Woomedia

初詣に東京などのパワースポットで金運ゲット!一番ご利益のある願い方とおすすめな場所とは

初詣で東京の神社やお寺など、そのほかパワースポットと呼ばれるところにお参りして金運をぜひ授かりたい。
女性だけでなく、多くの人たちの願いにちがいない。

東京と言わず初詣には名だたる各地の神社などに参拝者が足を運び、それぞれ思い思いの願い事を捧げたりするのだが、誰でもより御利益のある神社や仏閣、そして霊験あらたかなパワースポットへ訪れたいもの。

日本最大の都市、東京にももちろん金運そういうところがあるし、それも含めて耳寄りな情報をご覧いただこう。

【スポンサードリンク】

神社は心のよりどころ!正しい願い事で気持ちの整理を

一応念のために前もってお伝えしたいのだが、神社やパワースポットに詣でて願い事をすれば金運でも何でも思ったことがかなう、と言うわけではない。
初詣に参拝することは、一年のけじめとして、自分の気持ちの整理という意味が大変強い。

たまたま私にはそういう筋の人が知人にいたりするので、身近な東京のそういう場所に対する考え方についてよく聞かされる。
そのさい、初詣とか厄除けなども同じだけれども、心が神様とつながっていてはじめて御利益があるものだ。
shrine
けれど、自分だけお金をガメてしまおうとしたり、エゴそのもののような願い立てをしたりしてもなかなか通じないという。

確かに神社などにもいろいろあるし、中にはそういう危ない願い事専用の「モグリの神様」が鎮まっている神社もあるらしいのだ。

でも、そういうところでそういう願い事しかしなければ、一時たとえ良い目を見れたとしても長続きするものではない。
それどころか後で天罰が下ったりすることだってあるし、結局は不幸の元なのだ。

なので金運を掴みたい気持ち、痛いほどわかるのだがそういう立派な神様の鎮まっている神社であればあるほど、独りよがりすぎる願い事をするのではない。

周囲の人々を含む、みんなの幸せを心から願うこと。

そのように気持ちを整理して正しい心根で参拝し、願い事をすることが大切になる。
このことはどうか多くの初詣に参拝する方たちに理解してほしい、という彼女のたっての希望になる。

もちろん中には嫌いな人もいるだろうし、なまなかで周囲の人たちをそういうひとくくりにはできないかも知れない。
でも、それでも何かを感じていただけた方はぜひ心にとめてみていただきたい。

【スポンサードリンク】

金運ならその筋の神様に願うのがベスト?

それを知った上で、パワースポットを訪れて金運を願うとすれば、東京だったらどこになるのか?
それをざっとあげてみよう。

その前に、神社の神様といっても神社の種類により、いろいろ願い事や守護の受け持ちが異なる。

金運の神様が鎮まっている神社と言えば、まず浮かぶのが稲荷神社。
赤い鳥居で有名な神社で、商売繁盛、金運を司るとされている。
日本全国どんな小さな町や村でもあるが、東京だと有名なもので渋谷区代々木にある代々木八幡宮、その境内にある「出世稲荷」。芸能人がよくお参りにくることでも有名だ。(渋谷区代々木5-1-1)

そして同じく渋谷の金王(こんのう)八幡宮の境内にも「出世稲荷」がある。
名前の通り、出世と金運アップのパワースポットだ。
(渋谷区渋谷3-5-12)

新宿区百人町にある皆中(かいちゅう)稲荷神社も起業家や受験生に人気な金運パワースポットと言われている。
(新宿区百人町1-11-16)
beckoning-cat
そのほか、明治神宮も有名なパワースポット「加藤清正の井戸」があり、金運を祈願する人々で賑わっている。
(渋谷区代々木神園町1-1)

そして女性には欠かせない日枝神社、こちらも実は金運と関係が深い。
縁結びや結婚、安産が主な御利益で有名だが、ご存じ東京だったら永田町にあるため、ビジネスマンや政財界の人々がこぞって祈願にくることでも知られていて、つまり金運の方も霊験あらたかだと言われている。
(千代田区永田町2-10-5)

もちろん繰り返すけれども、初詣というのはあくまでも心のけじめということが大切で、その意味から言えば金運だけを願うのではない人が大半だろう。

特に独身女性だったら良い人に巡り会う縁を求めて初詣にいくのは人情だ。
東京だったらそういう縁結びの神社として、東京大神宮(千代田区富士見町2-4-1)、神田明神(千代田区外神田2-16-2)などを目指してみると良い。

そのようなわけで、東京の内、23区内にある金運の利益があることで有名な神社をピックアップしてみた。
最後になるが、どうやって神様に祈願すれば金運に恵まれるのか?ということについては、結局のところ、

願いが独りよがりになりすぎないこと。
自分だけでなく、周りの人たちの幸せもきちんと願うこと。

ひとまずこれを胸にたたんでおけばよい。

その筋の知人の女性によれば、もしも自分の願いが通じて、お金をたくさんもらえるようなチャンスに恵まれたとしても、必ず自分なりに周囲にも分け与えるような気持ちを持つこと。
カタチでなくても良いからそういう風に、神様と一緒に周りの人にも感謝の気持ちを持つこと。
それが何より大切だそうだ。

ということで、ずいぶんお説教みたいな口調になってしまってお恥ずかしいのだが、一年に一度のこと。
ぜひ近くの神社に初詣は訪れていただきたい。

(増淵夕子)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top