Woomedia

結婚できない人と付き合うのは人それぞれ考え方が違う?自分の意見を出してみた

交際しても、その相手が将来一緒に家庭を持つのではないとわかっている。
そんな、将来結婚できない人と付き合う、ということが良いのか悪いのか、人に勧めることが出来るのかどうなのか、聞かされると考え込んでしまうような問題がある。

結婚できない人と付き合う、というのは簡単に考えれば、恋愛という遊びをしているのではないのか。

私と同じ年代の友人は、やっぱりこういう考えの女性達ばかりだが、それでも現実を見れば、考えと行動は一致していないことも少なくないのだ。
正直その中には私も含まれている、というしかない。

【スポンサードリンク】

結婚できない人というのはどんな人?

ただ、結婚できない人と付き合うと一口に言っても、具体的に

「結婚できない人というのはどんな人なのか?」

という疑問も真っ先に上がるだろう。
要するに、経済的、社会的な理由、または家族の反対が合って結婚できない状態になっている人。
または、当人自身が結婚しないつもりとあらかじめ決めていて、結果として一方の相手が結婚したいと思っても受け入れてくれようのない人。
大まかにはそういう人と言ってよいだろう。

もちろん10代、あるいは20代前半のようなカップルの場合、付き合ってすぐに結婚という将来に結びつけることは難しいだろう。

だが私の経験も加味して語るとすれば、そういう若い年代というのは、確かにはっきりと将来を考えているわけでなくとも、心のどこかに

「いずれそうなるかも」
とか、
「いずれそういう関係になりたい」
という感情をほのかに持つものだ。
おそらくこの記事を読んでおられる方々もそういう体験をしている方は多いだろう。
bride
私のような女がこういう言い方をするのもどうかと思うが、
「好きな二人が交際する時、必ず行く手に夢を描く」
ということ。
私自身、以前にも恋愛に失敗はしてるけれど、いつもこれをヌキにして付き合ったことはない。
だから私から言わせてもらえれば、結婚できない人と付き合う、というのは
「結婚できない、とはっきり決まったわけではないが、なかなかたやすく結婚までこぎ着けられなさそうな人」
と付き合う、という意味になる。

30になって、若い時よりも子供ももうけづらくなってきている。
男性側から見れば賞味期限切れになりかけてしまった私かもしれない。

でも図々しい物言いになるのだが、心は自由に持てる。
年齢に伴って結婚や出産が難しい条件が増えてくれば、その条件の中で夢を持てばよい。
私はそういうふうに考えている。

ちょっと脱線だが、そんなわけだから私から言わせてもらうと結婚できない人、というのはその人自身がそう思っているわけではなく(思っているかもしれないが、それ以上に)
「周囲からそう見られている人」
にすぎないのではないかと思う。

【スポンサードリンク】

結婚できない人と真剣に付き合う女性に、やめろと言えるかどうか

ただ、自身の思いがどうあれ、付き合っている相手の男性が上のような「そういう種類の人」だったらどうするのか?
自分自身はそういう気持ちになっていたとしても。

そしてこういう相手と付き合う時、一番怖いのは遊ばれている、遊び相手としてしか見られていない可能性だ。
賢い方だったらそんなアブナイ付き合い方はされないと思うのだが、自分からわざわざ結婚できない人と付き合うことを望むというのは、最悪そんなリスクを冒すこととなる。

自身でそういう将来を前提としていない付き合い方を選んでいるとすればすべて自己責任というわけで、周囲が意見するのも限界があるだろう。
結婚がすべてではない、と考える人も多いし、こうれいかしゃかいがすすむにつれて、そういう結婚をゴールとしない交際を考える人は多くなるに違いない。

だが、そうではなく、やっぱりどこかで結婚したい、という結婚願望があるならば(自分で気づいていないことも多い)、やっぱりそういう付き合い方は問題が出てくるのではないだろうか。

よく恋愛に慣れるため、“経験値”を稼ぐという点では結婚を前提としない津恋愛にもメリットがあるということが言われている、ということもある。

現実はそんなに甘くない?デメリットも多い「結婚できない人」との交際

恋愛は自由だと言うし、だから様々に恋愛に対する考え方は持っていてよいとも思いたい。

だがここで私が特に強調したいのは、そういうひとたちの現実が、その後どうなっているのかどうかだ。
特に女性を見た場合、結婚をたとえしないと決めていたとしても、そういうふうに結婚できない人と付き合うことを納得して続けていたことまでは自分の思い通りだし、経験としてもよかったのかもしれない。

だがその後別れたりして恋愛が終わった後、彼女たちはいったいどうしているというのだろうか。

別に私は、同じように結婚できない人と付き合うという行為を今続けている方達に対して何の悪感情もないし、それはそれでよいと思う。

ただ、私は少しでも付き合う相手とそういう可能性がある方を選んでしまう。
その中で、世間で言う「結婚できない人」に該当するのであっても、その中から将来を考えていける可能性を持とうとするのだ。
年齢が切羽詰まってきているのでそういう考え方に変化しているのかもしれない。

そういう経験のある女性達の声を見ると、ある方は結婚したと言い、別な方は四十路を過ぎても男性の間を渡り歩いている女性もいるようだ。

だからたとえ結婚できない人と付き合っても、その人自身とはムリでもちゃんと経験値として将来の結婚に生かし切り、無事に結婚しているという方もおられるようだ。

ただ、確かにある回り道であることは間違いない。
結婚も恋愛も人間関係の一つなので一直線に行く場合もあるし、試行錯誤、時にあH離婚してから多くの異性と付き合い、その後に再婚というケースもあるだろう。

一つだけはっきりしていることは、おそらくこうだ。

「結婚したいという願望さえ捨てなければ、今付き合っている相手が結婚できない人であったとしても、やがてふさわしい人と巡り会える可能性は残る」

「それを自分から放棄すれば、結婚は無くなる。一生結婚しないと決心していれば自分の思い通り、一生結婚できない」

あなたはどちらを選ぶだろうか。

(喜屋武氷捺)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top