Woomedia

福原愛の彼氏、江も交際認める!リオ五輪後に入籍は確実か

愛ちゃんこと卓球の福原愛さん(27)に台湾人の彼氏で同じく卓球選手の江さん(宏傑 27)と真剣交際が発覚。例によってまたまた週刊文春のスクープだ。

福原愛さんといえば以前にはプロテニスプレーヤーの錦織圭選手と交際していたはずだが、破局していたかと思ったら、むしろ彼氏としては江さんの方が顔なじみの期間は長いようだ。

それもそのはずで、二人が顔を始めて併せたのはまだお互いに10代の頃だったという。そして最近は沖縄などにデートを重ねて来ていたという。
そして同じ卓球に打ち込む両人と来れば、国は違ってもかなり気心は知れているのではないだろうか。

【スポンサードリンク】

福原愛は江の台湾人の気性にほだされてしまった?

二人が真剣交際に直接結びつくきっかけは、福原愛さんの方が2014年タイで開催されたワールドツアー大会で、腰椎椎間関節障害という、腰に激痛を伴う病気にかかった時だった。
彼女のフェイスブックに江さんから頻繁に励ましの伝言が送られるようになり、それを機に明くる15年の春頃からもうアタックが始まったとのこと。

福原さん自身も病気で落ち込んでいた時に親身に応援してくれていた彼に次第に惹かれるようになった。
彼の顔画像がメディアを通して現在盛んに流されているが、なるほど愛ちゃんの彼氏として過不足ないほどのイケメンだ。

お互いの両親も今のところ結婚には賛成してくれているようで、来るリオ五輪が終わった後挙式にまで行くのではないか、というのがほぼ順当な予想になっている。

台湾人のアプローチはスゴイ?

福原愛さんをぞっこんにしてしまった彼氏、江さんの情熱もさることながら、ちょっと日本人には近いようでなじみの台湾人の交際パターンをひもといてみると、むしろ彼の行動はむしろ台湾人としてスタンダードではないだろうか?ということに思い当たる。

そんな推測も出来るほど、台湾人のアプローチはスゴイものがあるようだ。
初老の男性たちが自分の奥さんを会席の場で自慢したり抱きしめたりするのは当たり前。

若者達もデートの後は女性を彼女の自宅までエスコート。
日本でやったらほとんどストーカーに近いのではないか、とも思えるような熱の入れようだそうだ。

日本人の方がそんな台湾人から見ると、デートでも夫婦のありようでもものすごく冷たいように見えることが多いらしい。

だから反対に、彼氏がほしい日本の女性にとっては、台湾人の熱烈な求愛というのは新鮮で、はまるとドツボにはまってしまうと言うことも十分考えられるのだ。

まあ確かに、日本人だったいくら仲がよいとはいえ、初老の夫婦が人前で奥さんを抱きしめたりするってことはないだろうな。笑。

【スポンサードリンク】

江の父は日本企業に勤務の大の親日家!福原愛の母親も絶賛!

その他江さん自身が台湾人だと言うことで、日本人としてはかなり安心できる要素ではないだろうか。

ご存じの方も多いかも知れないが、台湾は非常に親日で有名だ。
そして江さんの父親も多分に漏れず大の親日家で、なんと日本企業に勤めているという。
その息子であるからこそ、日本人選手の福原愛さんとの交際も何の障壁がないと言えるのだろう。
福原さんの実父とは確執があって複雑だが、母親の方は同じように二人の交際を認めている。

今後二人の関係がどういう経緯をたどるのか、親日の台湾との関係が二人の結婚を通してさらに強調されていくこともあるかも知れない。

そして、福原さんももうアラサーに手の届く27歳だから、確かに身を固めて落ち着くには遅すぎるくらいの年齢だ。
同じ卓球を通して気心が知れているならば、国際結婚としてこれほど安心できるパターンはないのではないだろうか。
pingpong
よく中国人の方からかなりのラブコールが起こっていることがメディアやネットなどを通じて広く知られているが、今回二人が結婚ほぼ確実という情報は中国の方にも流れているし、彼女のファンである中国人の若者達の間には今激震が起こっているらしい。

それはそれでしょうがないと思うし、また今回は例によって文春のスクープで二人の関係がはっきりわかってきた一方、懸念があるとすればやっぱり周囲で過度に騒いでしまうことだろう。

このあたりは福原愛さん自身も江さんとの関係に関してコメントしているとおりなのだが、

「温かく見守ってください」

と、彼氏とのロマンスを大切にすること。
その姿勢をいたわってやるならば、確かにマスコミがこぞって様々にほじくり出そうとするのは控えておいてほしいところだろう。

(一ノ瀬絵美)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top