Woomedia

宮崎謙介は現在もアノ気満々?仕事なしでモヤモヤが溜まりまくる生活に耐えられるのか

妻子を持ちながらグラビアアイドルと不倫関係になったことが発覚して議員辞職した宮崎謙介・元衆議院議員(35)の現在が相当ヒサンなようだ。

仕事といえば嫁で衆議院議員の金子恵美氏が外出する際、留守番をする“主夫”。掃除や洗濯、そして今年生まれた子供の子守もやっているらしい。

宮崎謙介氏が外出する時には行き先や時間まで、すべて嫁のチェックが入る。
要するに自宅にいる以外、現在何にも仕事はしていない。
というか、出来ないだろう。

一時は不倫騒動が発覚後、離婚騒ぎにまでなっていた結果、身投げでもするんじゃないか、などという憶測が飛ぶほどにやつれていたらしいが、最近は違うらしい。何だかそろそろあっちの虫が彼にわき出してきた、という情報が入っている。
要するに、懲りていないのだ。笑

そんな現在の宮崎謙介氏にブレーキをかけているのは何だろうか?

【スポンサードリンク】

離婚しない代償として、牢屋暮らしのような生活を強いられている宮崎謙介

恋人同士だったらこうした浮気などが発覚した時、あっという間に別れ話に直行するケースとなりやすい。

結婚していても夫婦の関係にあったらまず不倫をした旦那の方は当分嫁に頭は上がらなくなる。
当然と言えば当然だ。

だが幸か不幸か、宮崎謙介氏との離婚はない、とはっきりと嫁の金子恵美議員は明言しているし、宮崎氏もSNSでそう語っている。

なので離婚は当面免れたかもしれないが、現在そういうわけで、なまじ外で仕事をしない分じりじりしているという宮崎謙介氏。
親しい友人などには
「こんな生活もう耐えられない」
「合コン行きて~」
と危ない発言をしていることがわかっている。

一時は自分で命を絶つんじゃないか、などと物騒なことも言われていたほど憔悴しきっていたという彼だが、ここに来てこんな発言をする、漏れてくるというのはいかがなものなんだろうか。

突発的な衝動で、またいつ現在の生活を棒に振るとも限らない、そんな危険な男性が彼なのかもしれない。

「この人、頭いいんだろうけれど(なにしろ早大大学院卒!)、何だかそっちの病気なのかもね」
「国会議員になるべき人じゃなかったかも。女性を接待するような仕事の方が向いていそうな気がする」
と友人女子が言っているが。

【スポンサードリンク】

嫁の監視、主夫の生活にどこまで耐えられるのだろうか

あの不倫騒動の結果、宮崎謙介は少なくとも現在、世間の人々はもちろん、そういうわけで常時彼の監視を怠らない、という嫁の金子恵美議員には全く信用が置かれていない。
prostration
なのであと一押し、彼女の激怒を後ろから押すような女性問題を宮崎謙介氏が引き起こせば雪崩的に離婚にまで発達することはかなりの確率で間違いないだろう。

元々彼は金子議員と結婚する前には、同じく現在国会議員で自民党もと幹事長の加藤紘一氏の娘・加藤鮎子氏と入籍しているが、結婚生活中にもう湧き騒動をやらかしてしまい、婿入りした加藤家を追い出されているという前歴を持つ。

婿養子になるくらいの“逆玉の輿”の生活を棒に振るほどに、彼の女性好きはスゴイ、強力だというわけだ。

そしてこれから考えれば、今かろうじて離婚を踏みとどまっている金子恵美氏との関係も、もしかしたら容易に他の女性を新しく作るなどしてオワコンしてしまうのかもしれない。

そして考えてみれば、先の不倫騒動の時だって、金子議員がお産でウンウン苦しんでいる最中、モデルタレントと楽しく過ごしていたわけだし、普通の不倫よりも一回り彼の場合はスケールが大きいように思う。

昔の上司とオーバーラップ?女にだらしない人は確かにいる?

そんな彼が、何となく恋愛依存症など、精神的な病気ではないのか、とも考えたくなる。

個人的な経験として宮崎謙介氏ほどのケースではないが、昔の仕事先で、上役の男性上司がやっぱりけっこうハデに女性と遊んでいたことがあった。

その元上司と何となく宮崎謙介氏はオーバーラップしているんじゃないか?
そんな思いがしたりする。
そういう性質の男性も世の中見回すとけっこういるのかもしれない。

私がOLの仕事をしていた時、その会社の上司が自分の浮気行為をしていたことがあった。
社内の女性ではなく、どうやら新宿の飲み屋街でのことらしい。

だがそういう外に女性を作っていたことが後で嫁にばれてしまい、嫁の前で土下座して謝った、という話を飲み会でこっそりしていた。

その上司、ちょっと変わったところがあって、自分のロクでもない失敗を酒の席でよくしていた。

OL女子達はそんな彼の話を聞いてゲラゲラ笑っていたものだが、年齢、体力的に元気いっぱいの男性だと、そんな行動にみんな走ってしまうのかなあ?などと私個人、真剣に考えてしまったこともある。

でも適材適所という言葉があるとおり、宮崎謙介氏も、国会議員などではなく、そういう店のホストでもしていたら、現在に至るまでボコボコにたたかれてはいなかっただろう。

ホントに幸か不幸か、仕事や道の選択を誤ったのかもしれない、と思えるような宮崎謙介氏。
自分の手に負えないようなものを抱え込んでしまったようでもある。
まずは嫁の言うことを聴いて、世間の風に耐えてみることだろう。

(一ノ瀬絵美)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top