Woomedia

エッ電車の中で化粧することが小論文になるような白熱する問題?罪悪感を感じるという友人も

電車の中で女性が化粧して良いか悪いか、ということを巡って熱い議論があるようだ。
何しろ大学受験の小論文(たぶん女子大など)にもテーマとして取り上げられるようになっているという。

電車の中で化粧する女性を確かによく見かけるが、以前は女子高校生が中心だった気がする。
それがこの頃はOLなどの大人も一斉に、という感じだ。

深刻な社会問題、といえば何となくそんな気もしないではない。
小論文に取り上げられるくらいだから、いまだはっきり良い悪いの区別が付いていないと言うことなんだろうか。

だが様々な声を聞いてみると、もっと事情は複雑そうな気配もある。
なので電車で一切化粧した経験のない私が語るのもおかしいのだが、自分なりの意見をまとめてみよう。

【スポンサードリンク】

マナーの上で電車の中での化粧はNG?

友人にはもちろん電車の中で化粧している女性もいる。
一件へっちゃらそうに見えるが、それでも満員電車の中ではやらないと彼女は語っている。

その理由の一つには、満員電車の中でやるとコスメのニオイがするとか、電車が揺れるとに粉末が散ったりしてしまう。
それで周囲に迷惑がかかってしまうから、電車の中で化粧する時はラッシュ時でなく、がらがらに空いているときにはやる、という。

「時間が押してしまってやってしまった時もあったけどね。でもそんな時は罪悪感満載だった」
なるほど、罪悪感を感じることもあるわけか。

限られた字数の小論文の中で、ここまで細かく語ることは出来ないかもしれないが、でも確かにこの友人のようにケースバイケースで化粧を認めている、という立場も多い。

だが友人にはいないが満員電車の中でももちろん化粧をしている女性もみかけることが多い。
友人の尺度で言えば、他人の迷惑知ったこっちゃない、という行為になるだろうか。

ただ、化粧というのは元来人目に隠れて行っていた行為だ。
とりわけ男性の前で化粧するのは、男性がいやがるとか、はしたないとか言う理由で避けられていた。
cosmetic
元々化粧は漢字で書いても「化ける」の次が当てられていて、自分の素顔を隠すという意味合いももたれていた、という話を聞いたことがある。
化ける前の自分を男性に見られるのは、自分の表と裏のカオを暴露するようなものなのかもしれない。

だから否定的な意見をまとめてみると、元々化粧は人目から隠れて行う行為であり、周囲に迷惑もかかりやすい。

しかも化粧前の自分を公衆の中で暴露しているようなものでもある。
だから電車の中での化粧は、いまだに良くない、NGだという声は根強い、というべきかもしれない。

ややこしいことに、中には化粧中の女性も好きだ、という男性も少数ながらいるようだが。笑

急場しのぎではやむを得ない?だけど別な問題も

ただ、現実の多忙な社会の中では隙間時間、特に出勤前とか登校前の電車の中で急いで化粧しなくてはならなくなる、というケースも非常に多いはずだ。

私は電車の中で化粧したことがない、ということを上で語っていたが、それでもOL時代、出勤後に会社ビルの化粧室でぱっぱと化粧を済ませていた。

そのためにある程度出勤時間に余裕を持つ努力もしていたが、幸いにも出勤時間が遅めの勤め先だったということが大きい。
電車の中で化粧をしたことがない、という理由にはこんなウラがある。

なので私も出勤時間の早い企業などに勤め続けていたとしたら、友人みたいにもしかして電車の中で化粧、というケースも出てきたかもしれない。

ただ、そういう場合があったとしてもあくまでも私は急場しのぎ、時間が押してにっちもさっちもいかないようなタイトな場合に限ってすることになっただろう。

しかしながら、小論文でテーマにする方にはぜひ取り上げてみてほしいネタだが、結局のところ、電車の中で化粧する女性というのはそういう隙間時間を塗って緊急的な措置のようにして慌ただしくしている、という人が多いはずなのだ。

それはそれで同情も湧くのだが、特にOLなどの社会人の場合、自分のタイムマネジメントが行き届いていない、それを自分で暴露しているようなものではないだろうか。

電車の中で出会うのは、基本的には不特定多数の赤の他人。
だから知っている人に出会わないと言うことである意味安心して化粧してしまうのかもしれない。

だが世の中広いようで狭いものだ。
そういう行為を毎日続けていれば、ひょんなことで会社の同僚や上司などに出会わないとも限らない。

【スポンサードリンク】

小論文での回答は、今の世相を反映するかも?私も基本前へならえで考えたい!

電車の中で化粧することが良くない、はしたない、と思っているのは、おそらくある一定の年齢になっている日本人だったら誰でも感じるだろうし、その影響はもっと若い人たちにも浸透しているはず。

だからこそこの問題が小論文で取り上げられてしまうほどの切実さが続いているとも言えるのだ。

なので普通に考えて電車の化粧がよいか悪いかを考えれば、小論文などでは当たり障りのない回答として、

良くない。
迷惑。
化粧は隠してやるもの。
見せるのはあくまでも身内や結婚相手くらい。

という回答に自ずからなってくる。
train
そして今回私も気づいたが、小論文での回答や展開などは、基本的に今の世相を十分に知っておき、それをうまくまとめていくと良い回答につながりやすいのではないだろうか。

世間一般の考えからかけ離れようとして、自分のキャラ立ちをことさらに強調するなど考えられない分野だし、圧倒的多数の人たちを納得するような回答、そして論理の展開を必要とする。

そして逆に小論文の中でそういう回答が示されていることで、そういう考えがひとまず正しい世間の思考だということもいえるかもしれない。

周りの多くの友人の意見を聞いても、普通は電車で化粧したりするとだらしないところを見せている、という声が多い。

自由社会だから、決して考え方の違いを問題視する気はないのだけれど、周囲の迷惑になるから、という小論文的な回答。
いまは私の友人も含めて、大方が最後の砦としてこの理由を持ってきている、といえるだろう。

増淵夕子

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top