Woomedia

風邪の治し方の即効ワザは熱を下げないこと?汗を出して寝ながら正しくデトックス!

風邪の治し方のうち、いったい即効で、しかも正しい方法とは何だろうか?

風邪の症状も熱が出たり頭痛、咳そしてウイルスもいろいろだ。
けれどもだらだらと症状を引きずらず即効。
しかも着実な治し方として、
「風邪をひいたら薬を飲むな!」
というのが冗談抜きで欧米では標準。

「ふざけないでよ!」と言いたい気持ちも分かるけれど本当だ。
海外旅行の経験のある方はご存じの方もいると思う。

だから薬を使わない治し方も確かにあるし、同時に即効性もある。
熱でさえ薬なしで下がってしまう、というのも事実だ。
私も確かにそう言う経験をした。

そしてさらに言えば、薬を使わないで治すことこそが一番正しい風邪の治し方とも言えるのだ。
私の主張ではない。なんと医者の主張になる。

薬も使わず熱を下げる。そしてそれが即効かつ一番正しい?
いったいなぜだろうか、そしてどんなやり方なのか、ちょっとお伝えしてみよう。

【スポンサードリンク】

汗をたっぷりかいてぐっすり寝るのが正しい治し方

あらかじめお断りしておくと、一口に風邪と言っても肺炎レベルの重篤な場合もあるし、40℃以上もの高い熱を出す場合だってある。

そう言う極端な場合とか、他の病気の可能性などを排除した、つまり普通のレベルの風邪、という考えのもとでの治し方だ。
あくまでも医師にかかることはどんな場合でも前提になる。

そこで、さて薬なしでどうやって、しかも時間をかけず即効で治そうとするのか?

それは結論から言うと、免疫力を極限まで高めて治すという方法になる。
と言ってもその治し方、何ら難しいことではない。

基本的に、風邪をひいたら厚着をして布団にくるまって汗を出す。
汗が出るまでたっぷりいつまでも寝ておく。
これだけなのだ。

その裏の理屈は以下の通りだ。
風邪をひいたと言うことは、体の中でウイルスを撃退するために防御機能が増強して戦っている証拠となる。
それを助けてやる、と言うことが目的だ。

そのためには、体を温めて免疫力を強化すること。
人間の体は1℃体温が上昇すると免疫力が5,6倍アップすることが知られている。
熱が出るのは、体が防御機能をフル活動させて病原菌やウイルスを撃退しているためだ。

要するにわざと厚着したり、また温かいものを食べたり飲んだりして体温を上げたりすることによって、その防御機能を応援する意味がある。

しかも汗や鼻水によって体外に細菌を排出することでデトックス効果がある。
それを最大限に生かすのだ。
そのためにはなるだけ体を休めながら、厚着をして厚い布団にくるまり、ただじっと耐えて汗の出ることを待つ。

布団にくるまって汗が出たら、すぐに下着を取り替えたり体を拭いて汗の処理をし、新しい下着に取り替えてまた同じく寝るようにする。
普通よりも長時間寝ていてよい。
出来るだけ寝る、休む。

これが正しい治し方となるようだ。
風邪

私の体験:就寝前に熱があったが明くる日はスッキリ

私もこの時期、花粉症と絡んで体調を崩しやすくなる。

去年にも同じことがあり、風邪をひいて前の晩には確かに熱があったのだが、次の日は週末で医者に行こうとしても休診なため、結局そのまま寝るだけだった。

ただ、やっぱり熱っぽくなっているときには、その程度にもよるけれど体がカッカとなってしまうし、このときもそうだった。
そして一晩そのままで寝ていながら、ずいぶん汗をかいてしまっていた。

