりするのだ。

女ってそういうものかな、とか何とか私も考え込んだりしてしまうけれど、その私も逆に友人からあんた欲求不満だよ、とか言われることもあったりする。
顔つきからしてみんなそういう顔になってしまうかも知れない。

【スポンサードリンク】

お泊りデートに必要なのは「新鮮さ」よりもパートナーとしての理解?

お泊りデートの頻度は様々だが、ひとまず一番ポピュラーなのが週一回というパターン。

仕事をしている身分だったらやっぱり週末ごとになると言うことだろう。
ただ、これも人によりけりで、もちろん週末に仕事や他の雑事が立て込んでいたりすればもっと頻度が少ない方が良いわけだ。
実際に1ヶ月に2回とか1回の頻度の人もいたりする。

もちろんそれが我慢できなくて、逆に週に2度3度とお泊りデートする人もいるようだ。

この辺り、お互いの都合とか欲求との兼ね合いで、知り合ってお互いを理解してい来ながら徐々にペースをこしらえていけばよいだろう。
ベッド
ただ、ここで注意しておくべきことは、女性の30代というのはそういう結婚に対する気持ち的にも、また生理的な欲求からも男性と一緒にいたという願望がひときわ強くなってくるものだ。

それをなまじ押さえ込み過ぎれば、返ってむしろ二人の関係がぎすぎすしたものになって来はしないだろうか?

そういうことを考えれば、頻度については確かにお互いの仕事とか欲求を相手対して分かってもらわなくてはならないが、それと同時に、相手のことも理解していく必要がある。

そしていちばん大切なのは、そういう理解していく中で、お互い将来もパートナーとして円満に生活を続けていくことができるかどうか、そういう二人だけのノウハウを積み上げていかなくてはならないはずなのだ。

どういうことかというと、お互いの都合や願望、気持ちを伝え合うこと。
そしてお互い理解し合い、行動すること。
その上で、お互いハッピーに過ごせること。

つまり恋愛の基本ということになると思うけれど、この枠組みの中に、30代の女性として、そして貴方個人の特質的なものとして最適なお泊りデートの頻度をプラスしていければ良い。

30代になるとたんに気持ちだけではない、いろいろな条件とか品定めが交際相手や結婚相手に対して気になる人も多い。
だがそういう人は自分が相手に合わせる、ということについてなかなか腰を上げなそうな感じがする。

偏見かも知れないのでこの辺り、間違っていれば申し訳ないけれど、恋愛は本当にギブアンドテイクの行ったり来たりみたいなものだ。
そういう気持ちの伝え合いの中で、一番ハッピーになれる関係をつくっていただきたい。

(一ノ瀬絵美)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だからこそ世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top