Woomedia

肉食系女子のエピソードに見る後始末が痛い?行く末が寂しいことになってしまうかも

肉食系女子のままアラサーを迎えてしまうと、後々面倒かも知れない。
確かに体の関係も恋愛の中では大切な要素になるものだし、女性として相違言う魅力を男性にアピールするのはゼッタイ間違いではない。

だが知人達、そしてネット上などのエピソードを見る限りどうしても肉食系女子というか、そういう体と理性が分離してしまい、果ては結局男性側にとって慰めのためにのみ存在する痛い女、都合のよい女のようなエピソードが多い。

でも彼女たちの話、エピソードを聞くのもちょっと興味深い。
そこから何が見えてくるのだろうか。

【スポンサードリンク】

 

肉食系女子のメリットとデメリットとは

肉食系女子というのは、けっこう年齢が上になってもいるものだ。

複数の男性と交際していたり、待ち合わせて会ったらすぐにそういう場所に行ってそういう行為になってしまう、というように、ある意味行為がお互いの関係の潤滑油となっていることも多い。

そもそも彼女たちのエピソード、あまり男性づきあいの浅い女性というのは少ない。
というか、会話の合わせ方が上手かったり、間の取り方や相手の気持ちを推し量るテクニックに長けている。
土地下というと、そういう社交的な強みが際立つ場合が多い。

中には中学生ですでに「経験」ずみだったり、今の年齢に至るまで10本の指に余るような数の彼氏としっかり「男女の」付き合いがあった、という、問題的な面もあるものの、一方で言ってみれば“交際の達人”だとも言えるのだ。

あけすけ無く本音をそれこそ体で知っており、だから男性に困ることもないし、すごく会話の間の取り方とか場の持たせ方が上手い。
それが彼女たちから得られる印象だ。
kimono
肉食系女子というとややもすれば尻軽な、おマタのゆるい女などと言う酷評も上がるのだが、しかしながらエピソードを彼女たちから聞く限り、けっこうそういうプラス思考のメリットを聞かされるのも事実だ。

だがその反面、やっぱりそういう男性関係は秘密にしておくしかないわけで、友人でも身内でも知っている人がいたとしても出来るだけ本人に迷惑がかからないように秘密にしているものだ。

バレれば先々職場でも婚活の場でも困ることは明白だし、言ってみればそういう若い時の過ちが後々尾を引いて、仮に結婚して家庭生活に入ったとしても“三つ子の魂百まで”のとおり、どこかで以前の週間がフッと出てくることもあるらしい。

そうなると下手を打てば家庭崩壊とか、旦那の方が逆に愛想を尽かして家を出て行ってしまう、ということだって現実にあり得る。

結論として、肉食系女子という傾向、ある程度は誰もが持つべきかも知れないが、やり過ぎれば薬物依存などと同じく身を滅ぼすと言えるかも知れないのだ。

ちょっと大げさだが、快楽も追い求め過ぎればロクなことがない、ということだろうか。

男もドン引き?肉食系女子の肉食過ぎる傾向とは

その肉食系女子のエピソード、そういうわけで30代を過ぎても好きな人は好き、というようにかなり盛んに肉食を続けている女性も私の周囲にはいたりするのだが、彼女らに言わせれば、自己弁護も混じっているかも知れないけれど、婚活も兼ねてのことだと言い張る場合も多いのだ。

確かにそういう肉食系という臭いで軽めの男性は寄りついてくるかも知れないが、果たして家庭生活に向くような堅実な男性が寄ってくるかははなはだ疑問ではないだろうか。

そんな“行き過ぎた”肉食系女子となると、男性の中にはここまではちょっと、という場合も多くなる。
彼女たちにしてみれば慣れた感じかも知れないが、どんなものだろうか?
たとえば、

1.初デートでホテルに女の方から誘われる、
2.酒の席でアルコールが回ると彼氏を放り出して、他の男性を求めようとする、
3.堂々と自分の男性経験を肯定し、あまつさえその“人数”までバクロ、
4.付き合う前からぽんぽん相手の男性のメアドにメールの嵐、
5.FACEBOOKのSNSなどで、他の人たちと旅行の会話が続いているといきなり割り込んで、「私はあなたと○○に行きたい」と臆面もなくモーションをかける(実際私が聞いたエピソード)、

などなど、完全肉食系だったらこのくらいは朝飯前、という女性が私の周囲にもいたりする。

【スポンサードリンク】

 

アラサー以降の肉食系女子は、とにかくしつこい、明け透けすぎ?

そして20代前半くらいだったらまだ交際に余裕を持っているのだが、それが20代後半、そして30代とアラサー世代になってくると、結局婚活の目的も混じってくるためなのか、とにかく粘着質になるようだ。

同じ女性の私の目から見ても、そういう彼女と話をしていると、ちょっとこれは?と思うようなエピソードが話の端々に出てくるから面白い、というか怖い。

要するに、自分がこういうことをすれば必ずどんな男性でもなびいて付き合ってくれる、という思考回路が出来ているためだろし、婚活を考えれば年齢的にも切羽詰まっているので、どうしても自分本位、相手の都合を考えなくなってくる。

このため中には、やり過ぎとも思えるようなボディタッチを女の方から仕掛けてくることも珍しくないようだ。
(初デートの時でさえ濃厚なボディタッチを仕掛けると言うから怖い!笑)

しかもそれに加えて、ある男性と付き合っているのに、他の男性と付き合うことを隠さないでいる女性もいたりする。

実際私のOL時代、そういう後輩のOL女性がいたりして、毎週末のように六本木あたりに繰り出して男あさりをしていた。
night
それを平気で社内である時点から語り始めていたことを思い出すのだが、もう彼女にしてみれば「隠すのも面倒くさい」みたいな遊びっぷりだったようだ。

将来を考えれば、肉食系もほどほどに

もちろんそこまで行ってしまうと彼女の行為、社内でも他の同僚男性を引き寄せるための呼び水などではなく、私の男性上司なども彼女を指して「公衆何とか」見たいに言っている始末だ。

愛嬌はあるのだがその彼女、果たして無事に今結婚出来ているのかどうかちょっと興味がある。

なので後々自分で困るほどに肉食系のまま、本能のおもむくままに男性関係を続けていればなかなか足抜きできなくなるし、公開することになるのは間違いない。

今の世の中、興信所とか探偵をなめてかかると大変な目に合うし、そうでなくても自分がそういう遊びすぎの過去を持っていると、その男性関係の乱れのためにどこかで誰かに恨みを買ったりすることも出てくるはずなのだ。
そうなると別れさせ屋などの暗躍もあるこの世の中、後で痛い目に合って本当にひとりぼっちで生涯を終わることもあるだろう。

変に脅かすわけではないが、なまじ草食系を装っているとやっぱり欲求不満にもなるが、だからといって過度に開放的でいれば問題だ。

婚活のためにも男性との交際は経験しておくべきだろう。
だが目的を単なる快楽にとどめることなく、正しく適切な目標を持って将来を考えることが大切になる。
そういうところに違いない。

(一ノ瀬絵美)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top