Woomedia

アラサー独身、実家暮らしの女が本当にやるべきことは何か、友人の意見が鋭い件

アラサーのまま独身を迎えている女性は多いが、さらにその上、実家暮らしが長く続いている女性も多くなっているようだ。
実家暮らしというならばほぼ間違いなく独身のままでもある。

未婚のままでアラサーになった女性のいきさつは様々だが、一生独身というわけにも行かないはずだし、いつまでも実家暮らしのままでよいはずがない、というのが世間の常識だ。

だが実家暮らしというのは基本的に自分が生まれ育った家に住み続けているわけだし、その上自分の気心を知り尽くしている両親が元気なままだったらこれほどに居心地のよい場所もないだろう。

ただ、女というのはそれに永久に安住し続けることもできない。
いつか必ず両親が自分より先に死んでしまうし、独身を続けて子供もできなければいずれひとりぼっちだ。

私自身、実家暮らしではないにしろ独身の状態が長いし、こういうことを考える度にうつっぽくなってしまうのだが、友人達の意見もこのテーマに関しては議論噴出。
でもそれなりに「元気が出る!」「なるほどそうすればいいのか!」的な発想や意見も出てきたりするのだ。
それをちょっとご紹介しよう。

【スポンサードリンク】

実家暮らしを選ぶわけと、世間の目の冷たさのギャップに泣かされるアラサーの独身女性もいる

私と同じようなアラサーで独身のまま過ごしてきている女性、今の日本では30代で未婚のままの女性がなんと半数に上るという。
そのうち実家暮らしがどのくらいになるかはわからないが、常勤の職業もどんどん減っている現在、それに反比例するかのように実家暮らしを選んで少しでも経済的に安心感を得ようとする女性も多いに違いない。

幸か不幸か、私自身は実家と遠く離れてい一人暮らしを続けているのだが、確かに経済上の問題はゾンビのように年々大きくなってくるようにも感じているのがホンネだ。

アラサー、そして中にはアラフォーのみでありながら独身のまま実家暮らしをしている女性も友人知人の間によく見かけるようになって来ているが、彼女らの背景は、自分で好んで実家暮らしをしているとか、経済的に楽なのでそうだとか、あるいは両親が病気がちで自分が面倒を見なくてはならないとか様々だ。

自分の好きで実家暮らしになっている場合はひとまず置いておいて、両親兄弟の面倒や介護の必要があるので実家を離れられない、という女性に対しては酷という以外ない。
だが実際問題として、世間の目はそうなのだ。

私の友人のコメント紹介-アラサー女の実家暮らしの「出口なさ」加減がスゴイ!

そんな世間の目、世間の風に耐え続けている私の友人達のコメントを見てみると涙ぐましくなる方も多いかも知れない。

一応説明しておくと私の友人は自分の好きで実家暮らしになっている女性はいない。
みんなウツになるくらいいろいろ事情を抱え込んでいるのだ。
そうした彼女らのコメントをちょっと拾ってみよう。
「近所のドラッグストアに父のおむつとか買いに行くこと多いんだけど、日中出歩くと近所のおばさん達の目が痛いのよね。だからもっぱら夜にしか出かけなくなっちゃってる」

「アタシだって本音言えば家を出たいの山々だよ。でも30過ぎてあんな都心から遠くに住んでいたりして、結局親を見限って一人で出て行くことになるじゃない。親がもっと子供産んで私の兄弟増やしてくれてればよかったかも知れないけど、結局私も一人っ子だから自分でわかるけど根っこの方で過保護になっちゃってるかもね」
lady8
「実家暮らしだと婚活でも男の人たちが引いちゃうの知ってるんだけど、だからといって難しいんだよね実際。生活費と親の面倒。それから今の仕事だって派遣ばっかりしかないし、明日首切られたらどうなるか。常勤の人がうらやましいよね」

「アラサー前に結婚して実家を出ること出来たってのはやっぱり“勝ち組”なんだよね。そういう人たちが上から目線でけっこう言いたいこと言ってくるみたいでさ。言葉言わなくても目線でそんなふうに感じちゃうよやっぱり」

ただ、いろいろワケありであっても世間の目は厳しく、そんな女性達も十把一絡げで結婚相手にふさわしくない、実家暮らしは自宅でひっそりしているべきだ、という風潮だ。

【スポンサードリンク】

アラサーで結婚した友人からこんな意見もある!

「でもね」
とそこで口をついたのが私よりも遅く婚活を始めて見事に旦那をゲットし、今では2人の子持ちの女性がいる。

ふつう独身女性と既婚女性はあまり仲良くならないはずなのだが、彼女の場合、旦那が自宅勤務であるのを幸いいまだ現役OLでがんばっている。

つまり私たちのような勤め人だった女性の気持ちもよく知っているのだ。
実家暮らしの友人アラサー女史たちも、独身でないにしても彼女の言うことはそれなりに合理的でポイントを突いていることが多いので、聞き入ることがけっこう多い。

「私なんかも子供持ったりしてわかるけど、子供ができるともう夫婦の関係なんか飛んじゃっていたりするよね。みんな子供中心になっちゃって、仕事中も四六時中子供のことばっかりになるよ。

「そんなアタシから一つ言えることがあるとすれば、独身で実家暮らししているということは少なくとも自分の時間がたっぷりあるじゃない。確かに親の介護なんかも大変なのは察しがつくけどね、それでも子育てで超多忙のアタシだってちょっとした手芸の趣味か何かに打ち込む時間、そんなふうに切羽詰まっているから余計大切にしているところがあるよ。

「人間いろいろ、女もいろいろ事情があると言えばあるかも知れないけれど、結婚してもしなくても同じ女に変わりないんじゃないの。
lady9
いろいろ考えたいことも出てくるかも知れないけれど、何か自分の趣味とか将来に役立つこととか、自分磨きの時間をたくさん持てるよね。以前からやりたかったこととか趣味を伸ばしたり、資格を取って勉強したりする時間、それを許されていると考えていけばいいんじゃないかな」

彼女の場合、主婦ということでどうしても他の友人達とともに私も一線を引いてしまうのだが、なるほど現状を嘆くのでなく、それを最大限に生かしていけばよいのか、と思い当たったのが彼女の発想だ。

「すぐにそういうものが見つからなければ、それを探す努力自体に打ち込んでもいいワケじゃない」
と続ける彼女。
確かに友人同士で傷をなめ合うかのように現状を嘆きあっても一時のストレス解消でしかない。何も現状を変える力にはなり得ないかもしれないのだ。

婚活の現状を見れば30代女性の結婚がいかに厳しいかがわかる。
だが一方で、発想の転換というか、何か様々に現状打破の方法を考えていくことで思わぬ出会いもあるかもしれない。

夢を持たなければ人間生きられない、というのも真実かもしれない。
結婚のことはもちろん誰も彼もががんばり続けるしかないが、とりあえずそんな自分たちに許された時間を大切に使うことから始めればよいに違いない。

(一ノ瀬絵美)

【スポンサードリンク】

女も30を過ぎて独身だと周囲の目線がつらい。

ついつい焦ってしまうけれども、

30代女性だから世の中を楽しんでいける!

そんなおトクな気分をめざすウェブマガジンです。

Return Top