Woomedia

結婚できない女の末路が痛すぎる?空気読めない行動と言動4つと、その脱出!

結婚できない女、と自分自身をくくり始めているのが私たちの年齢ではないだろうか。
婚活していてもこの先たかが知れている。35歳過ぎれば結婚出来る可能線案手1%そこそこ。その末路、すでに誰もがわかりきっている。

結婚できない女というのが確かにいて、そうであれば女の幸せとも言うべきものをかなぐり捨ててしまうわけだから、その末路は惨めなものでしかない。

すごくドライな語り口で申し訳無いのだが、そういう瀬戸際に立たされている女の一人として、どうしてもそう思ってしまうのだ。

だがそういう私でも、同年代の同じような境遇にはまり込んでいる知人や同僚の女性を見るに付け、
「アレじゃやっぱり結婚出来ないだろうな」
と、痛いほど切実に思うことが多い。

結婚出来ないという結果にはやっぱりそれなりに原因がある、と思わずにはいられない。

【スポンサードリンク】

どんな風に私たちは「痛すぎる」のか?

とにかくそういう「結婚出来ない女」というアラサー女性というか、私の仲間だが、私が見てそういうレベルなのだからすごいと言えばすごい。
そう言っている私自身、ある意味もう彼女たちと一蓮托生かも知れないが。

でももちろん彼女もそう、そして私もそうだが婚活とか彼氏捜しにはそれなりに一生懸命なのだ。
wish
悲しいことに(というか、他の人たちから見ればお笑い以外の何物でもないかも知れない)、私たち自身の努力は結局のところ化学反応を起こして世間の白眼視、冷笑を買っていることとなるようだ。

でも自己弁護も含めて、私などはまだ会社勤めなどで世間の風を経験しているからまだ常識的な判断が出来るからいい。
しかしながらそうではなく、完全にそういう社会生活から遊離したような生活をし続けている女性、本当にいるのだ。

そういう彼女たちことまさに痛すぎる存在だろう。

痛すぎる結婚出来ない女達のエピソードとは

彼女建ち、じゃあ実際どういう行動や言動を続けているのか?

その回答の一端として、同じ世代のアラサー女性達にも愛想を尽かされるような場合だってある、といえば大体察しが付くかも知れない。

価値観の多様化とか、考え方の自由とかいろいろ健全そうな建前はいくらでも彼女らの口からも飛び出すのだが、それが完全に人には伝わらない。
伝わらないどころか、誤解とそしりを招いていると言ってもいいんだぞS美さん(一応私の友人 笑)!

それをちょっと列挙してみよう。
1.相手の男性を理想化しすぎる。
これはよくあること。年収600万とかは夢のまた夢、400万だって今世の中稼いでいる男性はなかなか少ない。
というかそれだけ稼いでいたらすでに結婚しているはず。

イケメンとまで行かないけれどふつうの外見の男性。
その「ふつう」が問題で、彼女の言う「ふつう」自体が世間様で言うイケメンを指している。
だから彼女がイケメンというのはジャニーズタレント張りの超イケメンだ。

その他、要件を並べると以下の通り。

長男だめ。舅姑抜き。常勤社員望む。彼女歴無し。もちろん婚歴無し。変な係累いない。

確かにこういうところ、条件として相手に無いよりはあった方がよい、とも思えるが、すごく打算的な物しかない。
愛情という一番カンジンな要件が吹っ飛んでいるのだ。

2.自分の主張がどう周囲にとらえられているのか見えていない。
ついでに私の友人は、これに加えて
「うざくなったら実家に帰ってもいいかどうかはじめから結婚相手に聞きたいんだけど」
と、相手の男性に問いただすつもりだと豪語しているのだ。

いくら私でもさすがにこれは引く。

というわけで、いろいろ出てくるのはあらためて言うまでもない。
でも一番結婚できない女が自分の末路を選ぶ行動を取る大元となるのは、

「そういう自分が相当に常識から離れている、わがまますぎるというのが分からない」
ということにつきるのではないだろうか。

もちろん別に周りがどう言おうと、自分は自分だ。
私の好きなタイプの男性はこういう人だ、通し通すのも一面大切だ。
だが上でも言ったように、その好きなタイプというのは、あくまでも全部愛情抜きの外見でしかない。

結婚生活が基本として夫婦の愛情で成り立つくらい、私だって知っている。
だが彼女の場合、知ってか知らいでか、そんなことは一言も触れようとはしない。
とにかくそういう物質的な物が“命”なのだ。

【スポンサードリンク】

 

