Woomedia

ダイエット方法の効果ランキングは運動がベストって、考えてみれば運動不足になりがちだから当然かも知れない

ダイエットの方法も食事のレシピからサプリ、薬剤などいろいろな方法がいわれている。
みんなそれなりに効果がありそうだけど、女性の30代、特に後半になると体の変化に伴ってなかなか痩せにくいといわれている。

そうなると30代後半といわず、前半でも十分に先を見越してダイエット方法のランキングから考えてみなければならないのだが、ちょっと意外なことに30代で一番効果のあるのが実は運動だといわれている。

一体なぜなのだろうか、その原因と実際にどういう運動をすればよいのか?

【スポンサードリンク】

30代になると新陳代謝が低下して、食事制限ダイエットの効果が落ちる

女性も30代前半までは20代の体力を保っているが、後半になると新陳代謝や女性ホルモンの一種であるエストロゲンのが減少してくる。
あまりいわれたくないのだが、一種の老化現象の始まりとでもいうのだろう。

このため、20代以前にやっていたダイエット方法のうち、効果的だった食事制限はなかなかうまくいかなくなってしまう。
つまり食べても太る、食べなくても太るというワケなのである。

その原因の中心となるのはやはり新陳代謝の低下。
代謝が衰えると、結局食べた分だけ太るというか、ちょっと食べ過ぎただけでもすぐに体重増加になってしまうのだ。

そこで30代女性でのダイエット方法ランキング1位になっている運動の登場ということになる。

diet

30代食事制限よりも運動ダイエットで乗り切る

運動が効果的なのはもちろん20代などでも同じなのだが、30代になって仕事や子育てなどで毎日を多忙で終われるようになると、勢い運動量が減るのは紛れもない事実である。

20代にはそれなりに体力が余っていたので、遊びに出かけたり、ダンスやテニスなどを楽しんでいた女性達もだんだん年齢を重ねるにつれてだんだん億劫になって来てしまう。

私も確かに経験があるのだが、30代を過ぎてしばらく経ってみると、会合や友人との集まりでちょっと飲食が過ぎると妙に体がもよっとふやける感じがしてくる。

これはまずい!とその後数日間は食事の量が気になって仕方がないのだ。
だが、食事をちょっとやそっと減らしても体重が増えることはあっても減ることはなく、本当に困ったことがあった。

その運動ダイエット、どんな運動をすればよいだろうか?

【スポンサードリンク】

きつい運動を避けること、食後1時間~1時間半以内に軽い運動を

まず気を付けなくてはならないのは、食事をいくら減らしても痩せることがないから、と焦ってきつい運動メニューを組んでがんばりすぎないことだ。

やり過ぎは禁物で、むやみにきつい運動を自分に課すと、気持ち的にもきついし、運動の種類にもよるがかえって筋肉がつきにくくなる。

運動ダイエットの基本は、食事によって摂取したカロリーを運動量で燃焼し、同時に運動不足の解消と筋肉による体形の維持・サポートという役割がある。

diet2

運動不足になると体が太るだけでなく、筋肉が低下することによって体力維持も鈍ってくるし、同時に加齢による身体機能低下もあることが考えられる。

だから運動ダイエットが30代女性には最適な方法としてランキング1位にもなりうるのだ。

そして覚えておきたいのは、脂肪が一番つきやすい時間帯は食後なのである。
その食後に運動を維持すれば、かなりの効果が見込めるということだ。

20代では自然に体が運動を欲していた感じもしたのだが、30代になって仕事の中核になる女性が近年増えている。
その彼女らにとって、この運動によるダイエット方法は必須の知識だろう。

実際、これを知らなくて30代あるは40代にもなっていながら、無理な食事制限を続けていたことから拒食症になる女性もいる。
告白するが、私も最近この運動ダイエットを知ったばかりだ。

と言うわけで早速始めていのだが、この運動ダイエット、デメリットがあるとすれば一番効果的な食後に行わなければならないということ。
昼食後にジムなどで運動するというのは、なかなかマメな性格でないと出来ないのかも知れない。

私もお昼に運動するヒマがないので夕食後に行っているのだが、体の感触から行っても正直効果があるようだ。
2,3ヶ月後体重計に乗るのを楽しみにしているのだが 笑。

(増淵夕子)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top