Woomedia

肌のかゆみの原因が秋・冬の乾燥空気にあることはわかっているけどいつも対策が失敗!どうにかならないのだろうか

肌がただ今めっちゃかゆくて 笑。
正直言って寝るのもつらいんです、という女性がいる。
悪魔のようなかゆみの原因、もうわかっているんだけど、秋、冬の空気の乾燥。

日本に住んでいる限り、避けようがない。
夏にも肌が荒れることが多いし、冬になるとこの乾燥もぐっと深まってきて、くちびるは切れる、肌はがさがさになって荒れてしまう。

それなりにスキンケアを毎年心がけているのだが、肌荒れの方が酷くて、しかも女だてらに横着な方なもので・・・という彼女。
良策はあるのだろうか?

【スポンサードリンク】

秋や冬に悩ませる肌のかゆみ、その原因は乾燥した空気なのだが、その他にも花粉とか、寝不足、ストレスも原因になりやすい。

実は彼女、かなりのキャリアで会社ではバリバリのマネジメントポジションでがんばっている。
当然ストレスもあるし、彼女がよくこぼすのは

「寝る間がない」

なのだ。
つまり肌の“大敵”、寝不足を宿命的に抱えているようなもの。
彼女に言わせればやりがいがあって仕事自体は厳しいが楽しいらしい。

仕事を緩める気配もなさそうだし、肌のかゆみは何か永遠に原因を消せない用にも感じた 笑。

だが、そんな彼女も秋や冬はさすがにつらいと言うことで、そんな忙しい彼女、そして彼女と同じように時間がなかったり、寝不足になりやすい方々にうってつけの
スキンケアを考えてみた。

–¼Ì–¢Ý’è-2

まず彼女のようなマネジメントポジションにある女性にありがちだが、

アルコールはなるべく控えること

ということ。

30、40代になってそれなりに仕事でヤリ手っぽくなってくると、ストレス発散のために喫煙とか、アルコールをたしなむ女性も多い。
ワインによく手を出すのが彼女のクセの一つだ。

こうした習慣はやはり肌のケアには禁物。
ストレスは他の健康的な発散の仕方を考えてみるべきだろう。

【スポンサードリンク】

・入浴は、温度熱すぎると肌に過度の刺激となってよくない。

温度をセーブしながら、体は刺激の少ない洗浄料で優しく洗い、上がった後は過度の乾燥を避けること。

この時期どうしてもかゆみの主たる原因の乾燥空気の季節となる。
入浴後は上気した肌から水分が発散するため、過度の乾燥も心配なので、加湿器を使って保湿を忘れずに。

・脂肪分も肌の保湿のためにある程度は摂取する必要がある。

このあたり、ダイエットとトレードオフのような感じだが、スキンケアのためにはある程度はダイエットを犠牲にする必要もあるかも知れない。バランスを考えて上手く自分で調節していきたい。

秋から冬の乾燥による肌荒れの心配もあるが、さらには冬から春にかけては花粉症の真っ盛りとなる。

automun scenery

肌の弱い彼女、また同じ悩みを抱えている方々にとっては油断がならない時期とも言えるだろう。

保湿を中心としたスキンケア、これをなるべく時間の取れない女性向けにまとめてみたのだが、ご参考になれば、と思います。

(増淵夕子)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top