Woomedia

アラサー女性は恋愛で年下の20代男性から人気!ウソのようなホントの話は何が原因なのか

アラサーの女性、つまり私も含めてということになるのだが、恋愛の対象として以外と年下の20代男性にモテる傾向が強くなってきているとか。

確かに芸能界では最近もタレントや芸能関係者が結婚すると、その年齢がやや女性方が上。
そうしたパターンがずいぶん多い。統計は知らないが大体3組に2組の芸能関係カップルはそうなっているように感じたりする。

だがこれが一般の人たちの間にもかなり歓迎されているようだ。
アラサー世代で、婚活や恋愛に苦労している私たち30代の女性達には朗報と言って良いのか悪いのか?

【スポンサードリンク】

じゃあ、20代の女性は一体どの世代の男性とくっつく傾向があるのだろうか?
そんな邪推もしてくるのだが、基本同じ20代男性だろうと思う。

にもかかわらず、20代、それも20代後半の男性はなぜか30代前半の女性にひかれることが多いらしい。
そのナゾと、今後アラサー女性にとって恋愛の対象を年下の男性屁と攻略範囲を広げるべきかを考えてみた。

ちょっと半信半疑なのだが、20代男性の傾向として、交際相手にはやはり多くが年下の女性を希望する。
これは間違いないことで、実際民間のアンケートなどでは半数以上の20代男性がそんな願いを持っている。

しかしながら、驚きだがそれでも彼らの内、4割くらいが少なくとも年上の女性と交際したいという願望を持っていると言うことが判明している。

そして年代で言えば、30代女性が彼らのうち、半数以上が交際相手にしたいと願っているのだ

OL

アラサー女性にとって、この事実はひょっとしたら生唾ゴックンの朗報ではないだろうか?

だが、あまりにも意外なこの恋愛対象の事実、私たちよりも年下の、それも20代の男性がたやすく私たちに注目してくれること自体あり得なさそうなのだが、冷静になってその理由を探ってみると、なるほどと納得する現実が見えてくる。

やっぱりアラサー女性は20代男性にモテるのだ!

【スポンサードリンク】

その原因はいったい何か?というと、結局のところ、

年下の20代男性たちが30代女性に求めるものが、彼らと同じ20代の女性に求めるものと異なる

こんなふうな考え方から来ているようだ。

まず、30代女性は20代男性よりも世渡りに長けていて大人。
落ち着いた物腰で、いわば母親のような忍耐力や寛容きがある。

要するに、彼らが性急に私たちにいろいろと求めてきた時に、先を見据えてじっと対応してくれるというのだ。

言われてみればそうかな―、と私。
いまだ天然の気が抜けない自分もそう言われて悪い気がしない。

そして、アラサー女性が勤め人である場合には一層そうなのだが、経済的にも彼女らの方が上であることが少なくないし、それがわかっていれば20代の男性も無理して背伸びして、彼女たちを無理に守ろうとして、何かと金銭的なサポートに回ろうという気苦労をしなくてすむわけだ。

これが20代女性とつきあうとどうなるか?

いちいち彼らはちょっとしたデートでの出費や食事などに少ない給料を心配しなくてはならず、またわずかに不寛容な態度を見せても、引く手あまたの20代女性にとってはたやすく別れてしまう原因に直結しやすいと言えるだろう。

つきあっている男性にとっては気が気ではないはずだ。

一方、仕事の都合などでデートに遅れたとか、そんな際の忍耐力は世間をよく知っているアラサー女性の方が20代女性よりはるかに上なのである。

もちろんマネジメント職に就いていることが多い30代、40代OLは、年下の彼氏はもとより、人の扱いも断然すばらしい。

OL2

だから、肉体の若さこそ20代女性にはかなわないが、それ以外のポイントは、年上の30代女性に大変有利なのである。
恋愛の対象として年下の20代男性が30代女性に向き合ってくれるのはやはりちゃんと理由がある!そういえるだろう。

だが、これが恋愛から発展して結婚にこぎつけるとなるとどうなるだろうか?

同じ30代女性と話してよく言われるのは、

20代の男の子って、私たちが家庭生活に入って頼れる男性でありつづけられるのか?
ということ。

だが、実際には芸能関係者の間でも年上の女性と年下の男性がよく結婚しているし、実際問題として、女性の社会進出により、かなり女性の方がしっかり者になっている。

年下の男性と結婚できたら、ある程度家庭内のイニシアチブはこちらに任せてくれればよいのかも知れない。

だからむしろこちらが頼る、というよりはこちらが頼られる存在になりきっていけばよいのではないだろうか。

(一ノ瀬絵美)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top