Woomedia

一生独身を後悔しないためにはどうしたらいいの?なりたくないのがやっぱり本音!

一生独身でもいい。
そしてそれでも後悔しないための理由を列挙。
本気でこういうあきらめ思考の人がどんどん増えている。
20~30代の男性ですら40%が結婚出来なくてもよい、と考えているという。

今や晩婚の時代とは言え、35以上で結婚出来る割合は10%未満。
しかも35歳から45歳の10年の間に結婚できるのは今や何と1%を切る勢いだ。

女性の中には変な人と入籍して後悔するよりは、一生独身のままの方が安楽な暮らしができるんじゃない?と考える人だって多い。

独身のままが問題なのか、結婚を後悔の入り口にするのか、いわば意見が真っ二つに分かれているけれど、どちらも思考的には理路整然で判定のつけようがないようだ。

だから当事者としてそんな主張を見た後、自分自身でもどっちがよいのか分からない、という女性も多いのではないだろうか。

ただ、それでも「自分自身はいったいどうすればよいのか」ある一つの物差しで解決できる、そんな魔法のような方法、というか考え方があるという。
友人女性からの受け売りだが、独身の方にはけっこうミになるものではないかと思う。
それをちょっと書き綴ってみよう。

【スポンサードリンク】

一生独身に罪悪感を持たせるのは婚活ビジネスの罠?後悔していない人は意外に多い?

よく一生独身は後悔するぞ、とおどかされる人は多いはずだ。
女性でも男性でも同じことで、早めに結婚して家庭を持つこと、というような言われ方が地方に行けば行くほど出てくるし、都市部でも崩れてきているとはいえ、ひとまずスタンダードだろう。

一生独身がなぜ後悔することになるかと言えば、現実を見れば老後の不安がある。
自分の面倒を見てくれる人がいなくなって寂しく辛い余生を送るのが目に見えているというわけだ。

メンタル的なことを言えば家族というものを持たずに子供や夫といっしょに暮らす幸せが自分にはない、そういう心の豊かさを自分から放棄してしまうことになる。

ただ、こういう風に結婚自体が難しく、独身者が多くなってきている現状を見れば、経済的に不安さえなければ一生独身でもそれほど老後の不安はないし、現に介護のシステムも今後どんどんそういう老人社会に向かって整備されていくことだろう。

もちろん、それでも後悔するぞ、と脅かされるように言われるケースはいくらでもある。
とりわけ婚活サイトなどの婚活ビジネスでは、そういう一生独身を罪悪のようにまくし立てて結婚相手を探すことを促すことが多い。

しかしながらそういう婚活ビジネスの場合、会員を増やしてパーティーや旅行などに誘うことによって莫大な利益を得ているという仕組みがある。
あくまでもビジネスでやっているのであって、親身にこちらを見守るというわけではない。
言ってみれば単なる飯のタネだ。

だから一生独身などと言うのはとんでもない、後悔するから結婚しろ、というのは一面そういう婚活ビジネスからの発信でもあるかも知れない。
botsubots3
そして逆に、上記のように今後、介護的な問題は解消されていくと思うし、女性の中には30代40代、あるいは50代に渡って仕事を続けていた方ならある程度の蓄財はできていると考えられる。
そういう長い時間をかければ経済的な心配も薄れてくる女性は多いだろうから、一生独身について物質的な後悔のタネはかなりないはずなのだ。

実際そういう独身を貫く意図を持っている女性は知的で、資格などで手に職をしっかり持っている人が多いし趣味も豊かだ。
そして緊急時の対応もきちんと自分なりに整えていたりするものだ。

こういう生活になっていれば、ひとまず老後になってもそれほど独身のままで安心して暮らせる、といっても過言ではないだろう。

結婚してもしなくても後悔はするよ!

