Woomedia

東京イルミネーションにランキング入り(2015)しているスポットも素敵だけど、クリスマスにはアノ場所も見逃せない!

クリスマスが近づいてきた。
今年2015年も全国各地とともに、ここ東京でもクリスマスイブを彩るイルミネーションのランキングが発表されている。

そんな中、彼氏とクリスマスイブのデートにおすすめの東京スポットが早くも現れている。

だが、東京都ならば交通の便も考えて近郊を含めることもできるし、だとすれば絶対外せないスポットがあるのだ。

しかもデートカップルだけではなく、老若男女で楽しめるスポットなのである。

【スポンサードリンク】

その前にまずホンネをいってしまうと、大体私はクリスマスでデートするにもなかなか夜の外歩きはつらいものがあったりする。
女も20代はクリスマスイブで東京でも横浜でもイルミネーションスポットをめざしてデートにも楽しく元気に過ごせるが、正直30を過ぎるとやっぱり体が冷え切ってしまう。

だから彼氏に誘われるのが怖くなる。
ロマンチックな夜になりきれなくなっているのだ。

でもクリスマスイブや初詣くらいはエネルギーをフンパツして、今年も熱く夜の散策をがんばりたい。

東京のおすすめイルミネーションランキングスポット(2015)

そんな東京のおすすめイルミネーションスポットのランキングをまとめると次のようなものになる。(No.はランキング)

1. よみうりランド「ジュエルミネーション」(稲城市矢野口4015-1 よみうりランド)
2. ミッドタウン 「クリスマス2015」(港区 赤坂9−7−1 外苑東通り沿い)
3. 六本木ヒルズ「けやき坂GALAXY」(都港区六本木 けやき坂通り)
4. 丸の内仲通り「丸の内イルミネーション2015」(千代田区丸の内)
marunouchiillumination
5. 帝国ホテル「インペリアルクリスマス2015」(千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル)
そしてさらに、
6.「多摩センターイルミネーション2015」(多摩市落合一丁目 多摩センター駅前)

もランキング入りしている。
1位のよみうりランドよりも多摩センターの方が近かったりする方はこちらの方がよいかも知れない。

DL(ディズニーランド)は狙い目で、ランキングスポット以上かも

だが今年のクリスマスイプはこれに加えて、絶対外せないくらいのスポットがあるのだ。

それはもちろん東京ディズニーシー&ディズニーランド(千葉県浦安)

tokyodesneyland

“おとぎの国”ディズニーランドは去年、高さ15mもの巨大なクリスマスツリーに色とりどりのイルミネーションが輝き、花火まで打ち上げてファンタジーの夜を飾っている。

今年2015年は更にこれを拡大するという情報だ。
浦安だったら東京のすぐ隣りでアクセスは十分だろう。

昼間と違って幻想的でロマンチックなディズニーランド、彼氏とのデートにうってつけではないだろうか?

【スポンサードリンク】

もちろん東京都内だけではなく、その近場として、おすすめのイルミネーションスポットを考えれば、

・西武園ゆうえんち「イルミージュ」(埼玉県所沢市)
・さがみ湖「イルミリオン」(神奈川県相模原市緑区若柳 さがみ湖)

等もねらい目だろう。

あと、自分的にはもしも関西圏まで足を伸ばせるのならば、全国ランキングトップの
「神戸ルミナリエ」(兵庫県神戸市中央区)
に行ってみたい。

kobeluminallie

他のイルミネーションよりもひときわ洗練されていて、荘厳さすら感じる、あこがれの場所だ。

寒さ対策、混雑対策を忘れずに

もちろんくどいようだが私と同じ30代化それ以上の年齢の方は、防寒対策も十分にしておかなくてはならないだろう。

また、友人がクリスマスイブのデートで味わった苦い経験をバクロするのだが、デートした彼氏の方が風邪をひいてしまい、仕事でトラブってケンカっぽくなってしまったらしい。
これについては以前にブログ記事に書いたことがあった。

東京のイルミネーションをカップルで楽しむ!クリスマスイプのデートスポットに最適だが注意!別れ話がオマケでついてくるかも

年齢のことはさておいて、女よりも男の方が皮下脂肪も少ないし寒さに弱いようなので、彼氏にも十分温かく着込むよう注意すること。

そしてこうした人気のスポットというのは、とりわけクリスマスイブ当夜はどこも大変混雑する。電車も混むし、車など移動にも困ることが多い。

東京都内ならば車でなく電車や地下鉄を利用したいが、万一の場合を考えて、デートスポットの近くにホテルの予約などを入れておくことをおすすめしたい。

ふさがってしまうかも知れないので、予約は早くすませておくことをお忘れなく。

(一ノ瀬絵水)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top