Woomedia

付き合う前からお泊まりデートを誘うって目的見え見え!それでも応じた方がよいのだろうか

お泊まりデートをするといったら、それなりに関係が進んだ時のこと。
ところがせっかちな人の中には、付き合う前、好みや趣味で意気投合したとたん、そんな誘いをかけてこられてしまう場合がある。

付き合う前にそんな誘いをかけるのもヘンだし、結局目的が見え透いている、とも取られかねない。もちろん多くは男性の方からの誘い、申し出だ。

断ってしまうのは簡単だが、その断り方もバカに出来ないし、まれなケースかもしれないが確かにそれでお泊まりデートをしてしまう、交際はその後に回してしまう、というパターンも100%無いとは言えない。

このあたり非常に難しい判断になるから、ちょっとそれを突き詰めてみたい。

【スポンサードリンク】

付き合う前からお泊まりデートは無いようで意外と多い?

ただ、実際の男女の出会いと交際のパターンを考えると、付き合う前から早々とお泊まりデートしてしまうケースが確かに皆無とは言えないのだ。

私の友人ではないが、過去にそんな噂の立った元勤め先の同僚女性がいたりして、相手はどうやら妻子持ちの上司男性。
当然不倫の関係だったということになる。

不倫するのは絶対やめておくべきだが、普通の出会いと交際の中でも可能性としては捨てきれないし、現にやはり元同僚女性の中にはちょっとした事情が挟まって、交際とお泊まりの順序が逆になってしまったなどというケースもある。

その事情というのはこれも結局同僚男性と女性との関係だったのだが、二人は部署も同じでデスクも近かったこともある、そして住んでいるマンションやアパートがやっぱり近いこともあって、お互い恋愛関係になる前から相手の事情をよく知っていたらしい。
趣味とか考え方も近かったようだ。
しかも年齢も女性の方が年上だったが、ほんの2,3歳の差だった。
stay
こうなると改まって交際期間を持つ必要もなかったらしく、結局お泊まりデートで結ばれたのをきっかけに早々と結婚している。

だからお泊まりデートを付き合う前に誘う方も、また誘われてそれに応じる方も、条件次第でOKになる場合がやっぱりある、と考えてよい。

それでももちろんお互いせっかちすぎる、失敗の元、という可能性は大きいに違いないが。

それでも誘われたらやっぱり断るべき

ただ、上記でそう書いたものの付き合う前からすぐにお泊まりデートをOKするのはやっぱり危なっかしいというしかない。

たとえお互いよく気心とか趣味とかを知っている関係であったとしても、普通に交際期間を盛って、その成り行きで自然とそういう関係になるのとはちがう。

お泊まりデートとなると、ちょっと堅い言葉だがお互いの起居進退、つまり起きたり立ったり座ったり、ちょっとした言葉遣いだったりと、細々したところまでお互いのチェックが入るものだ。

それをあらかじめ理解した上で、つまり交際期間中にそういうことも飲み込んでおくことでその後のお泊まりデート。

特に男性にとって“一夜の相手”なら話が別だが、一緒に夜を過ごすこととなる女性にとっては、万一その後で関係がこじれて別れたりする場合、彼女にとっての男性遍歴は大きな傷が出来ることだってある。

最悪妊娠などということもあるだろうし、それでなくても相手の男性がこちら側が思っていたような誠実なではなく、要するに体目的のような場合だって無いとは言えない。

特に男性の場合、好きな女性とそこまでの関係に至ると満足し、むしろ相手の女性のアラを見ようとすることが多いものだ。
そういう場合、こちらのマナーの悪さやヘンなクセがあるのを男性から見いだされ、それが結局彼の熱を冷める元にもなるし、最悪別な女性に走られる可能性だって出てくる。

【スポンサードリンク】

女性の方も意外と「慌てがち」になりやすい?

もちろん男性のことばかり悪く言いがちになってしまうのだが、何も男性の方ばかり問題視するわけではない。

女性の方も30第40代になるにつれ、男性ホルモンが多くなる結果、実は20代よりも性欲が増強していることが知られている。
平たくいってしまえば

“男に飢えている”

年齢なのだ。
もちろん私も含めてだ。(恥)

「この人だったら信じられる」
というふうに、自分の目を過信しすぎるのは30代40代のような、いわば婚活などでパートナー探しに頑張っている女性に多いかもしれない。

そして相手の男性が、自分の思っていたような理想の人とはちょっと離れている“と思いつつも、そんな欲望に飲み込まれてしま宇ことだって十分考えられる。

付き合う前に

“まあいっか!”

となるケースだって無いとは言えないのだ。

本当に男女の関係はのっぴきならないが、将来の幸せのためにもその気持ちをどこかで抑えた方がよい。

たとえ自分で100%の確信を持って「この人だったら大丈夫よね」という場合でも、ぜひそこで一つ、深く深呼吸して冷静になることをおすすめしたい。

それでもお泊まりデートしたいなら

そういうわけで付き合う前にお泊まりデートの誘いを受けて応じる気持ちの中には、女性自身にも相当油断が出ているかもしれない。

だがそれでもそういう男女関係から発展し、結婚にまで行き着いたケースがあるのは、最初の方に例としてあげてみたとおりだ。
hotel
くどいようだが非常にリスクの大きいのが付き合う前にすぐにお泊まりデートになってしまう、という超速の関係で、遊びの気持ちで女性を誘う男性にはよくあるものだ。

当然だがそんな場合には何としても避けるべきなのだが、女性は弱いものだ。
そして逆にそういう男性に限って女性の気の惹き方が非常に上手い場合も多い。

そして女性の扱い方、服装や身のこなしなど、やはりスゴイ人はスゴイのだ。
「あの男性はイケメンで話し上手」と聞いただけで友人などは目を輝かせたりする。

そんな男性に正面から見据えられ、甘い言葉をかけられたら落ちてしまうことだって考えられないことはないだろう。

なのでこのあたり、そういう男性の見かけよりも何とかして彼の内面を突き詰めて観察した方がよい。

そして、その上でやっぱりお泊まりデートに応じようとするのならば、後々の可能性として、どういうこととなるのか全て自分で責任を負う、そのくらいの覚悟はぜひ持つようにして頂きたい。

相手が妻子持ちだったことを知らなかった、病気をうつされた、相手の身内に問題があった、借金肩代わりを頼まれた、などなど、思いもかけないリスクはいくらでも出てくる。

たとえ後で裁判を起こしたとして勝訴になったとしても、少なくとも相手の男性とそういう関係になる前の自分には戻ることが出来ない。

そのようなわけでいろいろ書いてしまったが、私もOL時代、そんな実例を身近で見た経験があったし、本当に女の一大事だ。
同じ女の端くれとして、こうしたケースに直面している女性には、こちらの内容を参考の一つとして、ぜひ良い未来を築いてただきたい。

(一ノ瀬絵美)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top