Woomedia

心霊現象で恐怖体験したい?実体験した人が教える危険さと怖さがスゴイ!

恐怖体験とか心霊現象と聞くと、テレビや雑誌の作り話だと考える人も多いに違いない。だが最近はそういう事を実体験してみたい、という興味が30代40代の人々にまで広がっている。

その理由の一つはそういう心霊現象が起こったりする場所を巡るツアーが行われたりしていること。
恐怖体験を1度は実体験してみようという気持ちがやはり誰でも持っているものに違いないからだ。

ただちょっと、そういう興味を持つについては注意しておかなくてはならないことがある。
私がある「体験者」から聞いた話として、もしもそういう恐怖体験をしたいと思う方に知っていただきたい。それをちょっとお伝えしよう。

【スポンサードリンク】

「恐怖体験は二度としたくない」!興味本位で心霊現象を求めるのはNG

心霊現象を体験した事のある、というよりそういう主張をしている女性は私の周囲にもいたりするが、あまりそういう恐怖体験は語りたがらない。
そういう実体験をした人というのは、自分で語るのも怖いからあまり話さないけれど、それでも何人かでわいわい話が弾むと、話半分で語る。

その女性がよくいうのは、そういう体験を興味本位で好んですべきではない。
同じことを別な知人も言っているし、ネット上を見ると興味半分でそういう場所に行ったことがある、という意見の他にもそういう声が多い。

とにかくその女性が言うには、そういう興味を持つ人というのはいつもそうだが、そういうことを生まれて一度も経験していない人たち、本当の恐怖体験がどんなものか知らないで今まで過ごしてきた人たちに限るだろうということだ。

だが中には彼女には悪いのだが本当か嘘か、そういう体験を子供の頃からしているという人も世の中には少なくない。

そしてそういう人はほぼ間違いなく、そういう興味本位な恐怖体験はせいぜいテレビ番組の中だけにしておいた方がよい。
「あんな怖い体験、もう二度としたくないし思い出したくもない」
彼女が口を酸っぱくして繰り返す言葉だ。

イギリスでは心霊現象を巡るツアーがある

ごく最近、神奈川県のとあるタクシー会社が、そういう心霊現象が起こるという場所を巡って恐怖体験をする深夜ツアーを企画し、ものすごい大繁盛を見せているとも聞いている。
他にも北海道の札幌で、そういう恐怖体験のツアーがあるようだ。

またよく知られている事として、実のところイギリスでもそういう実体験をする目的で、心霊ツアーが行われている。
心霊スポットで超有名なロンドン塔をはじめ、そういう心霊現象が起こる場所をきちんと観光スポットにしているとのことだ。
grave
そしてそれがものすごい大人気。
何しろこうして日本にまで有名なものとして伝わっている。

おそらく今後、日本でもそういう恐怖体験を売り物に心霊ツアーとかパックツアーが増えたりすることもあるかも知れない。

【スポンサードリンク】

彼女は心霊スポットに行って霊に取り憑かれた実体験がある?

ただ、そういう興味本位の心霊現象巡りとは裏腹に、身近にいるそうした実体験をしたことがあるという彼女の話では、

”そんなもの、絶対おもしろがって参加すべきではない”

とはっきり否定している。
それというのも彼女自身、そういう興味本位で以前は心霊現象の実体験を聞いたりしていたそうだが、数年前のある日、たまたまそういう“場所”に言ったことがあり、そこで本当に身の凍る恐怖体験をしたことがあったという。

少しずつ語っている実体験では、実のところ彼女自身そういう場所に好んで行ったわけでなく、偶然に行き当たってしまったようだ。
そうしたところが、後になって自宅に帰ってみたら変なことばかり起こったという。

気味が悪くなって“その筋の人”に聞いてみたところ、そういうものを
『自宅まで連れ帰っていた』
らしい。

心霊現象の起こるところというのは、そういう死んだ人の霊がさまよい、誤って足を踏み入れた彼女のようにそういうものに取り憑かれてしまう事があるとのことだ。

興味本位で一時の恐怖体験をしたかったばかりに、命取りになってしまうこととなったりすることだってあるという。
「そうでなくともその後の一生をめちゃくちゃにされたり、病気やケガをしてしまったりすることだってあるしね」

これが彼女がそういう“その筋の人”に相談した時に聞かされ、それこそ厳重に忠告された事だそうだ。
ghost
「その人が言うんだけど、死んだ人がそういう場所でさまよっているのは、大変な恨みや悲しみを持って死んだ人たちだったりするし、中には自分が死んだかどうかわからない人もいるっていうのよね」

「でもそういう場所に行って恐怖体験をしてみたい人たちっていうのは、そういう人を茶化したりからかい半分で行く人が多いでしょ。だからそういう風にして死んだ人たちからしてみれば、とんでもない冒涜行為以外の何物でもないっていうんだよね」

「生きている人だって、自分たちを見世物にしたりからかったりしてくれば誰だって怒るじゃない。そういう心霊現象を実体験したいと言って集まってくる人というのは、ある意味それより酷いことをしているってその人言うんだよね」

「だから霊を信じない人にも言いたいんだけどってその人が言うんだけど、そういう恐怖体験を興味本位でしたいという人は、人道的に考えて正しいのかどうか、まず考えて欲しいと言うよね」

これは今、彼女の意見にもなっている言葉だ。

たまたまそういう場所に出くわしたら

恐怖体験をしたいというのは、べつにこうした心霊現象を取り上げなくてもある程度誰でも持っている願望でもある。
バンジージャンプや遊園地でのジェットコースター、お化け屋敷などなど、そういうものを探せば無数にある。

だが上のように、もしも霊が実在するとしてもしなくても、そういう亡くなった人たちの事に思いをいたせば、これだけは実体験することを望んではいけない、とおもいあたる。
それがこういう心霊現象の恐怖体験ではないだろうか。

そういうわけで、その彼女の言葉を借りるとすれば、上のような私の結論となる。

ただ、中にはそういう場所にうっかり知らずに踏み込んでしまったという人もいるに違いない。
そういう場合には出来るだけ早く立ち去るべきだろう。
そしてもしも不幸にしてそういう不思議な現象に見舞われた時には、何とか自力で信頼できる“そういう筋の人”、僧籍や神主に出会ってお祓いしてもらうのも手かも知れない。

(一ノ瀬絵美)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top