3.親元を離れない、親も離そうとしない。
これもよくあるパターンで、幸いというかそれでも彼女は実家から離れて一人暮らしだから、このデメリットからはひとまず逃れている。

だが親から離れた理由というのが自立という目的ではない、結局親の面倒を見るのがうざい、という理由でだ。
一人っ子ではなく妹のいる彼女、その妹は早くに結婚して家を出てしまい、彼女が実家で両親を世話していたのが元々だった。

ところがそれをやるうちに、
「親がやたらと私に依存するようになってきて、ちょっと仕事で遅く返ってくるともうやいのやいの言ってうるさくてね。だから体よく地域の介護関係と相談して願い出て、仕事を理由に家を出てきちゃった」
と、こうなるのだ。

要するに親も子離れできないし、子供も寄りかかられるのはイヤ。
こういうのはどう解決すべきなんだろうか?苦笑

4.自分の時間ばかり持とうとする。プライドが高い。
要するに趣味とか仕事、そしてレクリエーションなど自分のやりたいことをめいっぱい持ちたい、そうすると結婚相手にもそれを認めて欲しいし、相手の男性がそれを受け入れてくれなきゃやっぱり自分の目当ての男性のうちではない。

アラサー世代になると、20代やその前から続けていた趣味などがある場合、そこそこのレベルに達していることも多い。
もちろん仕事だって同じことだ。

だが返ってそういうレベルになっていることから変にプライドも高くなっていることもよくあることだ。
そしてそこまでの“境地”に達してしまうと、おいそれとそういう趣味をやめることは出来なくなる。
趣味自体が自分の存在価値の証みたいなところがあるからだ。

アラサーは結婚出来なくなる罠にはまりやすい?

そんなわけでケーススタディになったような感じだが、結婚できない女というのはある意味自分でそういう末路を作ってしまうと言えるかも知れない。

視野を自分自身で狭めて理想化し、それ以外は見ようとせず、結婚相手の男性を理想化してそれより劣る男性がいたら最悪小馬鹿にするくらいの彼女だ。

彼女はまだよい方だが、同じような結婚できない女の知人などには口を極めて周囲の男性や同僚女性をののしるような人もいる。
私自身、そういう彼女にはあまり近づきたくはないのでいつも距離を置いているほどだ。
でも結局のところ、彼女にしてみればそういう風に周囲に毒をまくしか自分を正当化できないのではないだろうか。

そうなるとその末路、考えただけで痛々しいが、だからといってそういうパターンに陥るのは結婚できない女というレッテルを貼られているアラサーの私たち他の女性にもやってくることかも知れない。
miss
結婚出来る女性の割合が30半ば以降でわずか1%。
この数字はあまりにも痛い。

ならば何とかしてそういう悲しい未来にならないような方策を考えていく必要があるだろう。

結婚出来ない女をやめる一番のポイントは?

最後になるが、そういうわけで、本当に心底結婚したいと願うならば、やはり結婚出来ない女という特徴を見た時、それをやめて行く必要がある。

そのためにはどうしたらよいだろうか?

というのがなかなか結婚出来ないと嘆いている女性の最大のテーマだろう。

そこでよく既婚女性の友人から指摘されることとして、一つのポイントを指摘してみることにする。

単純に考えていけばよいのだが、男性と出会うチャンスを多くつくることだ。

別に婚活だけということにくくるのではなく、仕事での飲み会やコンパ、地域の奉仕活動とか運動サークル、何でもよいのだ。
なかなか結婚出来ないで困っている女性というのは、詰まるところ男性との交流の場を避けているということが多い、というのが彼女の指摘となる。

だから別に結婚相手を探そうと躍起にならずに、まずは単にいっしょに作業する、スポーツしながら自分の殻を自分で破っていく努力が必要だ、というわけだ。
そういう交流の中で、自分がどのように人に見られているかも分かってくるし、相手のことも見えてくる。

「人と人との付き合いは単に婚活の場だけではない。婚活の中だけで男の人と接しようとする人が多いけれど、多くの男性との出会う中のうちの一つに婚活があるはずじゃない?
だから一番大切な婚活の基盤はやっぱりそういう自然な集団としての男の人たちとの付き合いがあるんじゃないの?」

この彼女のコメントに多くの女性がどう答えていくのかは分からないが、個人的にはなるほどと思ってしまう。

視野狭窄をあらためること。
肩の力を抜いて考えてみた時、男性というのはどういうものなのか知ること。
一番の解決ポイントはここにあるに違いない。

(一ノ瀬絵美)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top