そうしたら翌朝は何とケロリ。
熱はおろか、他の症状も信じられないほど軽くなり、体は不思議なくらい楽。
週明けには結局医者にかかることも無かったほどだった。

こういう治し方もあるんだな、と自画自賛みたいで申し訳ないけれど実体験。
こんな即効的に熱を“出し切る”方法があるということが意外だった。

別に意図して寝ながら汗をかこうとしなかったのだが、結果としてそういう最も正しい風邪の治し方になっていたようだ。
その効果、私自身、身をもって知った次第だ。

ビタミンC、水分の補給も忘れずに

そして同じく面柄力を補助する方法として、他にビタミンCを大量にとるという方法がある。

これは1日に2000~3000㎎、つまり2~3グラムのビタミンCを大量摂取することで免疫力を急激に上げることが目的だ。
本来的には天然のビタミンCをとる、つまり果物や野菜類を食べてとるのが理想的だが、3000㎎ものビタミンCとなるとなかなか難しい。

しかも風邪をひいて消化機能の弱っている中、それだけの量を食べきれるものでもないため、一番安価な粉末状のビタミンC(L-アスコルビン酸)をとるようにすること。

また、上にもお伝えしたように、寝るだけでなく、葛根湯や卵酒など飲み物を駆使して体の中から温めるようにするとよい。

そして汗が出る分体の乾燥を防ぐ必要があるので、湿度を十分に保ちながら水分をとることも忘れてはならない。

これが風邪の正しい治し方となる。
この方法を駆使した場合、最も即効で1日で治ったというケースも報告があるし、現に私自身も上にお伝えしたような体験もあるのだ。

【スポンサードリンク】

風邪薬は医者も飲まない?ただ病気を長引かせて副作用を増やすだけ?

ところで、こういう風に薬に頼らない治し方、熱の出し方を含めて即効性が十分に期待されることは確かに理論上分かると言えるかも知れない。

じゃあ医者にかかって薬を処方されるようなときにはどうするの?
素朴な疑問としてこういう風に考え込む方も多いに違いない。

その回答として、単に普通の風邪だったら、実のところ医者もそう言う薬を口にすることはない。
これが何より雄弁だと思う。
医者
その理由、医者や薬剤師のように、薬の副作用を肌で知っている人たちは、その危険性を考えてあえて飲もうとしないのだ。
同時に、そう言うものを飲まなくても病気は治る、と言うことが分かっているからでもある。

薬は風邪を根本的に治すのではなく、症状を楽にするだけのものになる。

だから極論してしまえば、体がなまじ防御機能を発揮して熱を出しているとき、解熱剤などを使って体温を下げてしまうと、正しい防御機能を抑え込んでしまう。
そう言う悪い効果しかないのだ。

その結果。
即効で治るはずがいつまでも治らない、と言うパラドックスが生じてしまう。
熱はあくまでもムリに押さえるものではない。
自然に下がるまで“出し切る”のが正しいと言えるだろう。

このことを欧米諸国でははっきりと国民レベルで知らされているため、国によっては風邪薬、保険適用外にすらなっているとも言われているのだ。

つまり風邪をひいてもむやみに薬は飲むべからず。
それが本当に正しい治し方、熱の下げ方。
そう言い切ってよいようだ。

風邪をひかない方法も基本同じ!免疫力を普段から強化するために

そんなわけで、薬を使わない治し方、その一番即効性のある方法をお伝えしてみた。

でも確かに医者にかかればすぐに薬を処方してくれるし、医者の出したものだからやっぱりそれこそ即効性がある、と考えるのもムリはない。
その医者が自分自身、患者に薬を出す裏で自分たちは全然飲もうとしないのはどう見ても日本の医療体制がヘン!
そう言い切るしかない。

それはひとまず置いておいて。
でも風邪を治す以前の問題として、一番の理想はやっぱり風邪をひかないこと。
これに限るだろう。

だがその場合も汗をかいて熱を下げるという、正しい治し方と原理は同じなのだ。
ウイルスに負けないように、普段から免疫力をアップさせておくこと。
これ以上の予防方法はない。

そのためには、やっぱり普段から運動不足やストレスを改善すること、食生活を見直して、きちんと毎日決まった時間に寝る、起きるという習慣を見直すことになるだろう。

薬で治すのは、細かく書かないがそういうわけで医者さえも副作用が怖くて敬遠しているという事実。
これは常に覚えておいて損はないにちがいない。

(増淵夕子)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だからこそ世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top