Woomedia

ワセリンを唇に塗ると副作用があるという声も!今注目されている万能薬の盲点と正しい使い方

ワセリンをかさついた唇や肌に塗ると、皮膚のバリア機能を補ってくれるので、スキンケアに欠かせない。
そういう大きな注目がされているワセリンだが、特に唇に塗った時、何らかの副作用があるのではないのか、という声がいまだに根強く残っている。

結論から言ってしまうと、ワセリンは石油から出来る油のため、唇に塗っても染みこむことはなく、だから副作用もないはずなのだ。
実際皮膚科でも肌荒れに処方されることも多い。

だがそれでもあるポイントについては確かに気をつけなければならないし、また副作用とまでは行かないがそれに近い場合も起こるようだ。
唇の皮膚は人体で一番弱いので、こう言ってしまうと心配が募る方も多いかも知れない。
いったいどんな場合なのだろうか?その回避の方法も含めて一つ一つ見てみよう。

【スポンサードリンク】

白色ワセリンでもまれに肌トラブルが

いま医薬品として、またスキンケア、唇ケアの素材として使われている白色ワセリンは、一昔前よりも遙かに純度を高めて不純物を除去してあるものだ。

元々ワセリンという物質は人体に吸収されにくい油なので、それ自体によって副作用が起こるわけではないが、そこに含まれる不純物に肌が刺激を受けて肌トラブルを起こすことが多かった。
だが皮膚の中で一番弱い唇も含め、今のワセリンは純度を高めてあるためそういう肌トラブルはない。

lips9
不純物によるトラブルも含めてワセリンの副作用というべきかはちょっと微妙だが、一応それらも副作用のうちに含めたとしても基本的にまず起こらないといえるだろう。

ただ、敏感肌とかアトピー持ちのような、唇や肌の弱い人がワセリンを使用すると、そうした微量の不純物にさえも過敏に反応してしまうことがある。
この意味では確かに副作用があるといえる。

その際には肌トラブルを改善するため、白色ワセリンよりもさらに純度を高めたプロペトやサンホワイトを使用することになるかも知れない。

また、肌に何かの物質を置くだけでアレルギー反応を示す接触性皮膚炎の場合も同じく肌トラブルの原因だ。特殊なケースだが、こうした場合にはやはり皮膚科で相談することが一番の改善の早道だろう。

唇に塗ると油焼けやシミ?この時期ワセリンを塗る時に気をつけなくてはならないこと

だが、実のところ私も白色ワセリンを唇や肌に塗って気づいたのだが、確かに肌トラブルは起こる。
自分で確認したから間違いないのだが、塗り続けたらいつの間にか赤いぶつぶつが現れた。
なぜかと原因を探ってみると、一つにはこの春という季節は、冬場に代謝の低下した皮膚が再び代謝が高まる時期だ。

その結果、冬場に体内に蓄積されていた不要な物質が、皮膚を通して体外に発散される時になる。

そんな肌の上にワセリンを塗ったらどうなるか?
結果として肌の呼吸を止めてしまう可能性がある。
そうなると唇や肌にぶつぶつができたりする。発散できない体内の不純物が肌の真下で止まってしまうためだ。

あくまでも素人の考えなので医師に言わせたら別な結論になるかも知れないが、ただこれから先気温も上がってきて、なまじそういうふうにワセリンなどを肌に塗ることで皮膚の呼吸を止めたり水分の蒸発を妨げたりすれば「肌蒸れ」の原因にもなる。

なのでもしもそういうぶつぶつが塗り続けているうちに出てきたら、ひとまず拭き取って唇や皮膚の呼吸をスムーズにしたり、一度洗い流してきれいにした方がよいようだ。

それから、ワセリンを塗って長時間日光に当たっていると油焼けをするという声も上がっているが、上にも書いたとおり、元々精製度が低かった一昔前に起こった肌トラブルだ。
含まれる不純物によって油焼けが起こったが、今はそんなことはないのでこの点は安心してよい。

【スポンサードリンク】

唇にワセリンを塗ると日焼けするというのは本当か?

あと、ワセリンを唇に塗ったところ、シミが出来たり日焼けするという報告がある。

これの謎解きだが、ワセリン自体にUVカット機能はない、というのが大きな原因だ。
つまりシミとか日焼けなどの原因は唇や肌に塗ったワセリンを透過して肌に吸収される紫外線が肌トラブルを引き起こしているということになる。

このため唇の日焼けを避けるには最初にワセリンを塗って、その上からUVカットのリップクリームを塗る必要がある。
気をつけなくてはいけないのは、通常のUVカットのサンスクリーンは刺激性の強いものが多く、直に肌や唇に塗るとそれこそトラブルを引き起こす元となることが多い。

なので最初に薄くワセリンを塗った後、そこにサンスクリーンを重ね塗りするようにすればよい。

ワセリンは保湿効果とともにかさついた皮膚の表面を保護する効果もある。
塗った後、唇に潤いが保たれるのはこのためだ。
vaceline

裏技―ワセリンとハチミツの「唇パック」で最高の唇美人に

そんなわけで、ワセリンが唇に副作用をそうそう起こすものではなく、むしろ唇ケアにはなくてはならないものだということがお分かりいただけたのではないだろうか。

ワセリンはその他、日焼けや火傷、擦り傷などの皮膚の保護にも安心して使える万能薬だ。
値段も普通の化粧品や乳液などよりも遙かに安いし、常に身近においておくといろいろ便利だ。

そして合わせて知っておいてお得な情報として、唇にもっとも潤いを持たせる効果的な方法がある。それを最後にご説明してみたい。

ズバリ「唇パック」。
これはハチミツと白色ワセリンを一対一の割合で混ぜ、それを唇に塗ってラップをかぶせ、10分ほど置くという方法だ。
こうするとハチミツの栄養分、消炎効果とワセリンの保湿効果とが相乗効果で唇の荒れを改善し、潤いを最高に持たせてくれるのだ。

10分後、ラップをとった後は再び薄く白色ワセリンを塗っておくだけの簡単なもので、これを寝る前にやっておけば、朝起きても唇がぷるぷるのままになる。
以前NHKの朝番組で紹介されていたやり方だが、大変効果のある方法なのでぜひ試していただきたい。

そんなわけで、私も今年の春、人に勧められて白色ワセリンを買ってみて、その効能に驚いている一人だ。
肌や唇に合う化粧品やクリームを神経質に探し続けていたのが過去の出来事になりつつあると言うべきか、何で今までこの万能薬に気づかなかったのか?
そんな感想を持つくらいだ。

しかもホワイトワセリンは第三医薬品として医師もよく使うほど信頼性がある。
それでいて安い。めっちゃ安い。笑。
一つ手元にあれば化粧品の代用として十分だという女性がいるようだが、なるほどな、と思った。
たぶん私も今後は手放せなくなるだろう。

(一ノ瀬絵美)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top