Woomedia

山下智久と石原さとみが事務所を無視してマンションデート?放っておけば入籍も

山Pこと山下智久さん(31)が石原さとみさん(29)と深夜に密会していたという衝撃的な事実を女性週刊誌がスクープしている。

それを受けて山下智久さんの所属するジャニーズ事務所は何をしているんだ?という罵詈罵声が彼のファンから、そして石原さとみさんのファンからも飛んでいるようだ。

だが、なぜか事務所は矢面に立ってこの件に回答するのを避けている。
まさか二人の交際、そして入籍までも黙認するつもりでは?

二人がどこまで今進行中なのか、ということも気にかかるが、もう一つは熱愛報道を左右する決め手とも言えるジャニーズ事務所の動向。
これが今どうなっているのか、それも気がかりだ。

【スポンサードリンク】

 

石原さとみが山下智久と結婚するチャンスだと確信-事務所は怖くない?

今や天下の週刊文春も、山下智久さんと石原さとみさんは真剣交際で、お互い結婚まで意識した付き合いになっているとはっきり認めている。
文春砲にそこまで書かれれば、事務所もだんまりを決めるしかないのだろうか。

確かに今ジャニーズ事務所も揺れに揺れていて、求心力を失っているとも言われている。
それを裏付けるかのように、今山下智久さんだけではない、同じ事務所内のトップ稼ぎ頭といわれている嵐のメンバーたちに続々結婚疑惑が飛んでいるのだ。
ちょっと前までは想像すら付かなかった変化だ。

いわばそういう所属ジャニーズ事務所の泣き所を山下智久さんと石原さとみさんが、というよりは石原さんが見抜いていたのではないだろうか。

事実彼女の方から積極的にアプローチを仕掛けていたというし、それを考えれば今がチャンス!と行動に出たのかも知れない。
couple
一方、石原さとみさんの所属事務所・ホリプロはあくまでも二人は熱愛関係ではなく、“友人の一人”という風に押し通している。

見方によるけれど、何だかジャニーズ側よりもホリプロの方がどっしり落ち着いた態度のような気がするんだが、どうだろうか。

二人の急接近は事務所が山Pにくれた“ご褒美”?

まず山下智久さんと石原さとみさんが最初に出会ったのは15年10月放送のフジ月9ドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~」で、二人が見事な恋人同士を演じ、中でも最終回のラブシーンは空前の話題となっている。

その後大晦日に開かれた山下智久さんのカウントダウンコンサートに彼女も招待されたりし、ただならぬ関係に二人があることを周囲に知らせていた。

そしてさらに16年5月、山下智久さんの自宅マンションで開かれたホームパーティーにも石原さんは招待されている。

そして二人の熱愛関係を決定づけるといわれるのは、深夜に大阪でKinKi Kidsのコンサートから帰ってきた山下さんは、新幹線から品川駅を降りるや、用意していた車で一路石原さとみさんのマンションに直行している。

二人の“逢瀬”の経緯をざっと見てみるとこんな具合だ。
細かな部分ははしょっているが、それでも大きなイベント事をたどっていくと,二人の関係がそのたびに親密になって行っているのがお分かりになるだろう。

 

それをわかりやすく説明するとこうなる。
最初のコンサート招待はドラマ共演者だったら誰でも出来るものだが、その後のホームパーティーはその中でもかなりなじみのある人たちに限られているイベントだ。

もちろん山下さんのホームパーティーに招待されたのは石原さとみさん一人ではなく、他にも何人か呼ばれていたことが分かっているが、それでもそういうごく親しい人たちの仲間入りを彼女が果たしているという点は注目した方がよい。
つまりコンサート招待の時よりも二人が急接近しているのだ。

そしてその後、さらに二人の親密度は増し、KinKi Kidsのコンサートから夜11時に東京に帰り着くや自家用車とも事務所の車ともいわれている“待たせていた車”に彼はさっと乗り込み、石原さとみさんの自宅マンションに直行している。

その後二人がどういう夜を過ごしたのか。
そこまで推測は野暮というものだろう。
bed
ただ、彼を乗せた車がもしも所属するジャニーズ事務所の差し向けた車だったら、文字通り事務所は彼の熱愛交際を黙認していることとなる。

元々はSMAP脱退騒動で事務所を退職した飯島三智さんのマネジメント下にあった山下智久さんが、あくまでも自分は飯島さんのは何の画策もしていなかったこと、自分は“潔白だ”と言い張っていたことが知られている。

ちょっと驚きだが、彼自身ジャニー喜多川社長に
「僕は独立画策なんてしていません」
と直談判したとも伝えられているほどだ。

だがいずれにしろ飯島三智さんと行動を共にしようとしたSMAPの独立派とはあくまでも無関係なことを主張し続け、事務所に残った形となった。
そんな彼の態度を評価されている、とも考えられる。

そしてそうであれば、おそらくは山下さんの事務所に対する“忠誠”ぶりに感じ入ったのか、逆に彼を事務所に引き留めようとする画策行為とも考えられないだろうか。

どちらとも分かりかねる推測に過ぎないが、少なくとも彼の石原さんとの熱愛やあるいは結婚は、彼への“褒美”と考えられないだろうか?

誰も難癖つけられない?今が日本を代表する美女とイケメンが結婚する最大のチャンス

ただ、それでも山下智久さんと石原さとみさんはそれぞれお互いアラサーの年齢に達していて、結婚適齢期の真っ最中だ。

そして二人は日本全国で認められている美男美女のカップルとなる。
事務所がどう巻き返そうとして二人の関係にストップをかけようとしても、少なくとも世間は誰も二人の熱愛に対して難癖をつけられないだろう。

難癖をつけられる人がいるとすれば、二人よりも自他共に認める美女やイケメンに限られてくるだろうし、日本全国見渡しても、そういうレベルの男女はちょっと発見出来ないのではないだろうか。笑

だからひとまずは、“お似合い”。
こう言うしかない。

そして今、求心力を失っている事務所を尻目にして、本当に二人が将来を見据えた熱愛交際を進めているならば、今がちょうどそのチャンスというしかないだろう。

ジャニーズ事務所側が今そういうわけで、所属タレントの熱愛や結婚になかなか鑑賞しすぎることが出来ないでいても、業界全体を見れば所属タレントというのは異性関係や熱愛を厳しく禁じる契約関係を結んでいる。

だからジャニーズ事務所側がそういう“出過ぎた”自由化を進めれば、業界の他の事務所が困ることになるはずだ。

そうなると逆に他の事務所などからジャニーズ事務所が突き上げを喰うことになるとも限らない。

一般の人たちの結婚もそうだが、タイミングが必要。
ファンの方達には涙目になること申し訳無い言い方だが、しっかり筋道が立ったら、一気呵成に進めてしまうことが大切に違いない。

(一ノ瀬絵美)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top