ところが私の友人の既婚女性は、そういう一生独身指向の女性も刮目すべきあるひとつのことを白状している。

「白状」というのは、結局自分自身の家庭生活を振り返って言うことなのだが、それは
「結婚してもしなくても後悔はするよ!そんなの当たり前じゃん」
ということだ。

確かに、当たり前のような事実。
見えているようで誰もこれには気づかなかった。
少なくとも私はそうだ。

そもそも人間生きている限り、後悔の生き物だ。
結婚などという前に、ちょっとした日常生活の中でさえ後悔なんてよくしているもの。
「独身だったら後悔が消えるの?そんなこと無いでしょ」

「結婚したら後悔することが多いっていうのは、ぶっちゃけ結局結婚出来ないからじゃないの。
相手が見つからない、騙されるんじゃないかと心配。
自分に合わない生活とかね。

「でも結局実際経験して見なきゃ分からないことだって多いしね。
それを実行する勇気を持たないままにだから結婚やめます、という気持ちは分からないでもないけれど、何かその時点で人生を投げている感じじゃないのかな」

「子供を持ったことのない人が、私子供嫌い、というのが一番そういう人の典型かも知れないけどね。
女も30過ぎれば確かに高齢出産で危険も大きくなるから安直に勧められないところもあるかも知れないけれど、一度自分の子供を持ってみなきゃ分からない世界ってすごく大きいよ。
女って子供ができるとガラリと変わるしね」

確かに、私たちアラサー独身女性と、既婚女性との溝のようなもの、その深さは彼女の喝破のような口調でも分かる。

【スポンサードリンク】

死ぬまで一生独身の決意が持てるのか

一生独身がいい、というのは今の時点での自己弁護なのかも知れない。

世の中にはそういう決意でいる人も多いかも知れないが、ひとまずあくまでもそういう方々とは無関係、私個人に限っての話、とお考え頂きたい。

その私に彼女が語りかける内容を続けてみよう。
「結婚なんてする時はすんなりしちゃうもの。
あまり深刻に私はもう一生独身で通すんだ!と力む必要ないよ。

「確かに一生独身のまま、ある一つのことに打ち込んでそれで満足して死んだという人だっているんだろうしね。

でもそういう人を見て、あなた本当に自分がそうなりたいと思う?
そういう決意、死ぬまで持てるの?
結婚するにも勇気がいるものだけど、女としてそういう勇気は持つべきものだと思うけどね。

「今婚活が上手く行っていなくとも、ちょっとした出会いがきっかけでそうなるってよくあるんじゃないかと思う。
別に婚活ばっかりに絞って人間関係つくらなくとも、変な意味じゃなくいろいろなところで人と接触してみるといいんだよね。

「私から婚活で上手く行かないあなたを見てると、人間関係をごくごく小さく区切っちゃってるようでね。
私なんかもまさかこういう人とのつながりで縁ができたとは思えないような結婚だったし」

彼女が主張するのは、

“人間孤独になりすぎるとなかなか縁もできないものだ”
と言うことだ。

元々人との出会いが重なって、それが縁になり、そして結婚相手が浮かんでくる。
少なくとも彼女はそう主張している。

それをシャットアウトして自分の道ばかり考えるのは、そういう縁のできるチャンスを自ら放棄している、というのだ。
granny
よく考えたら私なども、いつも集まってグチグチしゃべる仲間はそういう婚活に疲れて孤独がイヤだから、結局“戦友”の名の元に同じ境遇同志が集まっているに過ぎない。
それ自体、外部の人間関係から隔絶されてしまっている。
いわば一生独身が約束されているような予備軍かも知れない。

「同じ後悔するなら、いろいろがんばってからした方がよっぽどいいよね。いろいろな人に会って、自分の思考を柔らかくしていくこと。
私があなたを見てると、どうしても意固地だよ。
結婚ってもっとものを考えずにするものでいいんじゃない?」

なんだそりゃ?
と思ったが、私も婚活で結婚相手の条件を絞っていったら誰もいなくなった、というクチだ。
事実そうだし、多くの女性が陥る落とし穴ではないだろうか?

私にないものが確かにある。あるから彼女は結婚出来た。
素直にそう考えなくてはならないかも知れない。

いわば出会いが全ての婚活ならば、その出会いはそういう結婚相手だけでなく、全ての人との出会いから始まることになる。
そこからまず始めること。
それが彼女の成功の元に違いない。

(一ノ瀬絵美)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top